カバー画像を変更

0%


プロフィール
  画像を変更

0%

変更を保存
キャンセル




フォロー

macanlover

2017: Runtrip via the Sail Hus
2018: Runtrip via Yokohama

【伊賀から山城へ】大和街道を行く
【伊賀から山城へ】大和街道を行く
三重県伊賀市(28.1km)
ロード,トレイル,早朝,昼間,片道

伊賀の国から山城の国へ、大和街道を東から西へと進む約28kmのルートです。   JR関西本線の伊賀上野駅をスタートして伊賀上野城 ▶ 鍵屋ノ辻 ▶ 芭蕉の尻もち坂 ▶ 与右衛門坂 ▶ 島ヶ原旧本陣 ▶ 藤堂藩関所跡 ▶ 二本杭 ▶ 恋路橋 ▶ 戀志谷神社 ▶ 相楽発電所 ▶ 布目川甌穴群を経由しゴール笠置駅へ至ります。   お城以降はコンビニなど補給食を買えるところはほぼありませんが(飲み物の自販機はところどころあります)、ちょうど中間地点に『道の駅 お茶の京都みなみやましろ村』がありますのでそちらで休憩・補給できます。   木津川と並行するように進みますのでその景色と旧街道ならではの風景を楽しんでください。 また、JR関西本線とも並行する感じになりますので万が一途中でリタイアしたい場合も駅へ逃げ込めるようになっております。 尚、関西本線は列車本数が少なく朝夕を除けば1時間に1本しかございませんのでご注意を。

7

行きたい

1

行った

【矢田丘陵】縦走して法隆寺へ
【矢田丘陵】縦走して法隆寺へ
奈良県生駒市(19.6km)
トレイル,早朝,昼間,片道

生駒山系と並行するように東側5kmほどのところにある丘陵地帯、それが大阪市内からもアクセスしやすい近場のトレランコース『矢田丘陵』です。 今回は近鉄奈良線の東生駒駅をスタートしますが、富雄駅や近鉄けいはんな線の白庭台駅スタートも可です。   椚峠 ▶ 榁木峠 ▶ 矢田峠といった適度なアップダウンを経由し松尾寺(三重塔)や法隆寺、藤ノ木古墳へと至るルートです。 ゴールはJR法隆寺駅。 道中何か所か生駒山や奈良盆地を眺められる展望台があったりほぼ中間地点には無料の足湯もありますよ~   ただ困った点もあります。   ❶矢田丘陵のコースは細かい分岐がたくさんありますので迷子にならないように道標は見落とさないでください。 序盤は「阪奈道路」や「榁木峠」を目指し、中盤以降は「松尾寺」を目指して進んでください。   ❷トレイルコースにはあるあるかもしれませんが、矢田丘陵もご多分に漏れず『トイレが少ない』、いや『トイレがほぼ無い』です。 1.5km地点の「スーパーいそかわ」、6km付近で一旦ロードに出た時の「スーパーKOHYO」、中間地点の足湯「歓喜の湯」の隣にあるトイレ、14kmの松尾寺ぐらいですかね。   自然と歴史を感じながら散策してください。

9

行きたい

3

行った

南房総の隠れた極上トレイル!花嫁街道12km
南房総の隠れた極上トレイル!花嫁街道12km
千葉県南房総市(12.4km)
ロード,トレイル,早朝,昼間,周回

コースの90%以上が気持ちよく走れる、混雑とは無縁の南房総のトレイル。 のどかな南房総の風景や海を見ながら走れるのが最高に気持ちいい。 コースのクライマックスに現れる黒滝もとても雰囲気があります。 走り終わった後はサーフィンなど海で遊べるのもGOOD! 大西お気に入りのトレイルです。

356

行きたい

51

行った

裏鋸山ルートからお食事処&温泉へ
裏鋸山ルートからお食事処&温泉へ
千葉県富津市(17.5km)
トレイル,早朝,片道

鋸山をサクッとひと通り楽しみながらも、ご飯もお風呂も楽しむ満喫コースを発見! と言っても、みなさんの行かれたコースの記録などを参考に、がっちゃんことくっ付けただけですけど〜。😝 浜金谷駅をスタートに、鋸山を裏ルートから登っていきます。 林道が続き程よい登り坂です。 林道沿いの空いたスペースでは、テントを張ってキャンプを楽しまれてるグループもいました。🏕 鋸山山頂を通過 700円の参観料を納め観音様や、大仏や、地獄覗きなどをササっと見て、隣り駅の保田駅方面へ下山。 駅を通り越し元小学校だと言う道の駅に寄ってみましたが、人が大勢いたので写真だけ撮ってスルー。 最終目的地となる『ばんや』に到着。 マグロカツと黄金のエナジードリンクを補給して、お風呂に入ってサッパリしてから帰路へ。 リフレッシュできました。✨

33

行きたい

0

行った

街から行ける♪マキキ・バレー・ループ・トレイル
街から行ける♪マキキ・バレー・ループ・トレイル
アメリカ合衆国 ハワイ州 ホノルル(14.8km)
ロード,トレイル,早朝,昼間,往復

ワイキキからいけるトレイルといえば、ダイアモンドヘッドですが、そこは定番コースなのでもちろん人が多いです。 ならば! と、そのダイヤモンドヘッドのある東側ではなく、西側でアクセスできるトレイルということでこのマキキ渓谷にある、マキキ・バレー・ループ・トレイルです。 マキキ・バレー・ループ・トレイルは、その名の通り、1周4km程度のループトレイルで、周回コースが「初心者マーク」に似ており、さらに、ランニング初心者でも行きやすいトレイルとして今回紹介します。 マキキ・バレー・ループ・トレイルの入り口までは、もちろんジョギングでも、バス+ジョギングでも、タクシーorウーバーorリフトでも、レンタサイクルorレンタカーでもアクセス可能です。 トレイルの入り口らしき所に到着すると、看板にはループコースの入り口までのルートが書かれています。そこから数分でループコース(初心者マークの南側)の入り口に到着。 このマキキ・バレー・ループ・トレイルは ① マウナラハ・トレイル(0.7マイル=1.1km、コースの右の部分) ② マキキ・バレー・トレイル (1.1マイル=1.8km、コースの上の部分)、 ③ カネアロレ・トレイル(0.7マイル=1.1km、コースの左の部分) の3つのトレイルで構成されていて、1周約4kmです。 私は今回、反時計回りに回りました。①ではランナーに遭遇。飼い主の見当たらない犬2匹(たぶん野生ではない...)にも遭遇。。ここは山上りのようなコースです。 ②はバレーということで、岩場もあり、小川もあります。ここはあまり走れないかもしれません。 ③はその小川のそば降りていく(反時計回りなら)というトレイルで、雨の多いハワイの雨量にもよりますが、どちらかというと水気のある所です。 このループコースは歩いていくと約2〜3時間かかりますが、走っていけばそれよりも時間が短縮できるのはないでしょうか。自然を感じられてかつ、ワイキキの街からもそう遠くないオススメの場所です。

20

行きたい

1

行った

地元民に愛される清流を目指すヒルクライム
地元民に愛される清流を目指すヒルクライム
山梨県都留市(12.5km)
ロード,トレイル,早朝,昼間,往復

富士吉田から少し離れた鹿留渓谷の清流を目指して走るランニングコースです。 富士山駅から富士急行大月線に乗り、東桂駅で下車してスタート。 田園風景を眺めながら、山道へと入っていきます。基本はロードで、だらだらとした登りが続くので、水分は持っていきましょう。フィッシングパークを過ぎると、河原に降りられる場所がちらほら。足を止めて、川の空気を吸い込んで、ココロもカラダもリフレッシュ。 さらに登り続け、「山火事注意」の看板が見えたら折り返し。 登りがきついほど、下っていくのは爽快です!大月線は本数が少ないので、その日の調子に応じて引き返す場所を変えるといいでしょう。一本逃すと、1時間ほど待つことになります(笑) 富士吉田に戻ったら、富士吉田うどんでお腹を満たすのがおすすめです。

17

行きたい

0

行った

神秘の道・太魯閣国家公園の砂卡礑歩道
神秘の道・太魯閣国家公園の砂卡礑歩道
972 台湾 花蓮縣秀林鄉富世村(8.3km)
ロード,早朝,昼間,往復

台湾東部・花蓮の太魯閣国家公園には神秘の道がある。砂卡礑歩道という名の遊歩道は、太魯閣国家公園の雄大な大理石をくり抜いて作られた神秘の遊歩道である。砂卡礑歩道の入り口となる、砂卡礑橋には白い大理石の獅子が並んでいる。そこには駐車場やトイレもあり、砂卡礑歩道にアクセスする観光客で賑わう。 このあたりは台湾原住民である太魯閣(タロコ)族が狩猟のために切り拓いた場所であるが、台湾の日本統治時代に拡張された。そして、ようやく最近になって一般向けに開放された秘境である。この道の序盤は見応え十分の大理石の壁が続き、長期にわたって侵食されてきた形跡がうかがえる。自然豊かな太魯閣の渓谷では多くの植物や、美しく透き通った水辺を望める。 片道4kmほどの涼しく自然豊かな場所であるが、大半の歩行者は途中で折り返す。ランナーであれば往復8kmも大した距離ではないだろう。一番奥まで走り抜けて、秘境の心地良さ思う存分に味わいたい。この道の入り口には自転車、バイク、車、タクシー、バスでアクセスできる。さらには少し離れた民宿に泊まってそこから走っていくのもいいだろう。

14

行きたい

0

行った

京都・美山町の茅葺の里をめぐる約10kmラン
京都・美山町の茅葺の里をめぐる約10kmラン
京都府南丹市(8.5km)
ロード,早朝,往復

美山のキャンプ場を起点として木造校舎の小学校や渓谷美を見ながら由良川沿いを走ります。 目的地の茅葺の里は山の斜面にたつ茅葺民家の間を走ります。  出来れば観光客の少ない早朝がおススメです。 早朝でも茅葺民家の人たちが農作業しながら挨拶してくれました。 

7

行きたい

2

行った

歴史を感じる 旧国鉄篠ノ井線 廃線敷遊歩道
歴史を感じる 旧国鉄篠ノ井線 廃線敷遊歩道
長野県安曇野市(12.7km)
トレイル,昼間,往復

長野県安曇野市に遠征ラン。廃線跡がウォーキングコースになってるとのことで早速行ってきた。 昔ココに線路(国鉄)があったであろうことを思い馳せながら走ると楽しいと思います。 コースの一部、と言ってもほとんどが線路に敷かれている大きめの石コロなので少々走りにくい。厚底スニーカーをおススメします。 片道6km、往復12kmのトレイルコース。 車で行く場合は旧第二白坂トンネル前駐車場から、電車の場合は明科駅からスタートして往復するのが良いと思います。

14

行きたい

0

行った