1. トップページ
  2. 京都
  3. 宮津市のランニングコース
  4. 日本三景・丹後宮津の天橋立 ランニングコース


ルート
路面タイプ
時間帯
距離
起伏
信号機
街灯

ステーション条件

タイプ
機能

検索

今週のおすすめランニングコース

山道が多い8km
山道が多い8km
福岡県福岡市西区(8.2km)
ロード,昼間,往復

田園風景が多く、生産的な農場があり、最後にきれいなビーチを見ることができ、ビーチ人口は少ないが、外国人なので、農民たちに迷惑をかけたかどうかも分からない

7

行きたい

0

行った

「讃岐うどん」巡りと「仏生山温泉」入浴コース
「讃岐うどん」巡りと「仏生山温泉」入浴コース
香川県高松市(7.2km)
ロード,昼間,夕方,往復

香川県高松市中部にある仏生山(ぶっしょうざん)はその昔、初代高松藩主の松平頼重が法然寺を建設したことで門前町として繁栄した場所。その仏生山には、「仏生山温泉 天平湯」という外観も内観も洗練されている温泉が今話題のスポットとして人気を集めています。 温泉とお寺を巡る他にも、なんといってもこの地を代表するグルメは「讃岐うどん」。仏生山駅(荷物預かりも可)から西に向かったところにある「手打ちうどんの田」、そこから南下した場所にある「エビス」、法然寺の敷地内にある「竜雲」、三代続く老舗の「野口うどん」など多くのうどん屋が仏生山エリアにあります。 うどんを食べたらジョギングでカロリーを消費、時にはウォーキングでカロリー消費、そしてうどんを食べる。そんな楽しいグルメなラントリップの最後は仏生山温泉で汗を流した後に、畳の休憩スペースでお昼寝するのもオススメ。いくつかのうどん屋はお昼過ぎには売り切れとなるので、お昼前など早めの時間に行くのがいいでしょう。 こちらは、ASICSとANA共同で開発した、旅好きランナーにおくるランニングコースです。あなたも、走ることで見つかる地域の魅力をぜひ満喫してみませんか? 詳細は下記URLをチェック! https://tabelog.com/tieup/main/ana_SkyRuntrip/

10

行きたい

0

行った

八戸一周朝ラン
八戸一周朝ラン
青森県八戸市(14.1km)
ロード,早朝,周回

根城〜櫛引八幡宮〜馬淵川沿い〜長根天満宮〜更上閣を回る八戸一周のコースです。 馬淵川沿いは、現在工事しているところもあるので、注意は必要ですが、信号が無くて川を眺めながら走れるので良いですよ! 櫛引八幡宮までには通り沿いなので、トイレの心配はありませんが、櫛引八幡宮の後の川沿いは、しばらくトイレがないので、川沿いに入る前のコンビニでトイレを済ませる事をお勧めします。 あと、ロードではありますが、道が悪いところや街灯がないところもあるので、日の出後のランニングをお勧めします!

5

行きたい

0

行った

白馬ジャンプ競技場RUN
白馬ジャンプ競技場RUN
長野県北安曇郡白馬村(3.2km)
ロード,早朝,往復

白馬のペンション村から長野五輪の会場になったジャンプ台まで往復早朝RUNしました。空気が澄んでいて気持ちいいコースです

3

行きたい

0

行った

由布院、湯布院どっちが正しい?朝ラン
由布院、湯布院どっちが正しい?朝ラン
大分県由布市(5.4km)
ロード,早朝,周回

由布院(湯布院)金鱗湖から大分川を下り、最後は由布岳を仰ぎながら、湯の坪街道を駆け抜けました。 昼間は観光客が多いので、朝がお薦めです。 ちなみにインターチェンジは「湯布院」、駅は「由布院」でした。

3

行きたい

1

行った

日本三景・丹後宮津の天橋立

京都府宮津市(7.8km)

すしマン

おすすめの時間帯
早朝,昼間
路面タイプ
ロード
起伏の多さ
少ない
信号機の多さ
少ない
街灯の多さ
やや少ない
20

行きたい

3

行った

行きたいしている人を見る

コースのルートや、拠点となるステーション情報は
会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

日本三景である丹後宮津の天橋立は京都の観光地では穴場で、ゴールデンウイークなどの大型連休でも京都市のように激混みしていません。

海+京都を印象させるその景色は新鮮です。天橋立の入り口にある、船が来た時に回る橋=廻旋橋もおなじみの光景です。何年も変わらぬ日本三景の趣を感じる事が出来ます。夏には海水浴場と化しますので、それ以外の季節であれば人も多くなく快適に走れる事でしょう。

また、2017年4月末に京都府及び宮津市、京丹後市、伊根町、与謝野町の2市2町が国に申請していた『300年を紡ぐ絹が織りなす丹後ちりめん回廊』が日本遺産に認定され、この地域がさらに注目されるキッカケとなりました。

京都の北、丹後地方は古くから織物の里であり、江戸時代に発祥した絹織物「丹後ちりめん」は着物の代表的な生地として日本の和装文化を支えてきました。この地は今も着物の生地の約6割を生産する国内最大の絹織物産地でです。

織物の営みが育んだ、住居と機場が一体となった機屋や商家、三角屋根の織物工場の町並みと、民謡宮津節で歌い継がれた天橋立などの象徴的な風景を巡れば、約300年に渡る織物の歴史や趣を感じることができます。

また、天橋立の隣町の与謝野町では、東京オリンピックをマラソンで目指す与謝野の星でGMOアスリーツの一色恭志選手の地元でもあります。青山学院大学時代は箱根3連覇&大学駅伝3冠のグランドスラムを達成しました。そんな彼も推薦する「丹後ちりめん」が生み出した丹後の町の風情は京都の北部ならではのものです。

ランニングシューズで迷わない!選び方や人気商品のレビューをご紹介