カバー画像を変更

0%


プロフィール
  画像を変更

0%

変更を保存
キャンセル




フォロー

Kazuhiro Demura

何だかんだで2016年から走り始めて6年目。まだまだ伸びしろはあるかな~。

富山マラソン2018 ~ホスピタリティあふれる北陸のまち~
富山マラソン2018 ~ホスピタリティあふれる北陸のまち~
富山県高岡市(42.6km)
ロード,早朝,昼間,片道

13,000人が富山のまちを駆け抜ける富山マラソン。 人生で5回目のフルマラソンは、とても思い出深いRuntripでした。 富山マラソンの魅力はこの3つ。 ・走っていて楽しい道 ・沿道からの絶え間ない応援 ・地元色の強い充実したエイドステーション 「また富山で走りたい」 「またフルマラソンに挑戦しよう」 そう思わせてくれる素敵な大会です。 === スタートは高岡古城公園。 加賀百万石を築いた前田家初代藩主が建てたお城の跡地です。日本三大大仏の1つである高岡大仏の前を通ると、山町筋のレトロな街並みを楽しむことができます。高岡市街地に出たところで、ドラえもんデザインのLRT(次世代型路面電車)=ドラえもんトラムに出会いました。 高岡市街地を抜けて庄川沿いに、富山湾を目指して進むと、射水市に入ります。このエリアの目玉はもちろん新湊大橋なのですが、曳山(山車)の展示、充実のエイドステーション、沿道からの絶え間ない応援がランナーの背中を後押ししてくれます! 新湊大橋に差し掛かったところでちょうど中間点を通過。晴れていれば雄大な立山連峰が目の前に広がっているはずでしたが、今回はおあずけでした。 富山市街までの15kmほどの道のりは、長い折り返しと田園地帯を走るので辛抱が必要なエリアですが、すれ違う仲間とのハイタッチや沿道からの応援を力に前へ進みます! 富山北大橋を渡ればゴールは目前。 富岩運河環水公園手前の橋を渡ったらラストスパート!残り200mのところで仲間を見つけ、自己ベスト更新でFINISHすることができました。 === 私は今回、エントリー時にニックネームゼッケンのオプションを選択して走ったのですが、沿道から飛んでくる「あっきー!がんばれ~~」という温かい声援に、本当に後押しされました。友だちから応援されているような感覚になるので気持ちよく走ることができるし、辛いところも頑張れるので、ニックネームゼッケンはおすすめです。 豊かな自然、美味しい海の幸、温かい人たち。 三拍子そろった富山のまちを、ぜひ一度走りに行ってこられ~~!

24

行きたい

14

行った

木場潟
木場潟
石川県小松市(6.2km)
ロード,早朝,周回

景色がよくとても気に入っています。

22

行きたい

27

行った

大乗寺丘陵公園~険しい山道RUN!?【上級者向け】
大乗寺丘陵公園~険しい山道RUN!?【上級者向け】
石川県金沢市(10.6km)
ロード,早朝,昼間,片道

・大乗寺丘陵公園をスタートし約1キロ公園内の坂を上り公園をでます。 ・その後平栗方面へひたすら山道をやや下ってから上がります。上がりきったら窪町方面へ険しい道を下り基調で走り山側環状へ向かっていき大乗寺丘陵公園へ戻れるコースです。 ・山道なので車は軽トラ以外ほとんど通りませんがクマ鈴は必要です。私は過去2回コース上でニホンカモシカに遭遇しました。向かってきませんでした!! ・止まりたくなるような上りもありますのでメンタルと足を鍛えるにはもってこいのコースです。

50

行きたい

13

行った

鍛えるにはもってこい!峠走18Kコース
鍛えるにはもってこい!峠走18Kコース
石川県金沢市(8.9km)
ロード,早朝,昼間,夕方,往復

山側環状線からスタートし県道114号線をひたすら内川方面へ上ります。 内川ダムまでがほぼ上り基調で往路です。途中強烈な坂道が2か所ほどあります、ここを歩かずにしっかり全身を使って走りましょう。 内川ダムまで行ったらUターンで復路は来た道を戻ります。*自販機は途中数か所あります。 合計約18Kの峠走の完成です。ウルトラ、フルマラソン、トレイルの練習に良いでしょう。 こんな素晴らしいコースなのに土曜日でも走っている人はほとんどいません(笑)

50

行きたい

7

行った

金沢ランナー御用達!屋根のある道。
金沢ランナー御用達!屋根のある道。
石川県金沢市(2.4km)
ロード,早朝,昼間,夕方,夜,往復

卯辰山公園の真下に位置する卯辰トンネルです。 全長1.2km、もちろん全て屋根に覆われているため、雪が積もってしまう冬の時期や、荒天時のトレーニングポイントとして地元ランナーが利用しています。 このトンネルはランナーのためにあるのでは?と思うほど恵まれていて、天井まで伸びた壁は車道と歩道を隔てていて排気ガスもほとんど気になりません。また、路面や壁面には距離表示もありGPSが入りにくくてもペース感覚を失うことなく走れます。直線が続くため見通しもよく、自転車や歩行者が来てもすぐにわかります。 壁には稀に「ハンガー」がかかっていますが、これは地元ランナーが着替えをかけるために利用した忘れ物。訪れる際はマイハンガーを持ちこんでみては?

83

行きたい

22

行った