カバー画像を変更

0%


プロフィール
  画像を変更

0%

変更を保存
キャンセル




フォロー

そうちゃん

JR奈良駅発奈良公園主要スポット周遊10kコース
JR奈良駅発奈良公園主要スポット周遊10kコース
奈良県奈良市(10.4km)
トレイル,ロード,夕方,昼間,早朝,周回

奈良公園内の主要スポットをほぼ網羅する10kコースです。季節の良いときはどんな時間帯でも大丈夫ですが、観光客が多いです。夏の昼は地獄の暑さなのでやめた方がいいです。オススメは、観光客の少ない早朝(日の出前後)と夕暮れ前(日没後は立ち入れない部分あり)

22

行きたい

5

行った

八重山トレイル ショートコース
八重山トレイル ショートコース
山梨県上野原市(19.1km)
ロード,トレイル,早朝,周回

トレラン初心者でも走りやすいコースです! 登山道入り口に6台ほど停められる駐車場あり。 コース誘導の看板(写真あり)が各分岐にあるので、ロストの心配はそれほどないと思います。 ただ、八重山→駐車場にかけては看板見にくくなるので、最後の最後にロストしなきように注意して下さい。 上野原駅にコインロッカーがあるとも聞きましたが、登山道までかなりタフなロードを走る必要があるので、車のアクセスがオススメ。 ベストショットはちょうど田植えが始める前の田んぼで📷️

15

行きたい

2

行った

鎌倉外周トレイル
鎌倉外周トレイル
神奈川県鎌倉市(23.3km)
トレイル,早朝,昼間,周回

鎌倉のトレイルをロードを交えてつなげた外周コースです。 歴史ある古道と街並みは、ちょっとしたタイムトラベル。 ランの後は大船のひばり湯でさっぱりして、つけ麺で〆がおすすめです。 なお、トレイルではマナーを守ってください。 曜日・時間帯によっては走れない場合もあります。

227

行きたい

20

行った

三浦アルプストレイルツアー(大楠山中級コース20k)
三浦アルプストレイルツアー(大楠山中級コース20k)
神奈川県横須賀市(23.7km)
トレイル,昼間,周回

鎌倉トレイルランコースを地元のジョギングインストラクターがご案内いたします。これからトレイルランをはじめようと思っている方、1人では道がわからない方、お待ちしています。 【特徴】 名所である大楠山だけではなく、ガイドブックには掲載していない隠れトレイルをご紹介する、衣笠周回コースです。 【ルート】 衣笠駅⇒衣笠山公園⇒武山⇒大楠山⇒横須賀PA⇒衣笠城址⇒衣笠山公園⇒衣笠駅

68

行きたい

3

行った

伊豆最南端!秘境シーサイドトレイル
伊豆最南端!秘境シーサイドトレイル
静岡県賀茂郡南伊豆町(9.4km)
トレイル,昼間,往復

南伊豆の絶景ポイントを走るコースです。 【コースポイント地点】 石廊崎→中木→トガイ浜→南伊豆町ジオパークビジターセンター→愛逢岬(別名 奥石廊大根展望所) 【ビューポイント】 石廊崎、トガイ浜、愛逢岬からきれいな海が見れます。 【給水ポイント】 石廊崎岬めぐり遊覧船乗り場駐車場の自販機・南伊豆町ジオパークビジターセンターの自販機 【お手洗いポイント】 同上 【走った後のお楽しみ】 南伊豆町ジオパークビジターセンター売店でのアイスクリーム・近隣には温浴施設もあります。 【注意】 このトレイルコースは草木が茂っているので、肌の露出を控えることをおすすめします。 【追記】 6月にこのコースに行った方から「トレイルが藪だらけでコースが不明瞭だった」との情報いただきましたので、わたしの方で南伊豆町の観光課に電話で聞いてみましたところ、「7月上旬と11月にコースに草刈の手入れが入る。」とのことでした。このコースへのラントリップをお考えの方のご参考になればいいなと思い、追記として情報を追加させていただきました。情報提供ありがとうございました。(2018.6.12現在) 【詳細】 石廊崎岬めぐり遊覧船乗り場にある駐車場に車を停めて走り始めます。駐車場にはお手洗いや自販機がありました。駐車場から続く階段を登るとコースが始まります。わたしは石廊崎灯台を通るルートを選びましたが石室神社という崖に埋まるようにして建っている神社もあり、そちらも観光名所なので寄るのもいいでしょう。海底火山の浸食地形を利用して建てられた神社だそうです。石廊崎の絶景を楽しんだら来た道を途中まで引き返して、石廊崎灯台バス停を過ぎ、閉園中の石廊崎ジャングルパーク沿いの道を走ると大きい道路に合流します。(わたしが走ったときは、この石廊崎ジャングルパーク跡地は廃墟と化していましたが、その場所に近々、海側全面ガラス張りの自然公園施設「石廊崎オーシャンパーク」が建設される予定らしく、人気が上昇していくことになると思います。)その道を西に向かってしばらく走ると右手にハイキングコース入り口が出てくるので、そのまま中木までトレイルを走ります。(このトレイルは草木が多い茂っているので肌の露出を抑え、タイツ着用で行くことをおすすめします。)中木港から海の方に続く細い道を走ると、このコースの折り返し地点であるトガイ浜という浜にたどり着きます。(近くにあるヒリゾ浜と併せてシュノーケリングで有名なスポットだそうです。特にヒリゾ浜は本州一のシュノーケリングスポットと言われ、海の透明度がとても高いきれいな場所です。中木港から渡し船で行くことができるので、ランの途中に渡し船に乗ってヒリゾ浜に行ってみるのも楽しいと思います。)(船に乗らなくても、往路でヒリゾ浜を上から眺めながら走ることができます。) 往路は山道に入らず、海沿いの大きい道路を走ると、愛逢岬というカップルに人気の絶景スポットやユウスゲ公園という絶景の見える公園を走ることができます。(愛逢岬を過ぎたあたりにヒリゾ浜があり、走りながらきれいな海を眺めることができます。)途中には南伊豆町ジオパークビジターセンターがあり、お手洗いに立ち寄ったり、自販機で飲み物を買うことができます。売店もあり、絶景を見ながらかき氷やソフトクリームを食べることもできます。

99

行きたい

4

行った

絶景の海浜公園・ラブラドール自然保護区
絶景の海浜公園・ラブラドール自然保護区
シンガポール(6.6km)
ロード,早朝,夕方,夜,往復

シンガポールの現地ランナーに「オススメのランニングコースはどこ?」と聞くと、必ず挙がってくるのがこのラブラドール自然保護区周辺のコースです。ラブラドール自然保護区は、シンガポール南部のリゾート地区であるセントーサ島の西の端の対岸に位置しています。 今回のコースには含めていませんが、ラブラドール自然保護区にはシンガポールがイギリス領であった頃の要塞の跡地もあり、歴史を感じる場所であるともに、素晴らしい自然と遊歩道が整備されています。 最初に自然保護区の公園内を走り、しばらくして海岸沿いに(写真2枚目)。ここからは絶景の夕陽が望めます(写真6〜8枚目)。しばらく道なりに走っていくと、1枚目の写真にある奇妙な形をした高級マンションである「リフレクションズ・アットケップルベイ」が見えてきます。 この地点からケップル湾沿いに遊歩道が整備されており(写真5,6枚目)、景観もよくランニングに最適なコースです。そのまま進んでいくと、リフレクションズ・アットケップルベイの真下を通過し、ケップル島の入り口の橋に差し掛かります(写真11枚目)。 そして、ケップル島を周回し、走ってきた道を戻るというコースです。このケップル湾沿いのラブラドール自然保護区のコースは朝でも夜でも多くのランナーを見かけることからシンガポールで人気のランニングコースといえるでしょう。

7

行きたい

3

行った

東に劣らない西のウエストコーストパーク
東に劣らない西のウエストコーストパーク
シンガポール(6.5km)
ロード,早朝,昼間,夕方,往復

シンガポールでロングランをするなら、東部のイーストコーストパーク(ECP)が最適です。 https://runtrip.jp/course/kaigai/1/1681 そのようなことからシンガポールを訪れたランナーでイーストコーストパークの名前を聞いたことのある人はちらほらいると思いますが、今回はシンガポール南西部にあるウエストコーストパーク(WCP)を紹介します。 ここの特徴は緑が多く、影も多くてコースどりも非常に多彩に取れることがあります。また西側には遊歩道があり、マクドナルドや大きな広場があり、様々な人が訪れる場所でもあります。 緑が多いことから野生の猿も現れますし、美しい花々も所々に咲いています。このコースではそのWCPを往復するコースで、ロングランとまではいきませんが、十分満足できるコースだと思います。 シンガポール 西部は、緑の多い場所が多いですが、その中でも整備されていて非常に走りやすいのがこのWCPです。ゴール地点の近くにはマクドナルドがあるので、水分補給をして綺麗な夕陽に備えましょう。

5

行きたい

1

行った

ビーチ + 遊歩道 = チャンギポイント・コースタルウォーク
ビーチ + 遊歩道 = チャンギポイント・コースタルウォーク
シンガポール(5.7km)
ロード,ビーチ,早朝,往復

シンガポールのビーチといえば、セントーサ島のパラワンビーチが有名ですが、チャンギ空港の近くのチャンギフェリーターミナル / チャンギビレッジホーカーセンターの近くには良いビーチと遊歩道があります。 そもそも、観光客がこの場所にくることはあるのか?そう思われた方もいるかもしれません。しかし、このチャンギフェリーターミナルからはシンガポールで唯一の手つかずの自然が残るウビン島にいける唯一の場所です。 さらい、チャンギビレッジホーカーはシンガポールのローカルフードを楽しむにはもってこいの場所です(私はマレー料理のナシ・レマッをここで食べました=写真10,11枚目)。 また、ここの近くにチャンギコーヴというオススメのホテルがあるので、帰国日のフライトがお昼などの場合はここに泊まって朝に走るなどオススメです。 このコースは人も少なく、ローカル感がありますがビーチに遊歩道と、走りたくなる要素満載です。最初は西側に向かって遊歩道を進み、恥まで行ったら折り返して、最後はチャンギビーチパークを走って帰ってきます。 走り終わったらぜひチャンギビレッジでローカルフードを楽しんでください。ここまではシンガポール東部からバスで気軽にくることができます。

5

行きたい

2

行った

ヘンテコ建造物を求めて走る・サザンリッジ4公園横断コース
ヘンテコ建造物を求めて走る・サザンリッジ4公園横断コース
シンガポール(9.2km)
ロード,トレイル,早朝,昼間,夕方,片道

毎年中国の大学とアジアナンバーワン大学の座を争っているシンガポール国立大(NUS)があるシンガポールのケントリッジには、ケントリッジパークがあり、そこから東に連なる3つの公園を経て、ハーバーフロント駅まで向かうコースです。西側から、 ① ケンントリッジパーク ② ホートパーク ③ テロックブランガヒルパーク ④ マウントフェーバーパーク この4つの公園を結ぶのがシンガポールのパークコネクターネットワーク(PCN)ですが、車通りもなく、信号もなく全てこの道を一本で行けるのは、ランナーにとって大変嬉しいことです。 このコースはサザンリッジといって、ローカルのランナーにとっても人気のコースですが、一つひねりを加えて、写真1枚目のヘンテコな建物を目指すコースとしました。 このヘンテコな建物ですが、インターレースコンドという名前の高級コンドミニアムです。場所は、地図上の☆のところ、② と ③の中央に位置し、このコースの中間点になります(必見!!!!!)。 その他オススメは②と③を結ぶ、アレクサンドラ・アーチ という橋からテロック・ブランガ・ヒルパークに向けて始まる遊歩道「フォーレストウォーク」です(写真6、7枚目)。 シンガポール全域でこのように緑の中に遊歩道を整備しているのを見かけますが、元々あった自然をこのような遊歩道とともに共存させることに成功したのが、シンガポールの成長を牽引したリークアンユーによる「ガーデンシティ」という都市緑化の戦略です。 2016年からは、「シティインアガーデン」という都市開発戦略に変わり、シンガポールという大きな庭園の中にこれらの公園が点在しており、それらを先述したPCNが繋いでいるとイメージが持てます。 そのようなことを感じながらハーバーフロント駅まで信号もなく一直線でフィニッシュです(ハーバーフロント駅の前には信号がありますが)。リラックスできること間違いなしのオススメのコースです。 ヘンダーソンウェーブや④については先に投稿しているこちらをご参照ください。 【マウントフェーバーからヘンダーソンウェーブへ】 https://runtrip.jp/course/kaigai/1/2626

10

行きたい

3

行った