カバー画像を変更

0%


プロフィール
  画像を変更

0%

変更を保存
キャンセル




フォロー

R Ohgitani

【出張朝ラン】世界遺産!姫路城周回6kmラン
【出張朝ラン】世界遺産!姫路城周回6kmラン
兵庫県姫路市(5.9km)
ロード,早朝,周回

JR姫路駅を起点にした世界遺産・国宝の姫路城の周回ランです。

別名白鷺城の名前の通り漆喰の城壁が美しく、早朝から心洗われるランになること間違いなしです。
1周回の距離は短いので、テンション上がった方は、おかわり周回がオススメです。

31

行きたい

6

行った

大阪環状線1周・30kmシリアスランニングコース
大阪環状線1周・30kmシリアスランニングコース
大阪府大阪市中央区(30km)
ロード,早朝,昼間,周回

JR森ノ宮駅から反時計回りにJR大阪環状線を1周して19駅を巡る過程で、ユニバーサルスタジオジャパンに寄り道をする約30kmのシリアスランニングコースです。JR森ノ宮駅を北上して大阪城公園駅から京橋駅の間で橋を渡り、桜ノ宮駅から天満駅にかけても橋を渡ります。天満駅からは高層ビルを目がけて走ります。大阪駅を過ぎたら歩道にも人が少なくなり、走りやすくなります。

福島駅、野田駅、西九条駅と通過していくと、そのままJR大阪環状線どおりに進むのではなく、海の風を感じながら北港通をまっすぐ5kmほど走ります。USJまで到着すると、そこが中間地点です。

後半は大阪の下町の深みを感じることができます。弁天町駅、大正駅、芦原橋駅、今宮駅、新今宮駅と通過し、このあたりでは通天閣を横目に、前方には阿倍野ハルカスが見えてきます。天王寺駅までの上り坂を上れば、そこは天王寺駅と天王寺公園。ここでしっかり休憩をしましょう。

天王寺駅から寺田町駅、桃谷駅、鶴橋駅、玉造駅、ゴールの森ノ宮駅まではJR大阪環状線の線路に沿って北上できます。約30kmの長旅になりますが、ランニングの途中でもトイレやコンビニや飲食店など寄れるので気楽に走れます。もし疲れてしまったらそのままJR大阪環状線に乗ってワープも可能です。多くの中断を挟む30kmの長旅なので、複数回に分けてチャレンジするのもオススメです。

21

行きたい

2

行った

箱根駅伝5区からの温泉を年末に満喫するコース
箱根駅伝5区からの温泉を年末に満喫するコース
神奈川県足柄下郡箱根町(17km)
ロード,早朝,片道

箱根駅伝の5区を小田原中継所からではなく箱根湯本からスタートするコースです。つまり「箱根湯本」→「芦ノ湖」までの約18km。
おすすめは12/29〜12/31に走ること。1年の走り納めとしてひたすら15km近く高低差約800mを登りきる箱根駅伝5区のコースは走力が問われます。1年のトレーニングの成果を確認する場所として最適。そしてこの時期は芦ノ湖のゴール地点にすでに箱根駅伝のゴールを示すボード(3枚目の写真)が設置してあるのできつい登りを走りきった後に芦ノ湖まで疾走し、さながら箱根駅伝を実際にゴールする感覚が味わえます。
走り終わったら芦ノ湖周辺でのんびりるのもよし、おすすめはすぐにバスで湯本まで戻りロッカーに預けた荷物を回収して周辺の日帰り温泉で疲れた冷えた身体をあったかい温泉で癒すこと。1年の締めに、最高のコースですよ。

60

行きたい

10

行った

【40km】山手線1周ランニング
【40km】山手線1周ランニング
東京都渋谷区(37.4km)
ロード,早朝,昼間,夕方,周回

東京観光を自分の足で!東京のヘソを描くJR山手線の線路に沿って走るコースの紹介です。ぐるっとまわって距離はなんと約40km。
今回は1駅歩いて表参道駅近くの銭湯利用を想定して原宿駅発着(データは新宿で止まってしまいました...)
1周の総距離は長くても、一駅ずつの区間は長くて約2km(平均1.5km)なので、1駅ごとに体調を確認しながら安心して距離が踏めます。
信号で止まったり、坂道も程よくあり、じわじわ脚に負荷がかかります。LSD走のコースにピッタリです。気分は東京制覇!
SUICA1枚で改札もコンビニも利用可能!気軽にスタートできます。
街灯は多いですが住宅街や狭い歩道もあるので、夜の走行はおすすめしません。

197

行きたい

33

行った

東京湾岸一周RUN
東京湾岸一周RUN
東京都江東区(21.7km)
ロード,トレイル,ビーチ,昼間,周回

お台場、豊洲、月島、隅田川、築地、東京タワーと次々と景色が変わります。最後は、レインボーブリッジから、走ったところ全体を俯瞰できます。築地場外での立ち食いでおなかを満たし、芝公園ではトレイル気分も。走り終わった後は、大江戸温泉物語で、汗を流し水分補給ができます。

346

行きたい

28

行った

六甲山頂ロープウェイから六甲山頂経由して、魚屋道で有馬温泉
六甲山頂ロープウェイから六甲山頂経由して、魚屋道で有馬温泉
兵庫県神戸市灘区(10.2km)
トレイル,ロード,夕方,昼間,早朝,片道

六甲山ケーブル下から六甲山ケーブル上までケーブル、六甲ケーブル上には、ツバメの巣があちらこちらにあります。ツバメのヒナも見れます。阪急六甲駅前には、長谷川穂積さんのフィトネスクラブとジムがあります。長谷川穂積さんの大きな看板が目印。六甲山ケーブルの山頂から循環バスで、六甲山頂ロープウェイ有馬温泉方面まで行き、そこから県道通るか、六甲山全山縦走路の一部使用して、一軒茶屋まで行き、そこから、六甲山頂最高峰までは近いです。六甲山頂最高峰まで行き、一軒茶屋から有馬温泉に下る魚屋道で有馬温泉までは、4km、六甲山頂最高峰まで行ったらこの道で有馬温泉に下るのが初心者の人にはいいかもしれません。後極楽茶屋の脇道から有馬温泉方面に下る道もあります。どちらも4kmくらいです。有馬温泉に下ると杖捨て場と鳥池地獄があります。そのまま有馬温泉に下ってもいいですが、今回は、愛宕山公園、湯泉神社、温泉寺、豊臣秀吉の湯殿、銀の湯、炭酸源泉広場、雪国神社を散策しながら有馬温泉駅まで行きました。湯泉神社の子安堂の祠の中には、木で掘られた立派なあるものが奉られています。大黒天像が傍にあります。温泉寺、湯殿周辺も豊臣秀吉公の墓と言うか塚があります。北の政所の堂などもあります。ここから銀の湯は近く、寺町周辺にちなんだ色々な鬼瓦があります。銀の湯の近くには、炭酸源泉広場や雪国神社があります。炭酸源泉広場では、炭酸が湧いており、炭酸水も直に飲める場所と堂があります。有馬温泉駅前には、有馬温泉に来ると必ず寄る吉高屋と言うおみやげ店があります。みかた残酷マラソン大会の最後のトレーニングは、必ず有馬温泉の金の湯に立ち寄ります。

19

行きたい

3

行った

神戸の港を駆け巡れ!
神戸の港を駆け巡れ!
兵庫県神戸市中央区(31km)
ロード,ビーチ,早朝,昼間,周回

神戸の港文化を満喫出来るコースです。

拠点となる銭湯からポートタワー往復コースは10k。
銭湯から神戸空港往復コースは17k。
両方を廻る欲張りコースは総距離27kと、満足度に合わせて選べるコースとなっています♪

ポートタワーは言わずと知れた観光スポット、大型フェリーや観覧車、毎週末行われるイベントなど、神戸の賑わいを感じながらも走りやすい広くフラットな道を楽しめます。
夜は街灯やライトアップが神戸港をロマンチックに映し出します。
ランニングデートを楽しんでみては❤︎

一転、神戸空港へは大きな橋をいくつか渡り、海をまたぎます。
起伏が激しくタフなコースの上、海からの風も加わります!
しかしそれを越えるとプライベートビーチが!!!
疲れも癒されるほどの美しいビーチで休憩した後は、、、
再び橋を越えて帰路につきましょう(笑)

途中、整備された大きな芝生の公園があり、外周にはタータンが引かれています。
ココではタータンを使った練習や芝生でのジョギングなども可能です。

終始景色の良いコースです。
晴れた日はオススメですよ!

77

行きたい

16

行った

歴史を感じるランナーの道。砧公園クロカンコース
歴史を感じるランナーの道。砧公園クロカンコース
東京都世田谷区(1.5km)
トレイル,早朝,昼間,夕方,周回

「砧」と書いて「きぬた」と読みます。東京都世田谷区にある都立砧公園。
都立のゴルフ場として運営されていましたが、「より多くの都民のレクリエーションの欲求にこたえるのが緑地本来の姿である」という意見が多数を占め、ファミリーパークが整備され、現在のような公園になったそう。
元ゴルフ場ということもあり、芝生や木道に適度な起伏があるため多くのランナーさんから愛されています。
四季を感じられる砧公園。春は桜、秋は紅葉が綺麗ですし、真夏でも木陰は涼しく感じられ走りやすいです。公園の外周は約3kmほどですが、不整地を走るクロスカントリーコースでトレーニングしたい方は1周1.5kmの内周コースがオススメ。適度な起伏に芝生や木道を走り自然と体幹、腸腰筋(ちょうようきん)も鍛えられますね!
あ、木の根っこもあるので、捻挫にはくれぐれもお気をつけください!

実業団・学生・市民ランナーと老若男女幅広い世代のランナーさんが自然の中を気持ち良く駆け抜け爽やかに汗を流されています。(※公園内での大人数による集団でのスポーツを禁止しているため、少人数で走ったり個人でトレーニングされています。)
数多くのランナーさんが黙々と何十年も走り続けることで、芝生の上に細い小道ができています。この「ランナーの道」に沿って走ると初めてでも迷わず走れますよ!
中学生の頃初めて砧公園に訪れた際に、陸上部顧問の先生から「ランナーの道」が出来た由来を聞き驚きました。それから約18年経ちましたが、今も脈々と受け継がれる・走り継がれる「ランナーの道」に、歴史の重みと未来を想像します。
この道から数多くの箱根ランナーや日本代表選手も生まれましたし、きっとこの先も世界に羽ばたくランナーが生まれるでしょう!

駒澤大学陸上部時代、私はマネージャーとしてタイム計測や給水に明け暮れ、監督からたくさん叱られた思い出の場所でもあります・・・。そのせいか、砧公園にいるだけで今も少し心拍数が上がります(笑)
大学では朝練習で砧公園の外周を走ったり、週に1度クロカントレーニングを入れたり、各自でジョギングの日にも砧公園を走ったり。
駒澤大学が箱根駅伝で毎年上位争いする理由の1つに砧公園の存在も欠かせないとのことです。(と、大八木弘明監督がおっしゃっていました)
ちなみに、内周1.5kmのほかに、サイクリングロードが1周1.667kmです。3周するとほとんど5km(5.001km)です。
駒澤大学時代はこの誤差1メートルまで計測していました(笑)

こちらも適度な起伏があり、何周も走るとボディブローのように地味にキツイコースです。雨の日や地面がぬかるんでいるときはこちらがオススメです。

120

行きたい

56

行った