カバー画像を変更

0%


プロフィール
  画像を変更

0%

変更を保存
キャンセル




フォロー

しま。

めがね橋とトンネルで歴史と紅葉を感じる「アプトの道」
めがね橋とトンネルで歴史と紅葉を感じる「アプトの道」
群馬県安中市(12.5km)
ロード,早朝,昼間,往復

群馬県安中市松井田町横川から軽井沢方面へ向かう碓氷峠には、かつてのアプト式の鉄道が名を馳せた明治26年(1893年)からの趣が残っている。昔から交通の要衝として知られてきた碓氷峠に「鉄道」を開通させることは悲願であったが、技術改良を重ねて時代の流れとともにやがてその姿を消すこととなった。 それらの線路跡と多くのトンネルは、現在「アプトの道」というJR信越本線横川駅〜旧熊ノ平駅までの片道6kmほどの遊歩道に姿を変えた。多くの観光客がここを訪れるが、近年では紅葉の時期に碓氷峠でハーフマラソンが開催され、ランナーにとっても馴染みのある場所となった(大会はアプトの道ではなく中山道を走る)。 本コースはアプトの道での紅葉の様子と、かつての鉄道の歴史を走りながら感じることのできる素晴らしいコースである。碓氷峠の11月の気候は晩秋らしくひんやりと気持ち良い。途中には、晴れの日には美しく輝く水面と彩りのある紅葉が見れる碓氷湖、そしてレンガ作りの雄大なめがね橋をみることができる。 旧熊ノ平駅までの合計10つものトンネルではひんやりとした空気感がまた心地よく、そこを走り抜けることでその土地に対してまた違った感じ方ができる。このコースは6kmほどの道を走ったあとに、熊ノ平駅で折り返してからはスタート地点まで全て下り勾配の道となるので、碓氷峠が日本では珍しい「片峠」であることを実感できる。 天候、陽の当たる角度や時間帯によってもそうであるが、この道は行きとはまた違った景色が帰り道にはある。変わりゆく景色の素晴らしさを体感し、リフレッシュした自らの心身の変化を感じながらゴールを目指して駆け下りると、昨日までになかったポジティブな自分と出会うことができるだろう。

56

行きたい

14

行った

水上藤原湖畔を走る(一部藤原湖マラソンコース)
水上藤原湖畔を走る(一部藤原湖マラソンコース)
群馬県利根郡みなかみ町(13.9km)
ロード,早朝,昼間,往復

梅雨入りの水上に観光ランに行ってまいりました。 気温15℃、少々ウェット。 コースは公園駐車場から、藤原湖湖畔を右手に見ながら奥利根ゆけむり街道を道なりに藤原ダムへ向かいダムの管理事務所で「ダムカード」をゲットし、来た道を戻る約14kmといたしました。8月に行われる藤原湖マラソンのコースでもあります。 アップダウン、トンネル、地蔵、サルの集団、ダムと走る者を飽きさせないアイテムが各所にございます。 終始舗装路ですので普通のシューズで大丈夫です。 トイレも適度にあります。 コンビニなどはありませんので給水給食類は、装備した方がよさそうです。 歩道が狭いところあり、また休日は車両の通行が結構多いです。 トンネル内は明かりありますが暗いので足元注意ください。 健脚な方は藤原湖を周回できるコースも作れそうですので挑戦してみてはいかがでしょうか?

8

行きたい

2

行った