1. トップページ
  2. 海外のランニングコース
  3. 神秘の道・太魯閣国家公園の砂卡礑歩道 ランニングコース


ルート
路面タイプ
時間帯
距離
起伏
信号機
街灯

ステーション条件

タイプ
機能

検索

今週のおすすめランニングコース

ほぼ神戸マラソン海沿いコース
ほぼ神戸マラソン海沿いコース
兵庫県神戸市中央区(39.6km)
ロード,ビーチ,早朝,夕方,往復

ほぼ神戸マラソンのコースを走って途中から
須磨海岸やアジュール舞子の海岸線を走り明石海峡大橋まで来たら折り返し、最後はハーバーランドとメリケンパークまで走って「BE KOBE」のモニュメントでゴール
歩いて元町駅まで帰れます
お風呂に入りたかったら少し歩きますが
ハーバーランドの万葉の湯
若しくは花隈駅近くのつかさ湯もありますよ
須磨駅前のコンビニで休憩してから舞子公園を目指した方が途中にコンビの等少ないのでいいかもしれません。

12

行きたい

0

行った

鹿児島市の定番コースにもやっぱり海と桜島
鹿児島市の定番コースにもやっぱり海と桜島
鹿児島県鹿児島市(5km)
ロード,早朝,昼間,夕方,周回

鹿児島市街地にお住まいの方の定番である鴨池公園周回コース(1900m)に寄り道コースを足すと、ちょうど5㎞の周回コースに。
寄り道には海あり山(桜島)あり緑あり。短いながらも変化にとんだコースです。
海の中を渡る道は1.5㎞の直線。道幅広くスピード練習もしやすい。ただし舗装は荒く足にダメージ。(強い足作りには良いかも?)
船の往来が多く競争するのも楽しい。もちろん勝てないが気分だけでも。
最寄りの駐車場は鹿児島市立図書館、科学館、市民文化ホールなど(有料)
コース終盤に物産館「おいどん市場」あり。ちょっと立ち寄り美味いものでも。

2

行きたい

1

行った

福岡出張後泊ラン
福岡出張後泊ラン
福岡県福岡市博多区(13.2km)
ロード,早朝,往復

天神のホテルから、福岡のオアシス舞鶴〜大濠公園を経てホテルに戻ります。舞鶴公園では、二の丸から三の丸、天守跡に寄り道ラン。大濠公園では1周2kmを2周後に中の島を通り公園を隈なくラン。
大都市の週末朝ランは、観光も兼ねて最高でした!

3

行きたい

0

行った

「湘南三畳」(湘南海岸・湘南大橋・湘南平)
「湘南三畳」(湘南海岸・湘南大橋・湘南平)
神奈川県茅ヶ崎市(18.8km)
ロード,昼間,早朝,片道

茅ヶ崎駅から「烏帽子岩」を正面に見る海岸のサイクリングロードに出て、「サザンビーチ」を経て「湘南大橋」へ。平塚市の西側の花水川を渡り、箱根駅伝の 3区/4区 (と 7区/8区) の中継所から内陸に入り、湘南平の裏側から急坂の車道を喘ぎつつ登り「湘南平」へ。逗子・鎌倉・江ノ島。茅ヶ崎・相模川の遠景を楽しんだあと、登山道を一気に海まで下り「大磯港」で毎月第3日曜日に開かれる「大磯港マルシェ」で昼食という充実した日曜ランでした。
ところで、神奈川県に残る二大地政学問題 (?) の一つ「湘南の西側は何処までか?」問題 (もう一つは「町田は東京か神奈川か」というものらしい)。「相模川まで」を主張する勢力に、平塚市が湘南平が平塚市所属であることを根拠に「平塚も湘南」と対抗しているとか。両陣営共頑張ってくださいね。日本って良い国ですね。

4

行きたい

0

行った

高尾(山)五日市(路)富士見湯
高尾(山)五日市(路)富士見湯
東京都八王子市(48.9km)
ロード,トレイル,早朝,昼間,片道

高尾駅から涼しい小下沢林道を辿り、堂所山、陣馬山、醍醐丸、市道山、臼杵山から街に降りて、武蔵五日市から秋川の甘味どころでゆったりと休憩。リフレッシュして多摩川沿いを辿り富士見湯でゴールの49kmのロング走。山のアップダウン後のロードは脚に効きます!

15

行きたい

0

行った

神秘の道・太魯閣国家公園の砂卡礑歩道

972 台湾 花蓮縣秀林鄉富世村(8.3km)

すしマン

おすすめの時間帯
早朝,昼間
路面タイプ
ロード
起伏の多さ
少ない
信号機の多さ
少ない
街灯の多さ
少ない
12

行きたい

0

行った

行きたいしている人を見る

コースのルートや、拠点となるステーション情報は
会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

台湾東部・花蓮の太魯閣国家公園には神秘の道がある。砂卡礑歩道という名の遊歩道は、太魯閣国家公園の雄大な大理石をくり抜いて作られた神秘の遊歩道である。砂卡礑歩道の入り口となる、砂卡礑橋には白い大理石の獅子が並んでいる。そこには駐車場やトイレもあり、砂卡礑歩道にアクセスする観光客で賑わう。

このあたりは台湾原住民である太魯閣(タロコ)族が狩猟のために切り拓いた場所であるが、台湾の日本統治時代に拡張された。そして、ようやく最近になって一般向けに開放された秘境である。この道の序盤は見応え十分の大理石の壁が続き、長期にわたって侵食されてきた形跡がうかがえる。自然豊かな太魯閣の渓谷では多くの植物や、美しく透き通った水辺を望める。

片道4kmほどの涼しく自然豊かな場所であるが、大半の歩行者は途中で折り返す。ランナーであれば往復8kmも大した距離ではないだろう。一番奥まで走り抜けて、秘境の心地良さ思う存分に味わいたい。この道の入り口には自転車、バイク、車、タクシー、バスでアクセスできる。さらには少し離れた民宿に泊まってそこから走っていくのもいいだろう。