もっと自由に、楽しく走れる世界へ
とっておきのランニングコースに出会える
検索

今週のおすすめランニングコース

「ツルの町」鶴田町まるごと堪能コース
「ツルの町」鶴田町まるごと堪能コース
青森県北津軽郡鶴田町(13.8km)
ロード,昼間,夕方,往復

青森県北津軽郡鶴田町で、町名の由来になったツル、町の歴史や自然、特産物や懐かしの味の食べ歩きを楽しむ全長13.8kmの往復コースです。 発着点は「鶴の舞橋」が架かる津軽富士見湖湖畔。平成6年に建造された全長300mの「日本一の木造三連太鼓橋」であるこの橋は、吉永小百合さんを起用したJR東日本の大人の休日倶楽部で紹介された人気の観光地です。 その脇にある2020年の春にオープンしたばかり観光施設「ここにもあるじゃ」を起点に、鶴の舞橋を渡った先には「丹頂鶴自然公園」があり、無料で丹頂鶴を見ることができます(開園時間:9:00〜16:00)。次に、JR陸奥鶴田駅方面に向かって東に走ります。 2kmほど進んだところに歴史文化継承館(旧水元小学校・写真5枚目)があります。平成16年に廃校となった水元小学校(明治9年創立)を活用した展示室で、昭和11年に築造されたヒバ造りの木造校舎は町文化財の指定を受けています。 コースの東側の岩木川を渡れば、至る所で鶴をモチーフにしたものを見かけるでしょう。岩木川の河川敷には大きな鶴の像が2体。陸奥鶴田駅の駅舎の屋根部分は鶴のような型をしています。この駅前では和菓子やアイスといったスイーツで小休憩をするのもいいでしょう。 小休憩を終えたら、復路はのどかな田舎道をしばらく走ります。 富士見湖の湖畔に戻る前には、前方に雄大な岩木山(津軽富士)を眺めながら走ることのできる真っ直ぐの道が1.5kmほど続くなど、富士見湖の湖畔も含めて景観の良さが特徴的なコースです。 発着点の「ここにもあるじゃ」に戻ってきたら、その後は鶴の舞橋を渡ったところにある「つがる富士見荘」の100%源泉掛流しの温泉で汗を流すのもオススメです。 【もっと走りたいランナーのオプション】 ① 道の駅つるた 鶴の里あるじゃ(写真10・11枚目) 「あるじゃ」とは津軽弁で「ここにある・見つけた」という意味。道の駅としてお土産はもちろん、食べ歩きにも最適。陸奥鶴田駅から2.7km南下した場所にあるので、時間に余裕のある場合やたくさん走りたいランナーにはオススメ。 ② 津軽富士見湖周回コース(約8km・写真9枚目) 「津軽富士見湖一周マラソン&ウォーキング大会」が行われる富士見湖は旅ランだけでなくジョギングにも最適。夕方は夕焼けが鮮やかでかつ、走りやすいフラットなコースも魅力的ですが、発着点に戻って小休憩した後に、湖畔をグルっと走るのもオススメです。

2

行きたい

3

行った

走って行けるハワイ〜鎌倉・江ノ島〜
走って行けるハワイ〜鎌倉・江ノ島〜
神奈川県鎌倉市(13km)
ロード,夕方,昼間,早朝,片道

観光地として有名な鎌倉。 一歩、海沿いへ足を進めれば、そこには青い海と空。 どこかハワイアンな雰囲気を感じて癒される場所で、 ゆっくり景色を楽しみながら走ってみてはいかがでしょう。 ハワイアンポイント1 「リビエラ逗子マリーナ」 ヨットや緑の雰囲気が、南国っぽい雰囲気を感じられる素敵な場所。 葉山や江ノ島、富士山を眺められる絶景のロケーションは、テンションがめちゃくちゃ上がります! ハワイアンポイント2 「サンライズシャック稲村ヶ崎本店」 ハワイのハレイワにある小さなシャック(小屋)から始まったお店。 ヘルシーで美味しいスムージーは、走ってる途中の休憩にベスト。 もちろん、建物も可愛いので記念撮影にぴったりです。 ハワイアンポイント3 「Pacific Drive-in」 おすすめはなんといってもスコーン。 スコーンとは言いつつも、見た目は大きめのクッキー。 食感は軽くてふわっとしているので、1個ならペロリといけちゃいます。 特にブルーベリークリームチーズスコーンはハワイの「ダイヤモンドヘッドマーケット&グリル」で人気のスコーンとそっくりな味で、一口食べたら口の中にハワイが広がります。 ハワイアンポイント4 「Moke’s Hawaii Enoshima」 ハワイ、カイルアにある人気カフェ。 パッションフルーツを使った甘酸っぱいリリコイパンケーキや無添加自家製レモネードで、サッパリしましょう! コースの途中には、某バスケ漫画で超有名になった、鎌倉高校前の踏切もあります。 ゴールをした後は、江ノ島をゆっくり観光すれば、きっと最高のRuntripになること間違いなしです。

8

行きたい

0

行った

谷川岳馬蹄形
谷川岳馬蹄形
群馬県利根郡みなかみ町(27.5km)
トレイル,早朝,周回

西黒尾根から時計回りの谷川岳馬蹄形縦走コースです。途中補給できるのは水だけなのでジェルなどを準備しましょう。うわさ通りタフなコースでしたが稜線の景色は最高に癒されます。 走った後は土合山の家で500円で天然掛け流し温泉のお風呂に入ることもできます。 最寄りの土合駅は日本一のもぐら駅で、改札口からホームまで486段階段を下ります。時間に余裕があれば立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

3

行きたい

0

行った

大阪スポーツレジャーアイランド舞洲とUSJを周遊する11キロ
大阪スポーツレジャーアイランド舞洲とUSJを周遊する11キロ
大阪府大阪市此花区(11km)
ロード,早朝,昼間,周回

大阪湾に浮かぶ人工島、舞洲(まいしま)と人気の映画村「USJ」を周遊する11キロのランニングです。 舞洲は、バブル期に開発された三つの人工島(舞洲・夢洲(ゆめしま)・咲洲(さきしま))の一つで物流とスポーツ施設を造成した区域です。その他の島の咲洲は、新都心として大規模な複合施設造成を目的にコスモスクゥエアと名付けられ開発されました。又、夢洲は2025大阪・関西万博会場として今後期待されています。 舞洲には、オリックスバッファローズの練習球場とプロバスケット、大阪エヴッサの本拠地「おおきにアリーナ舞洲」があり、スポーツレジャー施設のメッカとして顕在しています。 舞洲を結ぶ「此花大橋」(このはなおおはし)からの大阪湾の海上に広がる雄大な眺めを楽しみながらのランニングは爽快です。

1

行きたい

0

行った

道の駅びえい「白金ビルケ」発着白金周遊コース
道の駅びえい「白金ビルケ」発着白金周遊コース
北海道上川郡美瑛町(20km)
ロード,早朝,往復

道の駅びえい「白金ビルケ」を出発し、青い池〜不動の滝〜白髭の滝〜野鳥の森〜十勝岳火山砂防情報センターの階段を下り、白髭の滝からは来た道を戻るルートです。 上記のどのスポットも絶景で、静寂に包まれた道中もとても綺麗な景色が待ち構えています。運が良ければ野生動物(私の場合は鹿でした)や雲海を拝める可能性もあります。アップダウンはそこそこあるのでいいトレーニングになります。 道中は信号が一つもないので、上記のスポットに立ち寄らないのであればノンストップで走り続けられます(その場合は若干トータルの距離が短くなります)。また、途中の情報センターを経由しないルートもあります。

5

行きたい

0

行った

タータンの1km周回コース
タータンの1km周回コース
長崎県壱岐市(1km)
指定なし,指定なし,周回

筒城浜海水浴場の近くです。隣にモトクロスのコースも 起伏も少なくタータンなので、走りやすい。 100mごとにマークがあるので、インターバルなどもしやすいです 地元小学校の持久走大会や中体連駅伝大会なども、あってます。地元中高生の部活動のほか十八銀行陸上部も練習にこられることも ただ風が吹く日が結構あります

1

行きたい

0

行った

新着のランニングコース

駒沢でそれいけアンパンマン
駒沢でそれいけアンパンマン
東京都目黒区(28.7km)
指定なし

僕らの味方 アンパンマンラン 右手首に1本線忘れてしまいました!

10

行きたい

6

行った

具志川北トレーニングコース10.5km
具志川北トレーニングコース10.5km
沖縄県うるま市(10.4km)
ロード,早朝,周回

うるま市安慶名・安慶名城跡公園を起点終点とする周回コース。 市街地は平坦だが、中盤は高低差50m近くある山登りのよう。心肺機能を鍛えることができる。 早朝は米軍基地の外人さんも走っているので、ちょっぴり外国で走っている気分になれます(笑) 夜は結構暗いのでオススメできません。

3

行きたい

4

行った

朝のお散歩コース6.5km
朝のお散歩コース6.5km
沖縄県うるま市(6.6km)
ロード,早朝,周回

うるま市みどり町6丁目を起点とする、天願川や宇堅ビーチ、野鳥の森公園を経由して自然を楽しむ60分ウォーキングコース。 ビーチで朝日も見れます。

3

行きたい

0

行った

烏帽子岩ルート
烏帽子岩ルート
神奈川県茅ヶ崎市(3.8km)
ビーチ,夕方,昼間,早朝,往復

フラットなビーチランが楽しめます。サーファーのタバコが❌

1

行きたい

2

行った

岩本山-明星山-富士川楽座コンボ
岩本山-明星山-富士川楽座コンボ
静岡県富士市(19.1km)
ロード,トレイル,早朝,昼間,夕方,周回

標高200m程度の里山のトレイルとロードを走るコンビネーションコースです。累積標高は470m程度でした。視界がよい日には富士山を随所で眺望できる風光明媚なコースです。整備されたトレイルなのでロードシューズでOK。また、公園など水飲み場がポイントごとあります。

3

行きたい

2

行った

谷川岳馬蹄形
谷川岳馬蹄形
群馬県利根郡みなかみ町(27.5km)
トレイル,早朝,周回

西黒尾根から時計回りの谷川岳馬蹄形縦走コースです。途中補給できるのは水だけなのでジェルなどを準備しましょう。うわさ通りタフなコースでしたが稜線の景色は最高に癒されます。 走った後は土合山の家で500円で天然掛け流し温泉のお風呂に入ることもできます。 最寄りの土合駅は日本一のもぐら駅で、改札口からホームまで486段階段を下ります。時間に余裕があれば立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

3

行きたい

0

行った

向日神社参拝10キロMyコース
向日神社参拝10キロMyコース
京都府向日市(10.1km)
ロード,夜,夕方,昼間,早朝,片道

信号が少なく適度な坂もあって、しんどくなったら桂川AEONで一休み。

0

行きたい

1

行った

「ツルの町」鶴田町まるごと堪能コース
「ツルの町」鶴田町まるごと堪能コース
青森県北津軽郡鶴田町(13.8km)
ロード,昼間,夕方,往復

青森県北津軽郡鶴田町で、町名の由来になったツル、町の歴史や自然、特産物や懐かしの味の食べ歩きを楽しむ全長13.8kmの往復コースです。 発着点は「鶴の舞橋」が架かる津軽富士見湖湖畔。平成6年に建造された全長300mの「日本一の木造三連太鼓橋」であるこの橋は、吉永小百合さんを起用したJR東日本の大人の休日倶楽部で紹介された人気の観光地です。 その脇にある2020年の春にオープンしたばかり観光施設「ここにもあるじゃ」を起点に、鶴の舞橋を渡った先には「丹頂鶴自然公園」があり、無料で丹頂鶴を見ることができます(開園時間:9:00〜16:00)。次に、JR陸奥鶴田駅方面に向かって東に走ります。 2kmほど進んだところに歴史文化継承館(旧水元小学校・写真5枚目)があります。平成16年に廃校となった水元小学校(明治9年創立)を活用した展示室で、昭和11年に築造されたヒバ造りの木造校舎は町文化財の指定を受けています。 コースの東側の岩木川を渡れば、至る所で鶴をモチーフにしたものを見かけるでしょう。岩木川の河川敷には大きな鶴の像が2体。陸奥鶴田駅の駅舎の屋根部分は鶴のような型をしています。この駅前では和菓子やアイスといったスイーツで小休憩をするのもいいでしょう。 小休憩を終えたら、復路はのどかな田舎道をしばらく走ります。 富士見湖の湖畔に戻る前には、前方に雄大な岩木山(津軽富士)を眺めながら走ることのできる真っ直ぐの道が1.5kmほど続くなど、富士見湖の湖畔も含めて景観の良さが特徴的なコースです。 発着点の「ここにもあるじゃ」に戻ってきたら、その後は鶴の舞橋を渡ったところにある「つがる富士見荘」の100%源泉掛流しの温泉で汗を流すのもオススメです。 【もっと走りたいランナーのオプション】 ① 道の駅つるた 鶴の里あるじゃ(写真10・11枚目) 「あるじゃ」とは津軽弁で「ここにある・見つけた」という意味。道の駅としてお土産はもちろん、食べ歩きにも最適。陸奥鶴田駅から2.7km南下した場所にあるので、時間に余裕のある場合やたくさん走りたいランナーにはオススメ。 ② 津軽富士見湖周回コース(約8km・写真9枚目) 「津軽富士見湖一周マラソン&ウォーキング大会」が行われる富士見湖は旅ランだけでなくジョギングにも最適。夕方は夕焼けが鮮やかでかつ、走りやすいフラットなコースも魅力的ですが、発着点に戻って小休憩した後に、湖畔をグルっと走るのもオススメです。

2

行きたい

3

行った

海の幸や汐風を感じる鯵ヶ沢町コース
海の幸や汐風を感じる鯵ヶ沢町コース
青森県西津軽郡鰺ヶ沢町(11.7km)
ロード,早朝,夕方,片道

世界自然遺産「白神山地」の町として知られる青森県西北地区の鯵ヶ沢町には日本海に面しており、このコースは海岸線沿いのJR五能線の鯵ヶ沢駅から陸奥赤石駅までの眺めの良い13.7kmの片道コース。海の幸を楽しみつつ、汐風を感じることができます。 鯵ヶ沢駅から最初に向かうのは、焼きイカ店の「七里長浜きくや商店」。五能線の撮影スポット(写真2枚目)としても有名な場所ですが、焼きイカを楽しめるだけでなく、このお店の番犬であった「わさお」の小屋があります。 秋田犬のわさおは「ブサかわ犬」としてテレビ出演だけでなく2011年には映画化されるなど人気を博しましたが、2020年6月に推定13歳で死去。現在ではわさおファミリーの娘として知られる「ちょめ」がこの小屋で暮らしています。 次に向かう先は、海に近い新設海浜公園と、はまなす公園の遊歩道。その間には「なぎさブリッジ」があり、この海岸エリアではリラックスランが楽しめます。そこから走って数分のところにある「海の駅わんど」で小休憩。 ソフトクリームやコーヒー、または海の幸を楽しんで後半のコースに備えます。この海の駅わんどの近くには、先ほどのわさおの写真コーナーや、実際にイカ漁で使用される漁船を見ることができます。 後半のコースは天日干しされているイカ(イカのカーテン通り)を横目に、しばらく道なりに進んでいきますが、途中のドライブイン汐風ではヒラメのヅケ丼や養殖のイトウが食べることもできる人気店。食事をした後はウォーキングでゴールまで向かうのもオススメです。 このコースのオススメの時間帯は朝か夕方。片道コース以外にも鯵ヶ沢町の宿泊施設を発着点として朝夕に海岸線をジョギングするのにも最適。特に海沿いから見る日本海に沈む夕陽は鮮やかです。 また鯵ヶ沢町からは、隣町の深浦町の人気観光地である、世界遺産白神山地内「十二湖」や「青池」にも、車・JR五能線・バスなどを利用してアクセス可能です。

1

行きたい

0

行った

エリアからランニングコースを探す

ステーションからランニングコースを探す