1. トップページ
  2. 群馬
  3. 利根郡片品村のランニングコース
  4. 眺望絶佳・尾瀬沼 ランニングコース


ルート
路面タイプ
時間帯
距離
起伏
信号機
街灯

ステーション条件

タイプ
機能

検索

今週のおすすめランニングコース

紅葉の隠れた名所ラン
紅葉の隠れた名所ラン
茨城県つくば市(21.8km)
ロード,昼間,周回

桜川市の五所駒瀧神社は、隠れた紅葉の名所。 筑波山口~りんりんロードを使って周遊ランすると、 凡そハーフマラソン。 真壁の街並みや、つくし湖&椎尾山薬王院まで足を延ばせば30KのLSDが楽しめます。

8

行きたい

0

行った

新宿、渋谷、表参道イルミラン
新宿、渋谷、表参道イルミラン
東京都新宿区(10.6km)
ロード,夜,片道

新宿サザンテラス、青の洞窟、表参道、神宮外苑の銀杏並木、エイベックス本社のイルミネーションを楽しめるキラキラコース

12

行きたい

2

行った

「エメラルドの海を見る展望台」までの往復コース
「エメラルドの海を見る展望台」までの往復コース
沖縄県石垣市(10.1km)
ロード,早朝,昼間,往復

石垣島の観光地で必ず挙がるのが、標高230mのバンナ岳一帯にある自然豊かなバンナ公園。その広大な敷地にいくつかの展望台がありますが、一番人気の「エメラルドの海を見る展望台」まで石垣市の中心地から走って往復します。 バンナ公園南口の入口からは厳しい上りが続きますが、もちろんゆっくり歩いてもOK。展望台からの景色を見れば、それまでの疲れがウソのように感じるかもしれません。帰り道では、ゆし豆腐で有名な「とうふの比嘉」でヘルシーフードを食べるのもオススメです。 沖縄らしい風景、道、建物、海、植物、動物、食事などを発見できる素晴らしいコースです。 こちらは、ASICSとANA共同で開発した、旅好きランナーにおくるランニングコースです。あなたも、走ることで見つかる地域の魅力をぜひ満喫してみませんか? 詳細は下記URLをチェック! https://tabelog.com/tieup/main/ana_SkyRuntrip/

14

行きたい

1

行った

Hawaii Koko head trail⛰
Hawaii Koko head trail⛰
アメリカ合衆国 ハワイ州 ホノルル(2.5km)
トレイル,昼間,早朝,往復

ハワイのココヘッドをトレラン🏃‍♂️ 頂上は、本当に絶景です😆 ブランチは、モエナカフェ のショートリブロコモコを食べて欲しい😋これまで食べてきたロコモコで間違いなくNO1です!! ココヘッドは、距離は、短いですが結構きつい登りで足元も悪いところもあり十分注意してください。 Have a nice Runtrip⛰

8

行きたい

2

行った

海沿い絶景ラン
海沿い絶景ラン
愛媛県西宇和郡伊方町(21.1km)
ロード,夕方,昼間,早朝,往復

峠越えして激しいアップダウンですが 最高です!

8

行きたい

0

行った

瀬谷、ちょっとだけトレラン入り
瀬谷、ちょっとだけトレラン入り
神奈川県横浜市瀬谷区(10km)
トレイル,ロード,昼間,早朝,周回

瀬谷四丁目交差点をスタート! 瀬谷海軍通りから横浜花博(2026?)予定地を横目に、瀬谷市民の森と追分市民の森で少しだけトレラン気分を味わって、三ツ境駅まで駆け抜けます。 厚木街道でスタート地点に戻ると、おおよそ10キロのマイ定番コースの一つです!

8

行きたい

0

行った

眺望絶佳・尾瀬沼

群馬県利根郡片品村(18km)

すしマン

おすすめの時間帯
早朝,昼間
路面タイプ
トレイル
起伏の多さ
多い
信号機の多さ
少ない
街灯の多さ
少ない
30

行きたい

1

行った

行きたいしている人を見る

コースのルートや、拠点となるステーション情報は
会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

スタート地点の大清水は標高1180m。そこから尾瀬沼を目指すにはまずは、一ノ瀬休憩所までの割とイージーな歩いて1時間ほどのゆるやかな上りを進みます。そこから、狭い山道となり、いよいよ勾配もキツくなってきます。

三平峠に向かった頃には標高は標高は1762m。大清水から600m弱上ったことになります。ここからは尾瀬沼を望むことが出来ます。三平峠を下れば尾瀬沼です。

私が行った5月下旬は残雪どころか、三平峠や尾瀬沼周辺はスキー場のようになっており、歩くのにも苦労します。その時期からどんどん雪が溶け始め、本格的な尾瀬沼ハイキングのハイシーズンとなります。

天気の良い日は尾瀬沼の向こうに燧ヶ岳が見え、風がなければ燧ヶ岳が水面に映し出されます。私が行ったときはこの時だけ奇跡的に晴れました!!!!!(これはマジです)

尾瀬沼は日本で一番高いところにある沼・池です。標高1600mから見える景色には圧巻されることでしょう。また、時間帯によっては幻想的な姿を見せます。晴れていると、清々しい尾瀬の景色そのものが見られます。

ちなみに、眺望絶佳 (ちょうぼうぜっか)とは、目の前の風景がすばらしい様子のことを言います。目の前に綺麗な山と、水面のに映し出されるその姿、また、時期によっては水面にも氷が残っており、そしてミズバショウが咲いている。この“組み合わせ”はまさに奇跡そのものです。

こちらは尾瀬ケ原と打って変わって、人はそれほど多くないので、天候がよければ写真撮影や食事、読書など、ゆっくりと思い思いの時間を過ごすことが出来るでしょう。野鳥のさえずりにも耳を傾けてみましょう。尾瀬沼一周は結構な距離がありますので、色んな場所からの色んな景色を観ることが出来ます。

スタート地点の大清水まではバスか自家用車でいくことが出来ます。ちなみに大清水からは携帯電話やスマホはほとんどの場所で圏外になります。また、気温は平地に比べて10℃程低く、山の天気は崩れやすいので雨具等の山グッズを携帯して訪れましょう。

ランニングシューズで迷わない!選び方や人気商品のレビューをご紹介