カバー画像を変更

0%


プロフィール
  画像を変更

0%

変更を保存
キャンセル




フォロー

SKY RUNTRIP

『SKY RUNTRIP』は
ANA×ASICSと食べログとラントリップとの共同アカウントです。

旅先で走ることが大好きなランナーのために開発したオススメのランニングコースをご紹介。あなたも、走ることで見つかる地域の魅力をぜひ満喫してみませんか?

多摩川リバーサイド二子玉川緑地往復コース
多摩川リバーサイド二子玉川緑地往復コース
東京都世田谷区(5km)
ロード,早朝,昼間,夕方,往復

都心にありながら、広い空とまっすぐに伸びる道を楽しめる二子玉川公園発着の河川敷コース。二子玉川公園をスタートして多摩川のリバーサイドコースへ出てます。 多摩川の水面や野球少年たちの姿、行き交うサイクリストやランナーの姿を眺めながらのんびりとジョギングしてもいいですし、少しペースをあげたトレーニングにも使えるコースです。天気の良い日にはより気持ちよく走れ、雨の日は緑地の芝生のエリアを避けてコースどりすることをおすすめします。

0

行きたい

0

行った

館山シーサイド往復5kmコース
館山シーサイド往復5kmコース
千葉県館山市(5.1km)
ロード,早朝,夕方,往復

南スペインの町並みをイメージさせる、館山の往復5kmのシーサイドコースです。ランニングステーションとして利用できるカフェのSEA DAYS前をスタートし、まずは南に進んで館山夕日桟橋を目指します。桟橋からは文字通り夕日を綺麗に眺めることができますが、橋の真ん中にはウミホタルの「ブルーフレイム」のモニュメントがあり、この場所は恋愛成就スポットとして知られています。 ここで折り返して、次は北に向かいます。SEA DAYS前を通過して館山大橋の手前で折り返してSEA DAYSに戻ればちょうど5kmとなります。信号が1度もないので、ストレスなくシーサイドランを楽しむことができ、2往復すれば10kmと、距離の調節も簡単できるコースです。 こちらは、ASICSとANA共同で開発した、旅好きランナーにおくるランニングコースです。あなたも、走ることで見つかる地域の魅力をぜひ満喫してみませんか? 詳細は下記URLをチェック! https://tabelog.com/tieup/main/ana_SkyRuntrip/

3

行きたい

2

行った

霧の街・釧路リバーサイド往復コース
霧の街・釧路リバーサイド往復コース
北海道釧路市(7.5km)
ロード,早朝,夜,往復

霧が多いことで知られ、「日本のロンドン」といわれる北海道の釧路。釧路駅前をスタートして幣舞橋方面に進み、橋の脇から釧路川沿いの両岸を走るリバーサイドコースです。ここで良い汗をかいたら、その後は釧路の海の幸を堪能できること間違いなし。 釧路川沿いの道は道幅が広くて走りやすく、信号もないので何往復でもできそうな道です。そして、オススメは鮮やかなネオンが綺麗なナイトラン。釧路川沿いや幣舞橋などが一気に華やかになり、ワクワクするような気持ちにさせてくれることでしょう。 こちらは、ASICSとANA共同で開発した、旅好きランナーにおくるランニングコースです。あなたも、走ることで見つかる地域の魅力をぜひ満喫してみませんか? 詳細は下記URLをチェック! https://tabelog.com/tieup/main/ana_SkyRuntrip/

3

行きたい

1

行った

霧多布岬と霧多布湿原往復20kmコース
霧多布岬と霧多布湿原往復20kmコース
北海道厚岸郡浜中町(20km)
ロード,昼間,夕方,往復

ルパン三世の生みの親、漫画家のモンキー・パンチ氏の故郷として知られる北海道浜中町には、鮮やかな海辺が楽しめる霧多布岬や、多くの花や野鳥が観察できる霧多布湿原など自然豊かな場所が多くあります。また、スタート地点の「ルパン三世通り」には、登場人物にちなんだ看板を掲げた仮想店舗の「JIGEN’S BAR」や「PUB FUJIKO」があり、多くのルパンファンがこの地を訪れます。 スタート地点から東に行けば海を眺められる霧多布岬に、西に行けば湿原を眺められる琵琶瀬木道に行くことができ、どちらもスタート地点から往復で10kmほど。海コース、湿原コースとどちらか片方だけでもOKですが、どちらも行けば20kmの往復コースとなります。 こちらは、ASICSとANA共同で開発した、旅好きランナーにおくるランニングコースです。あなたも、走ることで見つかる地域の魅力をぜひ満喫してみませんか? 詳細は下記URLをチェック! https://tabelog.com/tieup/main/ana_SkyRuntrip/

0

行きたい

0

行った

開陽台〜ミルクロード満喫10kmコース
開陽台〜ミルクロード満喫10kmコース
北海道標津郡中標津町(10km)
ロード,早朝,昼間,夕方,往復

道東の中標津町の観光地である開陽台は、標高270mからの大パノラマが楽しめる展望台。北海道遺産の「根釧台地の格子状防風林」や、広大な牧草地を眺めることができます。その開陽台をスタートして、開陽台牧場脇の遊歩道を下っていきますが、牧場の近くともあり多くの牛に見惚れてしまうことでしょう。 その後、北海道らしい直線道路のミルクロードを走ります。牛乳を出荷するタンクローリーが走行する、ということで名付けられた道ですが、牛を見た後なら尚更その名前にも納得するはずです。自然豊かな道を走った最後には、開陽台への上りが続きますが、牛のようにのんびりと歩いて上るといいでしょう。 こちらは、ASICSとANA共同で開発した、旅好きランナーにおくるランニングコースです。あなたも、走ることで見つかる地域の魅力をぜひ満喫してみませんか? 詳細は下記URLをチェック! https://tabelog.com/tieup/main/ana_SkyRuntrip/

6

行きたい

0

行った

哀愁の道・この世の果ての「トドワラ」コース
哀愁の道・この世の果ての「トドワラ」コース
北海道野付郡別海町(11.1km)
ロード,夕方,往復

北海道別海町の野付半島は、砂嘴(さし)というくちばし型の地形で、 日本の秘境100選に選出されています。特に、海水に浸食されたトドマツが立ち枯れたトドワラの一帯は「この世の果て」と呼ばれ、野付半島ネイチャーセンター先の木道は、哀愁を感じる道といえます。 現在も浸食が進んでいるこの場所は、いずれは海に沈んでしまう可能性もあるとされていますが、ここでは、エゾシカの群れ、キタキツネ、オジロワシ、タンチョウ(鶴)、ゴマフアザラシ、ウミネコの群れなど多くの野生動物を見かけることも。最果ての景色が見たい人にはオススメの場所です。 こちらは、ASICSとANA共同で開発した、旅好きランナーにおくるランニングコースです。あなたも、走ることで見つかる地域の魅力をぜひ満喫してみませんか? 詳細は下記URLをチェック! https://tabelog.com/tieup/main/ana_SkyRuntrip/

0

行きたい

0

行った

知床斜里の「天に続く道」コース
知床斜里の「天に続く道」コース
北海道斜里郡斜里町(24.9km)
ロード,早朝,昼間,往復

世界自然遺産・知床で有名な北海道斜里町には、全長28.1kmの「天に続く道」があり、道の先が天まで続いているように見えるので、その名がつけられました。このコースでは知床斜里駅をスタートして、天に続く道のスタート地点で折り返して、天に続く道を走りながら知床斜里駅に戻るロングコースです。 前半は天に続く道ではなく、海側の平坦な直線道路でのどかな田園風景と、南側に見える斜里岳を楽しみます。そして、天に続く道のスタート地点まで行けば、後はその道を進むだけ。さすがに28.1m全ては長いので、知床斜里のスタート地点の近くで右折。北海道らしい実にシンプルな走りがいがあるコースです。 こちらは、ASICSとANA共同で開発した、旅好きランナーにおくるランニングコースです。あなたも、走ることで見つかる地域の魅力をぜひ満喫してみませんか? 詳細は下記URLをチェック! https://tabelog.com/tieup/main/ana_SkyRuntrip/

0

行きたい

0

行った

来運の水と清里「パノラマの丘」コース
来運の水と清里「パノラマの丘」コース
北海道斜里郡清里町(14.3km)
ロード,早朝,昼間,往復

「日本で最も美しい村」連合に加盟している北海道清里町。全国農村景観100選にも選ばれている自然豊かな景色を楽しむコースです。その見所は、オホーツク富士とも言われる日本百名山の斜里岳を眺められるコース中盤。そして、高台からはオホーツク海や知床連山を眺めることもできます。 コース終盤を前にして、隣町の斜里町の来運神社にも足を伸ばしてみます。斜里岳の雪が伏流水となりこの地から湧き出すのが来運の水。漢字のごとく、その水を飲むと願い事が叶うということから、道東のパワースポットとして知られています。来運の水は、このコースのゴールに向けて最高の給水となることでしょう。 こちらは、ASICSとANA共同で開発した、旅好きランナーにおくるランニングコースです。あなたも、走ることで見つかる地域の魅力をぜひ満喫してみませんか? 詳細は下記URLをチェック! https://tabelog.com/tieup/main/ana_SkyRuntrip/

2

行きたい

0

行った

かみふらの八景「ジェットコースターの路」コース
かみふらの八景「ジェットコースターの路」コース
北海道上川郡美瑛町(22.4km)
ロード,早朝,昼間,往復

かみふらの八景の1つである「ジェットコースターの路」は、2.5kmの間に緩急のあるアップダウンが続くまさにジェットコースターのような直線です。また、この辺りからは、東南側に十勝連峰を眺められ、近くの深谷峠では7月にラベンダーが見頃を迎えます。 美馬牛駅→ジェットコースターの路→深山峠→四季彩の丘→拓真館→クリスマスツリーの木→かんのファーム→美馬牛駅とアップダウンの激しいコースを巡りますが、どの季節であっても素晴らしい景色と出会えることでしょう。コースの後半では、拓真館の白樺回廊、その後のクリスマスツリーの木なども印象的な場所なので、飽きがこないコースといえます。 こちらは、ASICSとANA共同で開発した、旅好きランナーにおくるランニングコースです。あなたも、走ることで見つかる地域の魅力をぜひ満喫してみませんか? 詳細は下記URLをチェック! https://tabelog.com/tieup/main/ana_SkyRuntrip/

0

行きたい

0

行った