1. トップページ
  2. 京都
  3. 宮津市のランニングコース
  4. 日本三景・丹後宮津の天橋立 ランニングコース


ルート
路面タイプ
時間帯
距離
起伏
信号機
街灯

ステーション条件

タイプ
機能

検索

今週のおすすめランニングコース

神社めぐりラン
神社めぐりラン
北海道札幌市白石区(19.8km)
ロード,早朝,昼間,夕方,周回

御朱印集めが趣味のため、ランニングしながら神社巡りを 東札幌駅→北海道神宮→札幌伏見稲荷→札幌護国神社→東札幌駅 北海道神宮、札幌伏見稲荷のあたりは坂が急です。 また、途中の豊平川の川沿いは気持ちよく走れます。 御朱印集めるなら、たいてい5時までなのでそれまでに走りきれるような時間帯に行くと良いですね。

4

行きたい

1

行った

表参道から東京ミッドタウン
表参道から東京ミッドタウン
東京都港区(6km)
ロード,夜,早朝,指定なし

表参道清水湯または駅から東京ミッドタウンまで。 小雨だから5㎞街ラン。人が少なく走りやすいです。山種美術館、根津美術館、新国立美術館を結んでも楽しいかも 夕飯のオススメ ふーちん 表参道とは思えない安価な中華

15

行きたい

1

行った

金華山をちょいとトレラン🎶
金華山をちょいとトレラン🎶
岐阜県岐阜市(10.3km)
トレイル,ロード,早朝,周回

投稿練習パート2 JR岐阜駅からスタートして天下統一を目指した信長の居城だった岐阜城を目指します。このコースは瞑想の小径からお城を目指し頂上で『天下をとるぞー』(笑)と決意して岩戸公園へ向かって下山。 小さな山ですが、いくつか登山道があるのでそれなりに楽しめます。複数の登山道を使って3回は登って降りてを繰り返せますよ ゴールは名鉄の岐阜駅 汗だくのまま電車に乗り込み帰宅の途につきました^_^

9

行きたい

0

行った

テムズ川沿いの美しいトレイル
テムズ川沿いの美しいトレイル
イギリス 〒RG8 レディング パンボーン(15.3km)
トレイル,早朝,昼間,夕方,周回

PangdourneやGoringはロンドンから電車で西に一時間くらいのところにある美しい村(Villege)です。Groingには以前ワムのジョージマイケルも住んでいました。テムズ川沿いはなだらかですがGoringでは森があり、起伏に富んでます。といってもそこはイギリス、なだらかなので気持ちよく走れます。牧場があり、自然がいっぱい。馬、鹿、羊、ウサギ、リスなどなど、多くの友達に会えるかも。(冬季は足元が相当わるいので夏がおすすめです)

9

行きたい

1

行った

日光杉並木街道を心地よく木陰ラン
日光杉並木街道を心地よく木陰ラン
栃木県日光市(6.2km)
ロード,夕方,昼間,早朝,往復

杉並木の延長の長さがギネス認定されている日光杉並木街道の一部を走ります。 暑い日でも木陰の中を、少々の雨でも杉並木が遮ってくれるため、快適にランができます。 私は上今市駅から東武日光駅までの片道ランでしたが、もちろん往復も可能です。上今市駅から東武日光駅までは緩やかでしたが、ずっと登り勾配なので、よいトレーニングになりました。

18

行きたい

0

行った

数ある風越公園発着コースの中で、塩沢エリアの文化と田園を堪能する複合コース
数ある風越公園発着コースの中で、塩沢エリアの文化と田園を堪能する複合コース
長野県北佐久郡軽井沢町(5.6km)
ロード,早朝,昼間,周回

軽井沢バイパス南側の塩沢エリアは、美術館や文学館が点在していて、走る足をつい止めたくなる文化ゾーンです。 文化ゾーンの西側を折り返し南下すると、そこは一面のサラダエリア、のどかな田園風景が広がります。 なお、発着点の軽井沢風越公園"スカップ軽井沢"には、トレーニングルームもあり

12

行きたい

0

行った

日本三景・丹後宮津の天橋立

京都府宮津市(7.8km)

すしマン

おすすめの時間帯
早朝,昼間
路面タイプ
ロード
起伏の多さ
少ない
信号機の多さ
少ない
街灯の多さ
やや少ない
19

行きたい

2

行った

行きたいしている人を見る

コースのルートや、拠点となるステーション情報は
会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

日本三景である丹後宮津の天橋立は京都の観光地では穴場で、ゴールデンウイークなどの大型連休でも京都市のように激混みしていません。

海+京都を印象させるその景色は新鮮です。天橋立の入り口にある、船が来た時に回る橋=廻旋橋もおなじみの光景です。何年も変わらぬ日本三景の趣を感じる事が出来ます。夏には海水浴場と化しますので、それ以外の季節であれば人も多くなく快適に走れる事でしょう。

また、2017年4月末に京都府及び宮津市、京丹後市、伊根町、与謝野町の2市2町が国に申請していた『300年を紡ぐ絹が織りなす丹後ちりめん回廊』が日本遺産に認定され、この地域がさらに注目されるキッカケとなりました。

京都の北、丹後地方は古くから織物の里であり、江戸時代に発祥した絹織物「丹後ちりめん」は着物の代表的な生地として日本の和装文化を支えてきました。この地は今も着物の生地の約6割を生産する国内最大の絹織物産地でです。

織物の営みが育んだ、住居と機場が一体となった機屋や商家、三角屋根の織物工場の町並みと、民謡宮津節で歌い継がれた天橋立などの象徴的な風景を巡れば、約300年に渡る織物の歴史や趣を感じることができます。

また、天橋立の隣町の与謝野町では、東京オリンピックをマラソンで目指す与謝野の星でGMOアスリーツの一色恭志選手の地元でもあります。青山学院大学時代は箱根3連覇&大学駅伝3冠のグランドスラムを達成しました。そんな彼も推薦する「丹後ちりめん」が生み出した丹後の町の風情は京都の北部ならではのものです。