カバー画像を変更

0%


プロフィール
  画像を変更

0%

変更を保存
キャンセル




フォロー
  • フルタイムママ業、時々イベントプランナー

with my dog

好きなことをもう一つ見つけようと
2020.9から新たにランニングに挑戦

1ヶ月続けば大成功と思ってたけど
そんな心配はいらなかった。

楽しくて毎日走りたくなっちゃう。
隙間時間見つけてさっと行けちゃう。
夢中になっちゃう。
わくわく嬉しくなっちゃう。

そんな日々が続きますように。
少しだけそう思わせて〜♪

half 02:03:17

【月一沿線倶楽部】東京さくらトラム お花見ラン
【月一沿線倶楽部】東京さくらトラム お花見ラン
東京都新宿区(17.9km)
ロード,昼間,片道

都電荒川線早稲田駅を起点にスタート。すぐ面影橋辺りでは桜並木の下を通過。しばらくして飛鳥山公園で再び桜を楽しみ三ノ輪橋をめざします。今回は雨のためパスしましたが、荒川線を走破した後は隅田川経由でお花見ランを楽しむのもよし!最後は東京の桜と言えば上野公園。天気が良ければ満開の桜を楽しめるはず。

3

行きたい

0

行った

御岳山~大岳山~御前山 景色最高かよっ!
御岳山~大岳山~御前山 景色最高かよっ!
東京都青梅市(23.5km)
トレイル,早朝,昼間,片道

JR青梅線御嶽駅を出発! 青梅街道から神路橋で多摩川を渡り吉野街道側に、鳥居⛩をくぐりケーブルカーの滝本駅に向かう。 当然!ケーブルカーには乗らず御岳山を登る。杉の巨木に圧倒されつつ息が上がっていく。これは高尾山の1号路よりキツい。 ケーブルカー御岳山駅から民宿街を通って御岳神社に行く。この辺は迷路のようで道に迷う。 次に大岳山を目指す。走れるところはほぼ無い。アップダウンも多く鎖場があるほど道は険しい。これはもはや「登山」の領域。そして大岳山山頂は絶景、時間が早いせいか誰もいない。しばし休憩、カロリーメイトをかじる。 次は御前山。同じくアップダウンを繰り返して、最後に怒涛の登りから山頂に到着。ちょうど昼時だったので登山者でごった返す。座るところもないほどなので休憩もそこそこに奥多摩湖を目指して先に進む。 ここから地獄の下り。靴の中敷きが滑り、つま先が痛くなるほど。反対側の人(登りの人)はみな悶絶の表情。 途中、奥多摩湖を見渡せる展望台、超絶景。激下りでつま先痛い膝カクカクだけど「景色最高かよっ!」と叫びたくなる。 少しだけ疲れが吹き飛ぶ。 さらに下ると奥多摩湖のダムのところ(奥多摩湖いこいの路の入り口)に出る。結構ヘロヘロ。 最後のチカラを振り絞りお迎えの車が来ている駐車場まで走る。 25kmのトレイル。 早朝5:45に御嶽駅を出発、13:20奥多摩湖到着。 6時間で走破の予定だったが1時間30分ほどオーバー。 個人的感想ですが、高尾山〜陣馬山の縦走よりキツいです。 走れるところも少ないです。が、達成感は大きいです。

31

行きたい

4

行った

ラニヘッドトレイルからの日の出山と御岳山
ラニヘッドトレイルからの日の出山と御岳山
東京都青梅市(12km)
ロード,トレイル,早朝,昼間,周回

御嶽駅→高峰山→日の出山→御嶽神社→滝本駅→御嶽駅の12kmです。YAMAPの記録では獲得標高が1,187mでした。 「ラニヘッドトレイル」は福島和可菜さんが仲間たちと木を切り、草を刈り、整備してくださったトレイルです。知らない方はYouTubeで「ラニヘッドトレイル」を検索してみてくださいね。 2022年5月11日現在、YAMAPでは御嶽駅から高峰山までの登山ルートは載っていませんが、踏み跡も多く、小刻みにピンクのテープも付けられているので、道迷いの心配はありません。序盤がなかなかの急登で、心が折れそうになりますが、整備をしてくださったランナーさんたちに「ありがとう」という気持ちで登ったら、少し足が軽くなりました。 高峰山から日の出山、日の出山から御岳山までは、かなり気持ちよく走れるところがあります。ケーブルカーの山頂駅から先はロードです。疲労の度合いやお天気によって、途中からケーブルカーやバスを利用するというエスケープルートがあるのも、ありがたいポイントです。ケーブルカーに向かうか、自力で下山するかの分岐ポイントに案内表示があり、「滝本駅2.8km」「JR御岳駅5.7km」と書いてあります。 登山に慣れていない人は、ラニヘッドトレイルが下りが滑りやすいかもしれないので、右回りでの周回をオススメします。 今回は霧の中の幻想的な山行となりましたが、あらためて青空と遠くの山々の写真を撮りに再訪したいと思っています。

64

行きたい

5

行った

軽井沢 離山公園 南口
軽井沢 離山公園 南口
長野県北佐久郡軽井沢町(4.8km)
トレイル,早朝,往復

軽井沢駅からのアクセス良好で、コースは登り基調ではあるが、途中気持ちよく走れるポイントもある。 要所には看板が設置してあるので、どのルートを走っても迷う心配もない。 軽井沢が標高1000mくらいあるので獲得標高は200ちょっと。 軽井沢に遊びにきて、ちょっと朝練するのにおススメなコース! 南口は旧近衛文麿別荘(市村記念館)に駐車場&駐輪場あり。 山頂で東口からのランナーに会ったが、こちらもいいコースのよう。

23

行きたい

3

行った

めがね橋とトンネルで歴史と紅葉を感じる「アプトの道」
めがね橋とトンネルで歴史と紅葉を感じる「アプトの道」
群馬県安中市(12.5km)
ロード,早朝,昼間,往復

群馬県安中市松井田町横川から軽井沢方面へ向かう碓氷峠には、かつてのアプト式の鉄道が名を馳せた明治26年(1893年)からの趣が残っている。昔から交通の要衝として知られてきた碓氷峠に「鉄道」を開通させることは悲願であったが、技術改良を重ねて時代の流れとともにやがてその姿を消すこととなった。 それらの線路跡と多くのトンネルは、現在「アプトの道」というJR信越本線横川駅〜旧熊ノ平駅までの片道6kmほどの遊歩道に姿を変えた。多くの観光客がここを訪れるが、近年では紅葉の時期に碓氷峠でハーフマラソンが開催され、ランナーにとっても馴染みのある場所となった(大会はアプトの道ではなく中山道を走る)。 本コースはアプトの道での紅葉の様子と、かつての鉄道の歴史を走りながら感じることのできる素晴らしいコースである。碓氷峠の11月の気候は晩秋らしくひんやりと気持ち良い。途中には、晴れの日には美しく輝く水面と彩りのある紅葉が見れる碓氷湖、そしてレンガ作りの雄大なめがね橋をみることができる。 旧熊ノ平駅までの合計10つものトンネルではひんやりとした空気感がまた心地よく、そこを走り抜けることでその土地に対してまた違った感じ方ができる。このコースは6kmほどの道を走ったあとに、熊ノ平駅で折り返してからはスタート地点まで全て下り勾配の道となるので、碓氷峠が日本では珍しい「片峠」であることを実感できる。 天候、陽の当たる角度や時間帯によってもそうであるが、この道は行きとはまた違った景色が帰り道にはある。変わりゆく景色の素晴らしさを体感し、リフレッシュした自らの心身の変化を感じながらゴールを目指して駆け下りると、昨日までになかったポジティブな自分と出会うことができるだろう。

63

行きたい

14

行った

軽井沢ランニング
軽井沢ランニング
長野県北佐久郡軽井沢町(13.2km)
ロード,早朝,周回

36

行きたい

1

行った

北軽井沢ジョギングコース
北軽井沢ジョギングコース
群馬県吾妻郡長野原町(11.3km)
ロード,早朝,周回

北軽井沢スウィートグラスをスタートゴールに、鬼押出し岩等を回るコースです。

11

行きたい

1

行った

歌川広重と共にRUN 軽井沢
歌川広重と共にRUN 軽井沢
長野県北佐久郡軽井沢町(15.3km)
トレイル,昼間,往復

広重の「軽井澤宿」を巡ります。軽井沢駅を出発し、別荘地、雲場池、旧中山道を通り、軽井沢野鳥の森を走ります。トンボの湯で休息し、軽井沢に戻り、日が暮れるのを待って、広重構図で写真を撮りました。雄大な浅間山を見ながら気持ちの良いRUNになりました。

14

行きたい

0

行った

HOKA軽井沢店からの坂練とご褒美トレイル
HOKA軽井沢店からの坂練とご褒美トレイル
長野県北佐久郡軽井沢町(10.8km)
ロード,トレイル,早朝,昼間,片道

2022年3月25日にオープンしたHOKA軽井沢店でトレランシューズを買い、店内のロッカーに荷物を預けて、ロードとトレイルを走りに行った時のコースです。離山(はなれやま)の北側のロードを走り、野鳥の森を抜け、トンボの湯、ハルニレテラスを経て、中軽井沢駅まで10.8km。しなの鉄道を利用せずに、スタート地点まですべて走る場合は、15~16kmほどの距離になります。 <コース詳細> 軽井沢プリンスショッピングプラザのEASTエリアを出たら、駅と反対方向(東)に進み、地下道を通って、線路の北側に出ます。矢ヶ崎公園からは離山に半分隠れた浅間山が見えます。駅前の通りを北上して軽井沢ニューアートミュージアム方面に向かうこともできますが、食べ物や飲み物の調達が必要な場合は、そのまま西に向かうと、ファミリーマートとローソンがあります。 新軽井沢の交差点を右折して、雲場原通りを北上。江戸時代、中山道の沓掛宿から軽井沢宿までの一帯は「雲場ヶ原」と呼ばれていて、明治初期までは軽井沢雲場という地名だったそうです。さて、六本辻と呼ばれる環状交差点へ。ここは「ブラタモリ」でも紹介されていました。「雲場池」という標識が出ている方に進むと、右側に「雲場池」という大きな案内図が出てくるので、見逃す心配はありません。 雲場池を過ぎたら最初の交差点を右折して、恵みシャレーレーンを北上。木立に囲まれた、とても気持ちのいいエリアです。道なりに走っていくと、道の名前がお水端通りに変わります。ゴルフ場に出たら、左折して西に向かいます。ところどころカーブがあって、見通しが悪いところもあるので、なるべく目立つ色のシャツや帽子を身につけ、運転手とアイコンタクトができるように道の右側を走るといいでしょう。このあたりは、地味にずっと上り坂が続きます。普段、標高の低い平地で暮らす人にとっては、ちょっとした坂練という感じ。息を切らさず駆け上がれるようになりたいものです。 ところで、Googleマップに「旧草軽電気鉄道鶴溜駅跡」というのが載っていたので、ちょっと寄ってみましたが、木材に文字が書いてあるだけでした、ううむ…。電車も飛行機もわりと好きだけど、さすがに文字だけでは萌えないなぁ(笑) ここから別荘地帯を抜けていくと、突然、野鳥の森の看板が現れ、その横にトレイルへの入り口があります。少し階段もありますが、基本的には、とても走りやすいなだらかな下りの“ご褒美トレイル”です。野鳥観察を楽しんでいる方たちもいらっしゃるので、あまり足音を立てないように、優しい気持ちでそっとトレラン。ガサガサガサッ!!という音がして、「まさかクマ出没!?」と驚いたら、大きなキジがスタコラサッサと逃げていきました。 野鳥の森のマップは、公式サイトをご覧ください。 https://picchio.co.jp/facility/wildforest/ 私はアカゲラ休憩所の分岐からミソサザイ休憩所に向かい、沢沿いの道を走りましたが、キビタキ休憩所やどんぐり池の方面のコースも選べます。アカゲラ休憩所の横の草地は、見晴らしがよく、浅間山がとてもきれいに見えました。 ケラ池に少し立ち寄り、そこから星野温泉トンボの湯へ。平日の昼間だったので、すんなり入れましたが、週末の夜は行列ができるのだとか。最後はハルニレテラスの丸山珈琲でホッと一息。あとは気持ちよく坂を下っていくと中軽井沢駅に到着します。しなの鉄道で軽井沢駅までは1駅。HOKAで荷物をピックアップして終了です。帰り際に立ち寄ったミカドコーヒーのモカソフトが絶品でした♪ <余談> HOKAの3Dスキャンでは、指の付け根位置の足幅、土踏まずの高さ、甲の高さ、かかと幅、足囲、甲周り、足長の数値と、各数値の平均との比較が出ます。さらには、在庫があるシューズの中で、どのシューズの、どの部分はよくフィットするかというのも画面上で確認できます。同じ24cmのシューズでも、くるぶしが当たって痛かったり、全然痛くなかったり。本当にしっくりくる1足を見つけられて大満足でした。 東京から軽井沢は新幹線で70~80分、6,000円ちょっと。バスだと新宿から3時間強で2,000円ほどです。関東北部在住の方は、群馬県の横川駅からバスを使うと、34分、520円で行けます。HOKAファンの皆さま、ぜひ、一度、HOKAの店舗に足を運んでみてはどうでしょう。

22

行きたい

4

行った