カバー画像を変更

0%


プロフィール
  画像を変更

0%

変更を保存
キャンセル




フォロー

Kousei Takesita

新緑の高水三山へ
新緑の高水三山へ
東京都青梅市(8.8km)
トレイル,早朝,片道

JR青梅線軍畑駅を起点に御嶽駅まで。奥多摩定番コースで新緑のトレイルを楽しみましょう!

171

行きたい

17

行った

このコースは削除されました

水元公園1周コース
水元公園1周コース
東京都葛飾区(6km)
ロード,トレイル,早朝,昼間,周回

ここ本当に東京か?というくらいに自然一杯の水元公園。 池や雑木林、季節で表情を変える花壇や広場など、日ごろの疲れを癒しながら走るにはもってこいです。 近隣住民も多いのでスピード練習には向きませんが、せっかくの自然一杯のコース、ゆったり走ってみてはどうでしょうか? また、コースによっては起伏が激しくなるので、市街地にいながらトレイルランの気分が味わえるのも好ポイント。

53

行きたい

15

行った

【絶景トレイル】空前孤島の超絶起伏!青ヶ島ジャングルラン
【絶景トレイル】空前孤島の超絶起伏!青ヶ島ジャングルラン
東京都青ヶ島村(6.9km)
ロード,トレイル,早朝,昼間,往復

羽田から358㎞、八丈島を経由して向かう、東京都青ヶ島村無番地。 3000年の時を経た今も力強くその存在感を残す、世界的に珍しい2重カルデラの麓。山肌からは地熱の蒸気が上がり、鬼ヶ島のモデルだったということが納得です。 茂みに1歩足を踏み入れるとまるでジュラシックパークな世界観、舗装路だってアップダウン120%の鬼坂。 息絶え絶えになりながら、それでも景色はどこからでも絶景です。 これぞ日本美。目と心と脚を飽きさせない、秘境RunTrip! 決して簡単なスケジュールではないけれど、9席限定ヘリコプターの予約さえ取れば、それは一気に現実の旅に。 朝7:30の羽田発八丈島行きに乗って、東京からおおよそ2時間。 絶景孤島の青ヶ島、そこで待ってるのは人情味たっぷりのお母さんが営む民宿と 走っても走っても追いかけてくる壮大な自然が自らどっしり腰を据えて、ランナーを待ってくれています。

62

行きたい

0

行った

このコースは削除されました

野川(四季を感じる)ロード/トレイルコース
野川(四季を感じる)ロード/トレイルコース
東京都調布市(3.2km)
トレイル,ロード,昼間,早朝,往復

川沿いの四季を感じる、自然豊かなコース。 ロードも川沿いトレイルも気分で選べるのが 嬉しいんです。 途中の武蔵野市場では、 深の水という湧水が無料で飲めます! 休憩にオススメです。 勿論市場ですから新鮮野菜やお肉、お魚など 色々手に入ります! 春には夜桜ライトアップイベントもあるんです。 とにかく川沿いの自然が素晴らしいのです。 クルマやバイクも来ないので安全です。 ゴールにしている 美味しいお惣菜カフェ たつみさんは 手作りの優しい味のお惣菜やお弁当が 景色の気持ちEテラスで 楽しめます! 是非!

54

行きたい

10

行った

高尾山「自然」を感じるよくばりコース!最短・初級編
高尾山「自然」を感じるよくばりコース!最短・初級編
東京都八王子市(7.5km)
トレイル,早朝,周回

様々なコースがある高尾山。「トレイルを楽しみたい」と思って行ったのに山頂までロードばっかりだった……。となってしまう方もいらっしゃるかもしれません。ですが!今回ご紹介するこのコースは緑いっぱいのトレイルコースで、登りの6号路では川や滝も楽しむことができます。下りの稲荷山コースでも自然を楽しむことができるよくばりコースです。初心者の方にトレイルっていいな、と思っていただけるよう、距離も短めに設定してあります。 お手洗いはスタートの高尾山口駅と山頂にもあります。売店も駅前と山頂の両方にあります。 山頂の山小屋では夏はアイス、冬はうどんやおしるこを楽しむこともできます。 高尾山は日本一ハイカーの多い山です。ハイカー優先のルールを守り、すれ違うときにはあいさつをしましょう。 休日でも早朝は人が少ないので、しっかり走りたいという方には早朝トレランをおすすめします。

174

行きたい

27

行った

森の空気と多様な“足裏感”が楽しめる林試の森公園
森の空気と多様な“足裏感”が楽しめる林試の森公園
東京都品川区(1.5km)
ロード,トレイル,早朝,昼間,夕方,周回

私のお気に入りランニングスポットの1つ、東京都目黒区にある「林試の森公園」です。 もともと林業試験場だったこの場所には、当時の樹木が今もそのまま残されており、かなり大きなケヤキやクスノキなどがあります。園内はこうした巨木に囲まれていますので、走るルートはほとんどが木陰。日焼けの心配もないので、女性にとっても嬉しいポイントと言えそうです。また、夏場はこうした場所を選んで走ることが熱中症対策でも重要です。 初めてここを訪れたのは4年ほど前になるでしょうか。妻との出会いがなければ、いまだにここを知らなかったかもしれません。 公園に足を踏み入れた時の最初の感想は、「空気が違う」でした。 敷地をまたいだ瞬間に、木のエネルギーのようなものを感じました。まるで軽井沢に降り立った時のような、あの感覚です。そこに一枚ドアがあるんじゃないかというくらい、敷地の中と外で空気が異なったのを今でも覚えています。特に夏場はその違いをより感じやすいかもしれません。 最近では森林浴が人の体に好影響を与えることが科学的にも示されておりますが、都内にこれだけの森林浴が楽しめる場所があるというのは、とても贅沢なことです。 林試の森公園のもう1つのおすすめポイントは「足裏感」です。 1周1.6kmくらいのコンパクトな周回の中に、なんちゃってトレイルのように小さな登り・下りや、階段などがあります。こうした場所で、私は自分の「足の裏の感覚」を確かめながら走っています。 ランナーにとって、路面の選択は重要です。日本人ランナーは多くの方がアスファルトの上を走りますが、土を楽しむトレイル、芝生の上を走るクロカン、海沿いのウッドデッキや、グラウンドのタータンなど、様々な路面を走って、足裏感を確認してみるといいでしょう。 中でも、最も足の裏に優しいのが「ウッドチップ」です。 林試の森公園の西側部分には、ふわふわでとても気持ちの良いウッドチップがあります。これまでの経験にないほどの柔らかさで、一時期とてもハマっていました。普通、ウッドチップは固められている(転圧されている)ケースが多いですが、ここはされておらず、人工的な感じは一切しません。   また、公園内は1周してもそれほど距離がなく、人も少ないので初心者の方にもおすすめです。私はよく園内を「8の字」に回りますが、もし前に人がいたら小道に入って違うルートをいけばいいですし、みんなオリジナルの道を作りながらマイコースを楽しんでいます。 ぜひ、みなさんも自分だけの「足裏感」を楽しめるルートを作りながら、森のエネルギーを感じてみてはいかがでしょうか?

239

行きたい

49

行った