カバー画像を変更

0%


プロフィール
  画像を変更

0%

変更を保存
キャンセル




フォロー

Uraya Miho 

ツラい思い、痛い思い、悔しい思いをしても
今日まで走り続けてきた理由を言葉にしてみました。

ジグザグ道も、登りも下りも、アスファルトだって、泥道だって。
顔をあげて前を見て先を進めば

息をのむ絶景が待ってたり、
口がほころぶ美味しい味がしたり、
わくわく待ってくれる仲間やその街の人がいる

走り終わった後に後ろを振り返ると
あぁあんな道を自分の足で駆けてきたんだな、
やるなぁ、自分!って、
すっかりツラかったことを忘れて
また前を向く。次はどんな景色が広がり、道が続くんだろう。

どんなスポーツも好きで、
プレイするのも観戦するのも毎度毎度、感動するけど
ランニングがなんだかいちばん人間くさくて
うまくいけば生涯現役で、
一人一人の可能性がずっと輝き続ける、
だから私は、今日も走ります。

そんな私が見た景色、走った道をマイペースにご紹介します。

該当するデータがありませんでした。