1. トップページ
  2. 奈良
  3. 高市郡明日香村のランニングコース
  4. 【関西低山】大和三山をゆく ランニングコース


ルート
路面タイプ
時間帯
距離
起伏
信号機
街灯

ステーション条件

タイプ
機能

検索

【関西低山】大和三山をゆく

奈良県高市郡明日香村(22.6km)

瀬戸ワンタン

おすすめの時間帯
昼間
路面タイプ
トレイル,ロード
起伏の多さ
やや多い
信号機の多さ
やや少ない
街灯の多さ
普通
7

行きたい

1

行った

行きたいしている人を見る

コースのルートや、拠点となるステーション情報は
会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

大和三山(やまとさんざん)とは日本で初めての本格的な都であった藤原京を囲むように奈良盆地の南部にそびえる天香久山(あまのかぐやま・152.4m)、耳成山(みみなしやま・139.6m)、畝傍山(うねびやま・199.2m)の三つの独立する低山のことを言います。
古くから多くの和歌に詠まれ中でも有名なのは持統天皇の「春過ぎて夏来にけらし白妙の 衣干すてふ天の香具山」ではないでしょうか。
 
低山好きの方々が触手を伸ばさずにはいられないであろう大和三山を含めたコースをラントリップしませんか?
ルートは近鉄飛鳥駅 ▶ 白亜のピラミッドと呼ばれる牽牛子塚古墳 ▶ 猿石・鬼の雪隠・鬼の俎・天武&持統天皇陵・亀石 ▶ 甘樫丘 ▶ 天香久山 ▶ 藤原宮跡 ▶ 耳成山 ▶︎ 今井町の伝統的建造物群保存地区 ▶ 神武天皇陵 ▶ 畝傍山 ▶ 橿原神宮 ▶ 近鉄橿原神宮前駅と贅沢に詰め込んでみました。
 
こんもりとした森(丘?)があればそれは実は歴代の天皇陵であったり、池があるなと思えばそれは大きな前方後円墳の堀だったりといったことが日常にある。
ここで見られるすべての景色が「あぁ、日本人の生まれてよかったな~。奈良を訪れてよかったな~。」と感じられるものばかりではないでしょうか。
どうぞ万葉の時代の空気に触れにぜひ明日香・橿原に来てください♪

ランニングシューズで迷わない!選び方や人気商品のレビューをご紹介