1. トップページ
  2. 山形
  3. 尾花沢市のランニングステーション
  4. 銀山温泉観光案内所

会員特典
拠点タイプ
拠点機能

検索

今週のおすすめランニングコース

新緑の北信州 野沢温泉〜北竜湖周回
新緑の北信州 野沢温泉〜北竜湖周回
長野県下高井郡野沢温泉村(10km)
トレイル,ロード,夕方,昼間,往復

新緑の野沢温泉、北竜湖を周る10kmコース。 アフターランは温泉や旬の食、地酒、地ビールで身体もココロも満足!

12

行きたい

0

行った

小金井 坂めぐり
小金井 坂めぐり
東京都国分寺市(8km)
ロード,指定なし,往復

東京経済大学の東端のくらぼね坂から、野川公園近くのムジナ坂まで、ハケの坂を登り下りしながら東に進み、帰りは平坦な野川沿いを走るコースです。途中で黄金の水で顔を洗いましょう。念仏坂とムジナ坂がおすすめです。 通る坂の名前は西から順に以下のとおり。 くらぼね坂 三楽の坂 さわらび坂 荒牧坂 弁車の坂 平代坂 念仏坂 なそい坂 質屋坂通り 妙貫坂 白伝坊の坂 はけの森美術館の坂 ムジナ坂

5

行きたい

0

行った

PCN Green Run(2) 都会のアオシス、公園と公園をつなぐラン
PCN Green Run(2) 都会のアオシス、公園と公園をつなぐラン
東京都豊島区(15.7km)
ロード,早朝,周回

Park Connector Network Green Runの第二弾は、豊島区から文京区方面へ。定番は江戸川公園ですが、穴場は関口台公園、高低差のあるルートが公園内を走っておりプチトレランが楽しめます。( )は開園時間前とかコロナで臨時閉園でした。 池袋駅前公園〜中池袋公園〜東池袋公園〜東池袋中央公園〜日出町公園〜日出町第二公園〜南池袋公園〜関口台公園〜関口三丁目公園〜目白坂〜江戸川公園〜(肥後細川庭園)〜(目白台運動公園)〜雑司ヶ谷みみずく公園〜鬼子母神〜南池袋第二公園

2

行きたい

0

行った

宮城/松島 ランニングコース
宮城/松島 ランニングコース
宮城県宮城郡松島町(2.9km)
トレイル,ロード,夕方,昼間,早朝,往復

福浦島は、多少アップダウンがありますが、気持ち良く走れるコースです。

1

行きたい

0

行った

小倉/勝山公園 近隣コース
小倉/勝山公園 近隣コース
福岡県北九州市小倉北区(3.2km)
指定なし,指定なし,指定なし

小倉に出張の際に、朝ランするコースです。 少し信号多いですが、小倉城周辺の走り易いコースです。

1

行きたい

1

行った

銀山温泉観光案内所

山形県尾花沢市大字銀山新畑

施設名
銀山温泉観光案内所
URL
住所
山形県尾花沢市大字銀山新畑地図を見る
タイプ
駐車場
機能

ロッカー

シャワー

駐車場

更衣室

トイレ

コメント
銀山温泉観光案内所から500mほどのところに駐車場があります。銀山温泉には足湯が1箇所(無料)公衆浴場が2箇所(有料)あり、日中は利用できるのでラン後には汗を流してサッパリできます。トイレも数箇所あるので困る事なはいと思います。
投稿者
FUJIO MIYACHI
特典内容

※画像やステーションの情報はユーザーが投稿した当時の情報です。
正確性は保証されませんので、必ず事前に各施設にご確認のうえ、ご利用ください。

「銀山温泉観光案内所」の運営者・オーナ様はラントリップ会員(無料)になると、自分の店舗の情報を編集・プロモーションすることができます。こちらからお問い合わせください。

周辺のコース

銀山温泉ぐるっと満喫コース
銀山温泉ぐるっと満喫コース
山形県尾花沢市(2.7km)
ロード,トレイル,早朝,周回

【大正ロマンを求めて・・・銀山温泉コース】 山形県尾花沢市にある銀山温泉は、山形新幹線「大石田駅」より車で30〜40分ほど。路線バスもしくは宿の送迎バスで訪れることができる。今回の旅では銀山温泉で1泊することにしていたので宿のバスに迎えに来てもらうことに。 その前に腹ごしらえ。大石田駅の周辺には「そば街道」と銘打ってたくさんの蕎麦屋がある。是非とも、ランだけでなく少し時間に余裕を持って散策(寺巡りと最上川の景色がオススメ)とランチを楽しんでほしい。ランチと散策を済ませたらいざ銀山温泉へ。車内は旅館の親父さんの軽快な観光案内トークが愉快であっという間に到着。ちなみに1泊したので帰路も駅まで送っていただいたが、奥様が用事に出るので寄り道をしてみんなでお見送り。これも旅の醍醐味。 銀山温泉は温泉街自体が川に沿うようにして何軒もの宿が連なる。バスや自走できた場合は坂の上で下車もしくは駐車。温泉街に入れるのは宿の車だけ。 日帰りで来た場合、起点は坂の上の駐車場。アフターのお風呂は公衆浴場が2箇所あるのでいずれか、もしくは両方を堪能すると良いでしょう。ただし、荷物預けはできないのに加え、営業時間が異なるので立ち寄り湯の場合は走りに行く前に営業時間を確認しておくと間違いありません。宿泊の場合は、それぞれの宿を起点に走ることが出来ます。時間を気にせず楽しめるので、こちらがオススメ。 荷物を置いて早速ランへ。温泉街を通り抜け、目指すは銀鉱洞。川沿いを奥へ奥へと迎えばたどり着くことができます。片道1km強なので、途中にある「白金の滝」と「籟音の滝」を眺めたり、夏でも冷たい風が吹き出してくる「夏しらず」などに立ち寄りながら、景色とともにコースを楽しむと良いでしょう。距離は短いですが、映画「千と千尋の神隠し」のモデルになったと言われる宿を始め見所は豊富で、ビギナーでも十分に楽しめます。ぐるぐると回って一汗かいた後の温泉は最高です。 宿泊をお勧めするもう1つの理由は夜の街並みがとても綺麗なこと。夕飯を終えると、皆、ぼんやりと照らし出された宿の姿を眺めて足湯に浸ったり、カフェでのんびりと過ごします。大正時代から残る街並みは小さいながらもとても風情があるもの。せっかくなので日帰りではなく静かな場所でゆっくり過ごす。これもラントリップの醍醐味ではないでしょうか?

18

行きたい

2

行った