About the area
川内村(かわうちむら)地域とは

川内村は、福島県浜通りの内陸部に位置し、阿武隈山地に囲まれた平均標高456mの地域です。村の9割を森林が占め、山の恵みきのこや山菜が採れ、清流にはイワナが棲み、国の天然記念物である平伏沼では珍しいモリアオガエルの産卵を見ることができます。早朝には鳥がさえずり、夜は満点の星空を眺められる自然豊かな山里です。

JR郡山駅より車で1時間30分。JRいわき駅より車で1時間30分。

常磐自動車道「常磐富岡IC」より30分。磐越自動車道・あぶくま高原道路「小野IC」より40分。

AREA COURSE

川内村(かわうちむら)地域の
コース

川内ファミリー練習コース

10km

いわなの郷から大鷹鳥谷山脇の峠を抜け大熊町境を折り返す、ほぼ道なりに坂道を往復するコースです。往路はとにかくのぼり坂が続く挑戦的な道が続きます。かえるマラソン大会の翌日に川内兄弟が練習を楽しんだコースでもあります。また、コースわきにある大鷹鳥谷山には、標準時が送信される「標準電波送信所」があり、高くそびえる時の番人の塔を間近に望むことができます。折り返し地点は、広大な太陽光パネルの先にある変形T字路です。

千翁川~平伏沼コース

15km

川内村の第四区集会所の駐車場から裏山を上り、モリアオガエルの生息地として国の天然記念物に指定される「平伏沼」まで回って下りてくる上級者コースです。コースと並走して流れる千翁川は、地元でも愛される抜群の清流です。懐かしい物語のような世界を堪能すべく、途中まで走って折り返すコースとしてもおススメです。

不動滝コース

0.5km

入口の看板から古熊山不動滝までは約440m。距離は短いですが、高低差が70mあります。目をつむれば川のせせらぎが聞こえる素晴らしいコースです。折返し地点の不動滝にたどり着くまでには、急な坂や大きな岩などさまざまな試練が待ち受けています。無事不動滝にたどり着けたら、怪我をせず安全に走ることができるという伝説や不動尊にお参りして、不動滝の岩に立つ剣に触るとタイムが速くなるという噂もあります。

ワインの丘コース

3.8km

川内村の北東に位置する高田島地区に広がるブドウ畑「高田島ヴィンヤード」の壮大な景色を堪能できるコースです。坂道を上がった先に司会いっぱいに出現するヴィンヤードの先には、川内村を取り囲む阿武隈山系の山々が幾重にも連なり、フランスを思わせるような景観が楽しめます。

別荘通りコース

4.1km

川内村の豊かな自然の中で理想的な時間を過ごすための別荘地を周回するコースです。本格的に定住されているおうちもあり、丁寧に手入れされたガーデニングやイクステリアなどが雄大な景色の中に点在している様子を楽しめます。是宅で豊かな時の流れを感じることができるコースです。

サラブレッドコース

6.2km

川内小学校を起点とした周回コースです。引退したサラブレッドが間近で見られる牧場を通り、緩やかな坂道を上りきると小川沿いに続くのどかな里山の自然を楽しめます。全体的に平坦で、視界も広く、車の通りも少ない「これぞ川内村」といえるコースです。

かえるマラソン練習コース

10km

毎年4月末に開かれる人気のマラソン大会「川内の郷かえるマラソン」の5?と10?を含むコースです。かわうちの湯を拠点としてスタート。中学校脇の坂を下り、村営住宅前からほぼ平坦なコースになります。野菜工場の前を通過して、国道399号線に入り、住宅地を抜けて右手に小さな鳥居のある地点で折返し。大会当日は手打ちそばエイドや野菜スムージーも出るにぎやかなエリアです。

副村長練習コース

10km

川内村副村長が日々練習で走る勾配の激しい上り坂が続くストイックなコースですが、坂を上るにつれて近づいてくる空に期待感が増してゆき、登りきると視界の開けた広場が待っています。景色を堪能して一休みした後の帰りの下り坂は、日陰で気持ちのいい風を浴びながら静かな山の自然を楽しめます。

木戸川沿いの遊歩道

4.9km

川内村中心部の川沿いを通る遊歩道のコースです。未舗装の道が多いので足にも優しく快適に走れます。遊歩道は車の通りもないので、自然の音やキラキラした川面などにも意識を向けて楽しめます。春はコース上に美しい桜並木や田植えの様子も見ることもでき、川内村を満喫するには最高の季節です。

AREA SPOT
川内村(かわうちむら)地域の
拠点施設・立ち寄り
スポット情報

農家民宿あきもと

  • 食事処
  • 体験施設
  • 宿泊施設

木々のささやきが聞こえる山の民宿。薪で沸かす展望風呂がある。裏山にある手作りのターザンロープで遊んだり、散策したり、囲炉裏で郷土料理をあじわったりとゆっくり流れる里山の時間を楽しめます。

アクセス
福島県双葉郡川内村下川内字糠塚66-2

小松屋旅館

  • 食事処
  • 宿泊施設

川内村の中心地にある和風旅館。敷地内には古民家を改造したソバ酒房天山があります。

アクセス
福島県双葉郡川内村上川内字町分211
TEL
0240-38-2033 FAX0240-38-3121
URL
http://komatsuya-tenzan.jp

ビジネス旅籠わか久

  • 食事処
  • 宿泊施設

川内村の中心地にあるプチホテル。2015年にリニューアルオープン。裏庭に見事なしだれ桜があります。

アクセス
福島県双葉郡川内村上川内字町分222
TEL
0240-38-2005

いわなの郷

  • 食事処
  • 体験施設
  • ランニングステーション
  • 宿泊施設

緑に囲まれた川内村を流れる楢生川沿いの林道を登ると広い敷地に和風造りのレストハウスと民家風コテージがあります。清流の魚であるイワナを養魚場で養殖しており、いわな釣りが楽しめます。施設内の広場では、手ぶら手キャンプやバーベキューもご利用いただけます。

アクセス
福島県双葉郡川内村上川内字炭焼場516
TEL
0240-38-3181
URL
http://abukumakawauchi.com
営業時間
10:00~17:00

レストラン幻魚亭

  • 食事処

いわなの郷内にあるレストラン。岩魚料理ほかそばや和食が愉しめます

アクセス
福島県双葉郡川内村上川内字炭焼場516
TEL
0240-38-3511

そば酒房天山

  • 食事処

小松屋旅館敷地内の古民家レストラン。こしのある本格手打ちそばは絶品です。

アクセス
福島県双葉郡川内村上川内字町分211
TEL
0240-38-2033 FAX0240-38-3121

かわうちの湯

  • 食事処
  • ランニングステーション
  • 宿泊施設

アルカリ度が高く、肌がつるつるとなることから「美人の湯」とも言われています。大浴場と釜湯、炭酸泉があり、館内の大広間でくつろいだり、レストランの食事を運んで食べることができます。売店コーン―では川内村の特産品も販売しています。

アクセス
福島県双葉郡川内村上川内字小山平501
TEL
0240-39-0103
URL
http://abukumakawauchi.com
営業時間
10:00~21:00(火曜定休)受付は20時まで

caf_ Amazon

  • 食事処

タイでは有名なコーヒーチェーン「Caf_ Amazon(アメィゾン)」の日本第1号店。コーヒーの他にもオリジナルカレーやタイテイストの食事もあり。村内唯一のCaf_です。

アクセス
福島県双葉郡川内村上川内字町分102
TEL
0240-23-5665
URL
http://amazon-caf_.jp

YO-TASHI

  • 食事処
  • 体験施設
  • ランニングステーション

村内に一つしかないコンビニエンスストアを要する複合商業施設。一か所でちょっとした用事を済ませられるという意味の方言が店名で、広いトイレも完備。フリースペースは、食事や勉強、休憩場所として利用可能。奥のスペースには無料の卓球台もあります。

アクセス
福島県双葉郡川内村下川内字宮ノ下25-1
TEL
0240-39-0668
URL
http://kawauchi-ya.com/group/

AREA EVENT
川内村(かわうちむら)地域の
イベント

川内の郷かえるマラソン大会
2019年4月30日

村の小学生の発案で始まり、村と同じ名前の川内優輝さん一家と吉田香織さんがゲストランナーで参加するハーフマラソン大会。川内村のシンボルであるカエルの仮装参加者が多い。

天山祭
7月2週目

かえるの詩人と呼ばれた草野心平の別邸「天山文庫」が落成された日を記念して50年以上続く祭。伝統芸能の獅子舞や歴程同人の詩人らによる詩の朗読などが披露され、郷土料理と酒がふるまわれます。

盆野球
8月13日~15日

お盆に行われる村内の企業や行政区対抗野球大会。70年以上続く歴史ある大会です。

BON DANCE
8月中旬

盆に帰省した若者たちが主催する音楽祭BON MUSICと盆踊りを合わせた夏祭り。

天山文庫ライトアップ
10月~11月

紅葉で赤、黄色になる前庭と風情ある茅葺の天山文庫が光に照らされます。

秋祭り(そばまつり)
10月下旬

新ソバを味わう祭。福島で生産量が5本の指に入る川内村に、県内の美味しい蕎麦が集められ、打ちたて蕎麦が味わえます。

極寒キャンプ
1月~2月

村内唯一のレジャー施設「いわなの郷」にて、真冬のキャンプが楽しめます。昼間は薪割り、ランタン、キャンドル作り、スノーシューでの森林散策など夜のテント泊が楽しくなる体験ができます。