1. トップページ
  2. 東京
  3. 日野市のランニングコース
  4. タマラン!走れるトレイルと歴史系街ランを楽しむ道 ランニングコース


ルート
路面タイプ
時間帯
距離
起伏
信号機
街灯

ステーション条件

タイプ
機能

検索

今週のおすすめランニングコース

芦屋マリーナ
芦屋マリーナ
兵庫県芦屋市(5.7km)
ロード,早朝,昼間,夕方,周回

海風を感じながら走るコースです。

3

行きたい

5

行った

駒沢公園でライトに “RUN & COFFEE” を愉しむ。
駒沢公園でライトに “RUN & COFFEE” を愉しむ。
東京都世田谷区(2.8km)
ロード,早朝,周回

言わずと知れたスポーツの聖地、駒沢公園のランニング周回コース。
周回コースは1周2.1kmなので、その時の気分や総力に合わせて周回数は選びたい。

しかし、この投稿のメインはコーヒーだ。
駒沢公園「西口」のすぐ近くに我らがスターバックスコーヒーがある。
走り終わったらゆっくりと走った体をいたわりながら、もしくはラン友とコーヒータイムが至福。

西口目の前には「Running Station & Recovery Cafe Grunmeal(ランニングステーション&リカバリーカフェグランミール)」がある。平日も朝7時から営業しているので、出勤前にRUN & COFFEEを愉しんでみてはいかがだろうか。

15

行きたい

10

行った

モーニングラン in Hakata City
モーニングラン in Hakata City
福岡県福岡市中央区(7.1km)
ロード,早朝,周回

遅くまで飲んだ朝

眠い目をこすり

大濠公園ではなく

あえてもう一度街に繰り出す

また朝は違う顔を映し出す

長浜→天神→中洲→天神→長浜のコース

福岡は日の出が遅いから

夏でも少し涼しいモーニングランでした

7

行きたい

0

行った

OISTの周り
OISTの周り
沖縄県国頭郡恩納村(6km)
ロード,早朝,昼間,往復

OISTの周り山道のコース。静かで坂が多い。最後は海岸が近く、交差点のビーチで泳ぐことも出来ます。

6

行きたい

0

行った

【早朝朝活ラン】渋谷⇔代々木公園
【早朝朝活ラン】渋谷⇔代々木公園
東京都渋谷区(3.4km)
ロード,早朝,昼間,夜,往復

渋谷東急百貨店屋上にあるランニングステーションから代々木公園間のランニング。
代々木公園は目的に合ったウォーキングやランニングがしやすい周回コースを備えた環境です。
代々木公園までは多少アップダウンがあるものの、公園内の周回コースはフラットな為初心者でも走りやすコース。

渋谷から片道30分もかからないので、お仕事前の朝活や仕事終わりのサクッとランにおススメです。

春には桜、夏は新緑、秋には紅葉といった綺麗な景色を眺めながら走ることができます。

距離:約3km(往復) +周回コース*アスファルト
自動販売機:有/トイレ:有
※コンサートやイベント時は混雑に注意が必要です。

7

行きたい

5

行った

渋谷⇔東京タワー10kmラン
渋谷⇔東京タワー10kmラン
東京都渋谷区(4.4km)
ロード,早朝,夜,往復

渋谷東急百貨店屋上にあるランニングステーションから、六本木通りを走り東京タワーを目指します。
六本木通りを真っ直ぐ進むので、初めての方でも迷うことなく走ることができます。

距離:約10km(往復) *アスファルト
自動販売機:有/トイレ:有

20

行きたい

2

行った

タマラン!走れるトレイルと歴史系街ランを楽しむ道

東京都日野市(13.9km)

RUN & TOKYO

おすすめの時間帯
早朝,昼間,夕方
路面タイプ
ロード,トレイル
起伏の多さ
やや多い
信号機の多さ
やや少ない
街灯の多さ
やや少ない
125

行きたい

8

行った

行きたいしている人を見る

京王線 / 多摩モノレールの高幡不動駅からトレイルまでの距離も近く、都心からのアクセスも良い高幡不動は穴場トレイルスポット。人混みもないため「走れる」コースです。熊もいない、落石もないなど心配事が少ないのも丘陵地ならでは。起伏もありますが山程の標高はなく、丘陵からの景色(写真4、7枚目)を楽しめるので、トレイルランニング初心者には特にお勧めです。
 
高幡不動尊(写真2、3枚目)は関東三大不動尊の1つ。秋には紅葉、初夏には紫陽花で彩られます。新選組副長 土方歳三の菩提寺であり、境内には銅像が立ちます。高幡不動尊の境内をよく稽古場所として使っていたとの話も。裏山の不動ヶ丘は山内八十八ヶ所巡拝路となっており、またかたらいの路のスタート地点でもあります。

途中、多摩動物公園裏の七尾丘陵散策路を通るので、動物たちの鳴き声を聞きながら走れるのも特徴の1つ。コースでは時々多摩狸と遭遇することもあります。道案内の看板(写真8枚目)も立っていて比較的迷うことなくコースを進むことができます。

このコースでは平山城址公園の方まで進んで高幡不動へ戻ってくるコースで、全長13.9kmのコースです。体調が悪くなった場合や悪天候の時、時間がないときなどはコースの途中で丘陵地から多摩テックの道路あたりまで出てそのまま高幡不動に戻るショートコースにアレンジすることもできます。

また、そのような理由から多摩動物公園駅からモノレールに乗って高幡不動まで戻るということもでき、自然を楽しみながらも、悪天候やケガ等の緊急時のリスクを最小限に抑えることができ、トレイルランニングの入門者には非常に優しいビギナー向けのコースです。

高幡不動に戻ってきたら、もう一度高幡不動尊に行って、食事をしたり、お茶をしたり、おやつを食べたりして運動後のリラックスタイムには最適です。高幡不動では「高幡まんじゅう」(写真9枚目)が有名なので、ぜひご賞味してみてはかがでしょうか。