カバー画像を変更

0%


プロフィール
  画像を変更

0%

変更を保存
キャンセル




フォロー

Aki

ラン歴5年、年間距離405、822、1206、1478、2100km。一昨年まで年間フライト100回前後の中出張先でもラントリップ。JFA公認C級コーチで少年サッカークラブの代表25年。ラン始めたのはSGに行って週末サッカーできなかったから。2020年5月本帰国、7月から自由人(なぜか名刺9枚)

2021/1 実質初のフル完走でSUB4(3:55:06)
2021/2 ハーフはSub100(99:49)
(いずれもプライベート)

運営管理人やってるランコミ
①RidgeRunnersJapan(皇居中心に平日夜)
②たまラン(月一回程度、埼玉県内でファンラン)
③UnitedOnlineRun(日本各地、SG、ID複数都市仲間とオンラインチャットラン、月2回実施)
④日光街道旅ラン(区分けして旅ラン)

所属するランコミ
⑤M‘sConnection(月一回北関東でおしゃべりラン)
⑥RidgeRunners(シンガポール最大)
⑦JetRunners (JETRO元SG所長主催)
⑧山本モナス(CRAZYなJKTの日本人G)

シェムリアップ ランニング
シェムリアップ ランニング
カンボジア スベイ・ダンカム(30.7km)
ロード,早朝,往復

ホコリポイですが、平坦で森も多く思ったより走り易いコースでした。 声援を受け励まれることもあり、楽しく遺跡巡りをしながら、ゆっくり走りる事が出来ました。 夜は真っ暗なので、朝から午前中がお勧めです。

1

行きたい

1

行った

ホーチミン市ど真ん中の公園周遊コース
ホーチミン市ど真ん中の公園周遊コース
Ben Thanh, District 1, Ho Chi Minh City, ベトナム(1.1km)
トレイル,夕方,周回

木が生い茂っていて日差しを遮るのでそこまで暑くはないです。でも南国だから暑いは暑い。。。

0

行きたい

1

行った

南アルプス縦走コース
南アルプス縦走コース
長野県下伊那郡大鹿村(97.6km)
トレイル,夜,夕方,昼間,早朝,片道

全体的によく整備されていて、ペンキや、マークがあるので迷うリスクの高い場所は無し。 茶臼岳登山口にある吊り橋は、高所恐怖症の人には大変辛いです。覚悟が必要です。 ◼️鳥倉登山口ー三伏峠 ゲートから登山口までは3㎞程の林道歩き。登山口から峠まで10分割した標識が出てくるので、峠に到着する目安の時間が掴みやすい。危険箇所なし。 ◼️三伏峠ー塩見岳 塩見小屋までは緩やかなコースで歩きやすい。塩見小屋を超えると、岩をよじ登るようなコースになる。ペンキが沢山付いていて迷うことはない。 ◼️三伏峠ー高山裏避難小屋 稜線歩きなので、風が強い時は、防寒対策が必要。 ◼️高山裏避難小屋ー悪沢岳 前岳までの急登がややキツい。途中トラバース道がわかりにくい箇所あり。その後の岩ゴロゴロを登るのが大変。前岳から悪沢岳までは気持ちの良い稜線歩き。風強い時は注意。 ◼️悪沢岳ー赤石岳 荒川小屋手前のお花畑は素晴らしかった。赤石岳も登りやすくて大変なところはない。 ◼️赤石岳ー百間洞山の家 赤石岳からどんどん高度を下げて百間洞まで。振り返ると赤石岳が見え、先には聖岳が見える。 ◼️百間洞山の家ー聖岳 中盛丸山までの登り返しが堪える。小兎、兎のピークを経て聖まで。疲れたので奥聖はパスしてしまった。 この区間で、クマを目撃しました。登山道から少し離れたところに一頭だけいて、声を出すと、その場を去って行きました。 ◼️聖岳ー聖平 これまたどんどん高度を下げる。歩きにくいところは無し。降りれば今日はお終いなので、自然とペースが上がる。 ◼️聖平ー茶臼小屋下降点 南岳までの登りはややキツいが、そのあとは歩きやすい稜線歩き。通った時は夜明け前で景色みれなかったのが残念。 ◼️茶臼小屋下降点ー光岳 茶臼岳を超え、三吉平までは緩やかなアップダウンで気持ちよく走れる。その後の静高平までの岩ゴロゴロを登るのは大変。静高平から光岳までは、また緩やかになり気持ちよく走れる。快適な区間だ。 ◼️茶臼小屋下降点ー畑薙第一ダム 今回の日程での最難関ルートだった。茶臼小屋からの下りは急降下で足にくる。横窪沢小屋の先、ルートが分かりにくい。テープを探しながら歩く。沢沿いは、何度か橋を渡るが吊り橋壊れてて、仮の橋がいくつかある。 最後のヤレヤレ峠に向けての登りは、「なんで下山なのにこんなに登らすんだよ!」と悪態つきたくなるほどの登り。そして最後の吊り橋。これ、本当に怖い。高所恐怖症の人はこのルート選ばないでください。

4

行きたい

1

行った

室堂からの立山往復トレイル
室堂からの立山往復トレイル
富山県中新川郡立山町(6.5km)
トレイル,昼間,往復

扇沢駐車場に車を停められます。 無料駐車場が満車の場合は、有料(1000円/日)に停める。 扇沢からは、 トロリーバス、ケーブルカー、ロープウェイ、トロリーバスを乗り継ぎ室堂まで。 7時30分の始発に乗ると、室堂着は8時55分。 扇沢0730-0746黒部ダム0815-0820黒部平0835-0842大観峰0845-0855室堂 帰りは同じルートを逆に。14時30分室堂発 を目標にすると、行動時間は、5時間30分ほど。 15時50分扇沢着。 乗り物の乗り継ぎごとに、おみやげ屋、食事処、展望スペースがあり、待ち時間も楽しく過ごせる。 ■ルート情報 室堂から一ノ越までは、散歩道を軽快に走れます。天気良いととても快適!テンションが上がる! 一ノ越からの登りは、息がすぐに上がる。勾配が急で、標高2700mを超えていて空気が薄いからだろう。ちょっと頑張ると、雄山に登頂。 雄山神社は10月に入るとクローズする。 15分の間に大汝山まで往復できます。

6

行きたい

2

行った

シンガポール ウェストコーストラン+サザンリッヂ
シンガポール ウェストコーストラン+サザンリッヂ
シンガポール(18.9km)
ロード,トレイル,早朝,夕方,夜,片道

あまり走らないコースを探したら、イーストコーストの反対に ウェストコーストに公園を見つけたのでシティまでRUN 最初はIMMというアウトレットモールを探索してそこから スタートしました。 イーストより面白いコースができました。 イーストは海岸線をまっすぐですが、海岸線と小高いトレイルコースをつないで走ることができるので変化に富んで満足できました。 最後はクラークキー到着です。スタートゴールはMRTで移動しました。 フィニッシュ後は着替えが必要ですね。 (写真のLOVEは場所ド忘れでついでに載せました。同じルートだと見つからないと思います。オーチャードくらいだったかな?)

2

行きたい

2

行った

シンガポール・大晦日の花火とカウントダウン
シンガポール・大晦日の花火とカウントダウン
シンガポール(4.8km)
ロード,夜,片道

【コース動画】 https://www.instagram.com/p/B6xYx_yhIEj/ シンガポールのマリーナベイでは、2018-2019年の年越しから花火の年越しイベントが初開催されました。これは日本のエイベックス・エンタテインメントが日本発の花火ショー「STAR ISLAND」として海外に輸出しているコンテンツです。 2019-2020の今回はF1の観覧席に2万人を動員し(チケット完売)、周辺に約50万人を動員。そのようなエンターテイメントに便乗して、夜22時ぐらい走りながら花火を見るという片道コースです(大晦日のスペシャルコースです)。 タンジョンルー・プロムナードをスタートして(MRTスタジアム駅から行くとアクセスできます)、大きな橋の右側にマリーナ・ベイ・サンズやシンガポールフライヤー(観覧車)が見えればそこはローカルランナーや、レンタサイクルを楽しむ観光客に人気の夜景の綺麗なエリア。 花火は22時40分ごろから上がり始めるので、その頃に行くと良いでしょう。ここではまだマリーナベイ周辺に比べれば人も少ないです(写真5枚目)。 このガーデンズ・バイザ・ベイ・イーストのエリアから南に進み、マリーナ・バラージへ。ここは地上3Fほどの高さの芝生の大広場からマリーナベイを見ることができるので、大晦日の夜は大人気のエリア(写真7枚目)。 最後はガーデンズバイザベイから綺麗な花火を見ながら、マリーナベイに突入。人がかなり多いのですが(入場規制有り)、年越しのカウントダウンはここで過ごしました。 もちろん最高でした!! 1年で1日だけのスペシャルコースです。

5

行きたい

2

行った

ヘンダーソンからラブラドールへ
ヘンダーソンからラブラドールへ
シンガポール(8.3km)
ロード,早朝,昼間,片道

【コース動画】 https://www.instagram.com/p/B6yKbn0BUtj/ このコースは以下の3つのコースのいいとこ取りをしたコースです。 ヘンテコ建造物を求めて走る・サザンリッジ4公園横断コース https://runtrip.jp/course/kaigai/1/5733 マウントフェーバーからヘンダーソンウェーブへ https://runtrip.jp/course/kaigai/1/2626 絶景の海浜公園・ラブラドール自然保護区 https://runtrip.jp/course/kaigai/1/5721 順番は以下です。 ① The Interlace Condo ② Henderson Waves ③ Mount Faber Park ④ Labrador Nature Reserve ⑤ HarbourFront 前半はジャングルの中を走っている気分に、ヘンダーソンウェーブや、マウントフェーバーパークからは良い景色を楽しめます。ラブラドール自然保護区では海沿いの景色を楽しみながら走ることができ、近くの遊歩道ではジャングルの中に猿を見つけることもできます。

3

行きたい

2

行った

シンガポールの皇居的周回コース・マクリッチトレイル
シンガポールの皇居的周回コース・マクリッチトレイル
シンガポール(10.8km)
トレイル,早朝,昼間,周回

【コース動画】 https://www.instagram.com/p/B6rIRByhwE9/ 【コース詳細】 https://runtrip.jp/course/kaigai/1/1683 観光で初めてシンガポールに来た人はマリーナベイやクラークキー、セントーサ島を走ると思いますが、このマクリッチトレイルこそが真のシンガポールナンバーワンのランニングスポットだと思っています。詳しくは動画↑とコース詳細のテキストをご覧ください。 植生が違うので当然なのですが、ここのジャングル感はまず日本にはないです。土日は人が多いですが、平日は割と空いています。

5

行きたい

2

行った