1. トップページ
  2. 福島
  3. 大沼郡会津美里町のランニングコース
  4. 東北随一の山城跡、向羽黒山城跡を制覇 ランニングコース


ルート
路面タイプ
時間帯
距離
起伏
信号機
街灯

ステーション条件

タイプ
機能

検索

東北随一の山城跡、向羽黒山城跡を制覇

福島県大沼郡会津美里町(9.3km)

会津美里町役場

おすすめの時間帯
早朝,昼間
路面タイプ
ロード
起伏の多さ
多い
信号機の多さ
少ない
街灯の多さ
少ない
7

行きたい

4

行った

行きたいしている人を見る

コースのルートや、拠点となるステーション情報は
会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

 福島県・会津美里町が自信を持って紹介する地元のコースです!
 1つ目は、本郷地域にある東北随一の巨大山城跡の「向羽黒山城跡」を制覇する約9キロのコース。冬以外は全てのシーズンで楽しんでいただけます。発着ポイントは本郷温泉「湯陶里(ゆとり)」で駐車スペースは十分あります。

 出発すると温泉の目の前を流れる清流阿賀野川1.5kmほど南下します。河川敷から町道に出ますので、右折して集落の間を進んでください。水路橋の下を通過して300mほど走ると、右側に向羽黒山城跡の入口が見えます。ここは白鳳山公園とも呼ばれており内部を走っている道路は林道岩崎線となっています。管理人さんが草刈をしているので気持ちよく走れます。ここからは200mの標高差に挑戦です。

 1km程度上り坂が続くと、二の丸につながる階段が見えます。階段を上って一休みすると会津盆地が眺められます。ここからは下り坂。ヘアピンカーブを過ぎて300mほど下ると右手に御茶屋場という会津盆地を望める絶景ポイントがあります。

 そこからは緩やかな下り坂。春には林道を覆う桜が楽しめます。巨大な木製アスレチックが見えます。その後は急な下り坂。その勾配を使って昔は会津本郷焼の登り窯がいくつもありましたが、現存する上り窯は1つのみです。急な坂を下りると林道の出口。下りた道向かいには本郷インフォメーションセンターがあります。無料の休憩所で会津美里町の観光協会も入っています(定休日:火曜日)。

 そこから瀬戸町通りを北へ100mほど走り細い道を右折します。しばらく走ったところにある会津本郷焼「樹ノ音工房」で若者に人気の焼き物を眺めたらゴールは間近。阿賀野川に向かって残り1kmをゆっくり走ったらゴールです。

 ランニング終了後は露天風呂から絶景が望める本郷温泉「湯陶里」で疲れを癒してください。

*向羽黒山城跡*
会津の葦名盛氏が8年の歳月をかけて築いた山城で規模は、1.5キロ四方にもなり東北随一と言われています。歴代の会津領主であった伊達氏、蒲生氏、上杉氏が改修を繰り返し、平成13年には国の史跡指定となりました。

お問い合わせは 会津美里町役場 0242-55-1171

ランニングシューズで迷わない!選び方や人気商品のレビューをご紹介