1. トップページ
  2. 山形
  3. 尾花沢市のランニングステーション
  4. 銀山温泉観光案内所

会員特典
拠点タイプ
拠点機能

検索

今週のおすすめランニングコース

Hawaii Koko head trail⛰
Hawaii Koko head trail⛰
アメリカ合衆国 ハワイ州 ホノルル(2.5km)
トレイル,昼間,早朝,往復

ハワイのココヘッドをトレラン🏃‍♂️ 頂上は、本当に絶景です😆 ブランチは、モエナカフェ のショートリブロコモコを食べて欲しい😋これまで食べてきたロコモコで間違いなくNO1です!! ココヘッドは、距離は、短いですが結構きつい登りで足元も悪いところもあり十分注意してください。 Have a nice Runtrip⛰

8

行きたい

2

行った

海沿い絶景ラン
海沿い絶景ラン
愛媛県西宇和郡伊方町(21.1km)
ロード,夕方,昼間,早朝,往復

峠越えして激しいアップダウンですが 最高です!

8

行きたい

0

行った

瀬谷、ちょっとだけトレラン入り
瀬谷、ちょっとだけトレラン入り
神奈川県横浜市瀬谷区(10km)
トレイル,ロード,昼間,早朝,周回

瀬谷四丁目交差点をスタート! 瀬谷海軍通りから横浜花博(2026?)予定地を横目に、瀬谷市民の森と追分市民の森で少しだけトレラン気分を味わって、三ツ境駅まで駆け抜けます。 厚木街道でスタート地点に戻ると、おおよそ10キロのマイ定番コースの一つです!

8

行きたい

0

行った

紅葉の隠れた名所ラン
紅葉の隠れた名所ラン
茨城県つくば市(21.8km)
ロード,昼間,周回

桜川市の五所駒瀧神社は、隠れた紅葉の名所。 筑波山口~りんりんロードを使って周遊ランすると、 凡そハーフマラソン。 真壁の街並みや、つくし湖&椎尾山薬王院まで足を延ばせば30KのLSDが楽しめます。

4

行きたい

0

行った

新宿、渋谷、表参道イルミラン
新宿、渋谷、表参道イルミラン
東京都新宿区(10.6km)
ロード,夜,片道

新宿サザンテラス、青の洞窟、表参道、神宮外苑の銀杏並木、エイベックス本社のイルミネーションを楽しめるキラキラコース

11

行きたい

2

行った

「エメラルドの海を見る展望台」までの往復コース
「エメラルドの海を見る展望台」までの往復コース
沖縄県石垣市(10.1km)
ロード,早朝,昼間,往復

石垣島の観光地で必ず挙がるのが、標高230mのバンナ岳一帯にある自然豊かなバンナ公園。その広大な敷地にいくつかの展望台がありますが、一番人気の「エメラルドの海を見る展望台」まで石垣市の中心地から走って往復します。 バンナ公園南口の入口からは厳しい上りが続きますが、もちろんゆっくり歩いてもOK。展望台からの景色を見れば、それまでの疲れがウソのように感じるかもしれません。帰り道では、ゆし豆腐で有名な「とうふの比嘉」でヘルシーフードを食べるのもオススメです。 沖縄らしい風景、道、建物、海、植物、動物、食事などを発見できる素晴らしいコースです。 こちらは、ASICSとANA共同で開発した、旅好きランナーにおくるランニングコースです。あなたも、走ることで見つかる地域の魅力をぜひ満喫してみませんか? 詳細は下記URLをチェック! https://tabelog.com/tieup/main/ana_SkyRuntrip/

13

行きたい

1

行った

銀山温泉観光案内所

山形県尾花沢市大字銀山新畑

施設名
銀山温泉観光案内所
URL
住所
山形県尾花沢市大字銀山新畑地図を見る
タイプ
駐車場
機能

ロッカー

シャワー

駐車場

更衣室

トイレ

コメント
銀山温泉観光案内所から500mほどのところに駐車場があります。銀山温泉には足湯が1箇所(無料)公衆浴場が2箇所(有料)あり、日中は利用できるのでラン後には汗を流してサッパリできます。トイレも数箇所あるので困る事なはいと思います。
投稿者
FUJIO MIYACHI
特典内容

※画像やステーションの情報はユーザーが投稿した当時の情報です。
正確性は保証されませんので、必ず事前に各施設にご確認のうえ、ご利用ください。

「銀山温泉観光案内所」の運営者・オーナ様はラントリップ会員(無料)になると、自分の店舗の情報を編集・プロモーションすることができます。こちらからお問い合わせください。

周辺のコース

銀山温泉ぐるっと満喫コース
銀山温泉ぐるっと満喫コース
山形県尾花沢市(2.7km)
ロード,トレイル,早朝,周回

【大正ロマンを求めて・・・銀山温泉コース】 山形県尾花沢市にある銀山温泉は、山形新幹線「大石田駅」より車で30〜40分ほど。路線バスもしくは宿の送迎バスで訪れることができる。今回の旅では銀山温泉で1泊することにしていたので宿のバスに迎えに来てもらうことに。 その前に腹ごしらえ。大石田駅の周辺には「そば街道」と銘打ってたくさんの蕎麦屋がある。是非とも、ランだけでなく少し時間に余裕を持って散策(寺巡りと最上川の景色がオススメ)とランチを楽しんでほしい。ランチと散策を済ませたらいざ銀山温泉へ。車内は旅館の親父さんの軽快な観光案内トークが愉快であっという間に到着。ちなみに1泊したので帰路も駅まで送っていただいたが、奥様が用事に出るので寄り道をしてみんなでお見送り。これも旅の醍醐味。 銀山温泉は温泉街自体が川に沿うようにして何軒もの宿が連なる。バスや自走できた場合は坂の上で下車もしくは駐車。温泉街に入れるのは宿の車だけ。 日帰りで来た場合、起点は坂の上の駐車場。アフターのお風呂は公衆浴場が2箇所あるのでいずれか、もしくは両方を堪能すると良いでしょう。ただし、荷物預けはできないのに加え、営業時間が異なるので立ち寄り湯の場合は走りに行く前に営業時間を確認しておくと間違いありません。宿泊の場合は、それぞれの宿を起点に走ることが出来ます。時間を気にせず楽しめるので、こちらがオススメ。 荷物を置いて早速ランへ。温泉街を通り抜け、目指すは銀鉱洞。川沿いを奥へ奥へと迎えばたどり着くことができます。片道1km強なので、途中にある「白金の滝」と「籟音の滝」を眺めたり、夏でも冷たい風が吹き出してくる「夏しらず」などに立ち寄りながら、景色とともにコースを楽しむと良いでしょう。距離は短いですが、映画「千と千尋の神隠し」のモデルになったと言われる宿を始め見所は豊富で、ビギナーでも十分に楽しめます。ぐるぐると回って一汗かいた後の温泉は最高です。 宿泊をお勧めするもう1つの理由は夜の街並みがとても綺麗なこと。夕飯を終えると、皆、ぼんやりと照らし出された宿の姿を眺めて足湯に浸ったり、カフェでのんびりと過ごします。大正時代から残る街並みは小さいながらもとても風情があるもの。せっかくなので日帰りではなく静かな場所でゆっくり過ごす。これもラントリップの醍醐味ではないでしょうか?

18

行きたい

2

行った