1. トップページ
  2. 海外のランニングコース
  3. 神秘の道・太魯閣国家公園の砂卡礑歩道 ランニングコース


ルート
路面タイプ
時間帯
距離
起伏
信号機
街灯

ステーション条件

タイプ
機能

検索

今週のおすすめランニングコース

 BE KOBE(メリケンパーク)から新BE KOBE(ポートアイランド)へ
BE KOBE(メリケンパーク)から新BE KOBE(ポートアイランド)へ
兵庫県神戸市中央区(4.6km)
ロード,早朝,昼間,夕方,夜,片道

メリケンパークから海沿いにボートアイランドに新しくできた新BE KOBEモニュメントを目指します。 メリケンパークにあるポートタワー、震災メモリアルパーク、フィッシュダンス、神戸大橋、ポーアイ北公園の異人館を見ながら海沿いを走るのは気持ちいいものです。 新BEKOBEモニュメントは文字の所が空洞になっているので、夕焼けやイルミネーションなどいろいろな表情を楽しむことができます。

13

行きたい

0

行った

群馬県、上州三名湯伊香保温泉から水沢街道を巡る13キロの周遊
群馬県、上州三名湯伊香保温泉から水沢街道を巡る13キロの周遊
群馬県渋川市(12.9km)
ロード,早朝,昼間,周回

群馬県、上州三名湯の1つと言われている伊香保温泉から水沢街道を巡る13キロの周遊ラン。 名物の石段の温泉街、伊香保温泉の最上段にある伊香保神社を参拝して石段の横道を下りながら水沢街道、坂東三十三観音の第16番札所、天台宗の名刹水沢観音寺、水沢うどん街を通り渋川カントリークラブをまわりながら渋川伊香保線を約4キロ上り伊香保温泉街へもどるアップダウンの13キロ筋トレランニングです。  伊香保温泉の石段は伊香保神社まで365段あり、自分の誕生日段を数えて写真撮影するのが人気の様です。温泉は茶色で鉄分が多く含まれる硫酸塩泉で特に体を温め血行を促す効果があり女性には「子宝の湯」として知られています。昨今では、無色透明無臭のメタけい酸泉で健康増進効果の「白銀の湯」もあります。

5

行きたい

0

行った

みちのく潮風トレイル(相馬市)
みちのく潮風トレイル(相馬市)
福島県相馬市(19.8km)
ロード,昼間,周回

起点から相馬市のモデルコースをトレースし、途中から起点へ戻る周回ルートです。 ほぼ、人とすれ違うことの無い、超長閑ルート😅

9

行きたい

0

行った

ひるがの高原散策プラン
ひるがの高原散策プラン
岐阜県郡上市(7.1km)
トレイル,昼間,周回

長良川源流のブナ広葉樹林の森で ふかふかのじゅうたんの上を走る感覚を体験されてみてはいかがでしょう。

11

行きたい

0

行った

街からビーチとても爽やかな朝
街からビーチとても爽やかな朝
アメリカ合衆国 ハワイ州 ホノルル(10.8km)
ビーチ,ロード,夕方,早朝,周回

静かなカラカウア通りからヒルトンハワイアンビレッジへカナハモクビーチからラグーナビーチ、アラナモアボート港、マジックアイランドラグーンからアラモアナパークへ 運河沿いを通りちょうど10kmよいコースができました いいな^_^ハワイ在住の人 散歩をする人、ランをしている人とすれ違います みんな気持ち良さそう^_^ 島全体がパワースポットなのかなぁ 疲れているはずなのに身体が前に出る すごく不思議な感覚 アラワイブルーバード ワイキキはその昔沼地だったそうです この運河を作った時に出た砂でビーチを作ったとか この旅RUN 走りながらその土地を学ぶ そんな旅になりそうです

8

行きたい

0

行った

神秘の道・太魯閣国家公園の砂卡礑歩道

972 台湾 花蓮縣秀林鄉富世村(8.3km)

すしマン

おすすめの時間帯
早朝,昼間
路面タイプ
ロード
起伏の多さ
少ない
信号機の多さ
少ない
街灯の多さ
少ない
12

行きたい

0

行った

行きたいしている人を見る

コースのルートや、拠点となるステーション情報は
会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

台湾東部・花蓮の太魯閣国家公園には神秘の道がある。砂卡礑歩道という名の遊歩道は、太魯閣国家公園の雄大な大理石をくり抜いて作られた神秘の遊歩道である。砂卡礑歩道の入り口となる、砂卡礑橋には白い大理石の獅子が並んでいる。そこには駐車場やトイレもあり、砂卡礑歩道にアクセスする観光客で賑わう。

このあたりは台湾原住民である太魯閣(タロコ)族が狩猟のために切り拓いた場所であるが、台湾の日本統治時代に拡張された。そして、ようやく最近になって一般向けに開放された秘境である。この道の序盤は見応え十分の大理石の壁が続き、長期にわたって侵食されてきた形跡がうかがえる。自然豊かな太魯閣の渓谷では多くの植物や、美しく透き通った水辺を望める。

片道4kmほどの涼しく自然豊かな場所であるが、大半の歩行者は途中で折り返す。ランナーであれば往復8kmも大した距離ではないだろう。一番奥まで走り抜けて、秘境の心地良さ思う存分に味わいたい。この道の入り口には自転車、バイク、車、タクシー、バスでアクセスできる。さらには少し離れた民宿に泊まってそこから走っていくのもいいだろう。