1. トップページ
  2. 海外のランニングコース
  3. 神秘の道・太魯閣国家公園の砂卡礑歩道 ランニングコース


ルート
路面タイプ
時間帯
距離
起伏
信号機
街灯

ステーション条件

タイプ
機能

検索

今週のおすすめランニングコース

豊洲市場〜浜離宮恩賜庭園往復コース
豊洲市場〜浜離宮恩賜庭園往復コース
東京都江東区(7.7km)
ロード,早朝,昼間,往復

築地市場が豊洲市場に移転してからというもの、ランナーにとっても東京の湾岸地区のランニングコースに変化が起きた。東京都は環状2号線(環二通りまたは“マッカーサー通り”)の2022年度の全線開通に先立って、豊洲~築地間を2018年11月4日に暫定開通させた。

それによって「豊洲大橋」と「築地大橋」が一般に開放され、特にランナーにとっては嬉しい「開放的なシーサイドコース」となっている。豊洲市場をスタートし、豊洲大橋→晴海(2020年の東京五輪の選手村)→築地大橋と渡れば、その先に浜離宮恩賜庭園がある。入場料は大人300円であるが、天気の良い春の1日には一見の価値がある場所である。

桜が咲く頃までは菜の花が綺麗に咲き誇り、広大なエリアでリラックスができる。庭園内はジョギング禁止なので、カフェでゆっくり休んだり、花々をゆっくりと鑑賞するのがいい。潮入りの庭園内ではエイなど海の魚を見ることもできる。

ここで小休憩を終えたら来た道を戻って豊洲市場でランチするのもオススメであるが、あえて浜離宮からのフェリーでお台場や浅草に行ってゆっくり時間を過ごすのも良い。東京の湾岸エリアはランナーにとっても観光客にとっても様々なアクティビティや景色の良さを感じられるエリアである。

25

行きたい

1

行った

またも隅田川、屋台舟が良い味。
またも隅田川、屋台舟が良い味。
東京都台東区(3.6km)
ロード,夜,夕方,片道

同じコースのはずなのに、その日によって、違うものが見える。その日の自分だから見つけられるものがある。それもランニングの醍醐味。

4

行きたい

3

行った

仕事前にサクッと早朝ランニング
仕事前にサクッと早朝ランニング
東京都台東区(3.2km)
ロード,早朝,片道

観光客の多い浅草寺。
早朝なら浅草寺境内、仲見世通りも走れます。
浅草寺の中を走るのは、気持ちがいいものです。
一緒に隅田川沿いを走れば仕事前のいい運動になります。

9

行きたい

1

行った

多摩丘陵を満喫!いいとこどりの13.5Km
多摩丘陵を満喫!いいとこどりの13.5Km
神奈川県川崎市麻生区(13.6km)
トレイル,昼間,周回

多摩丘陵を満喫シリーズ第3弾!!
2019年3月17日(日)に開催の「Run&湯ぅ@多摩丘陵」で走った良いとこどりのコンパクトコース。
「~湯快爽快~」に荷物を預けて自然満喫コースに飛び出そう!
鶴川台緑地公園→真光寺緑地→よこやまの道→布田道→を気持ちよく走れます。
ゴール後に「~湯快爽快~」でお食事とボディケアメンテナンスもやってしまえばココロもカラダもリフレッシュ!!

22

行きたい

3

行った

菜の花と桜並木の町田 尾根緑道ラン
菜の花と桜並木の町田 尾根緑道ラン
東京都町田市(3.2km)
トレイル,ロード,早朝,片道

元々は戦車道路だった道を、緑道に作り変えたという歴史があるみたいです。
今の時期は菜の花畑の一面のイエローカーペットが見れます!春は桜も咲き乱れるみたいです。お花見ランに是非!

12

行きたい

0

行った

羽生結弦とパンダに逢いに行くラン
羽生結弦とパンダに逢いに行くラン
兵庫県神戸市中央区(14.5km)
ロード,昼間,周回

神戸市御影にある弓弦羽神社は、羽生結弦ファンの聖地というだけでなく、足腰にも御利益があり、ランナーにも縁の深い神社です。
三ノ宮からジョギングして参拝したら、帰りは王子動物園にパンダを見に行きましょう。私が行った時は土曜日でしたが観客は10人ほどで、ゆっくりじっくりパンダを見れました。

4

行きたい

0

行った

神秘の道・太魯閣国家公園の砂卡礑歩道

972 台湾 花蓮縣秀林鄉富世村(8.3km)

すしマン

おすすめの時間帯
早朝,昼間
路面タイプ
ロード
起伏の多さ
少ない
信号機の多さ
少ない
街灯の多さ
少ない
12

行きたい

0

行った

行きたいしている人を見る

コースのルートや、拠点となるステーション情報は
会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

台湾東部・花蓮の太魯閣国家公園には神秘の道がある。砂卡礑歩道という名の遊歩道は、太魯閣国家公園の雄大な大理石をくり抜いて作られた神秘の遊歩道である。砂卡礑歩道の入り口となる、砂卡礑橋には白い大理石の獅子が並んでいる。そこには駐車場やトイレもあり、砂卡礑歩道にアクセスする観光客で賑わう。

このあたりは台湾原住民である太魯閣(タロコ)族が狩猟のために切り拓いた場所であるが、台湾の日本統治時代に拡張された。そして、ようやく最近になって一般向けに開放された秘境である。この道の序盤は見応え十分の大理石の壁が続き、長期にわたって侵食されてきた形跡がうかがえる。自然豊かな太魯閣の渓谷では多くの植物や、美しく透き通った水辺を望める。

片道4kmほどの涼しく自然豊かな場所であるが、大半の歩行者は途中で折り返す。ランナーであれば往復8kmも大した距離ではないだろう。一番奥まで走り抜けて、秘境の心地良さ思う存分に味わいたい。この道の入り口には自転車、バイク、車、タクシー、バスでアクセスできる。さらには少し離れた民宿に泊まってそこから走っていくのもいいだろう。