1. トップページ
  2. 海外のランニングステーション
  3. マクリッチー貯水池駐車場

会員特典
拠点タイプ
拠点機能

検索

今週のおすすめランニングコース

福井県勝山市の街を遠近で眺めるコース。
福井県勝山市の街を遠近で眺めるコース。
福井県勝山市(18.7km)
ロード,夕方,昼間,早朝,周回

天然温泉水芭蕉♨️をスタートとゴール地点の周回コース。 このコースのメインは、野向小学校近くの信号のある交差点を過ぎた高台の下り道から望む景色と、九頭竜川沿いから眺める勝山市の弁天並木と街並みの景色。ラン後に浸かる温泉♨️。温泉の質が良く気持ち良い。休憩所と食事処もあるのでゆっくりくつろいでから帰れます。 最初は少しきつい坂から始まる。 水車が目印の神谷の水まで登り、水分補給。 そこから九頭竜川まで下り坂。 途中の野向小学校〜荒土小学校間の見晴らしの良い高台の道は、田舎の田畑や街並み左奥の方には百名山の荒島岳を望める。 そのまま九頭竜川まで下り、川沿いを通って恐竜渓谷🦕道の駅で水分補給アンドお手洗いなど。 勝山恐竜橋を渡り、川沿いを勝山駅方面へ。 勝山大橋から街中へ。 ゆめおーれ勝山で水分補給、休憩、お手洗い。 温泉♨️水芭蕉へ戻る。

2

行きたい

0

行った

住吉大社から難波へまっしぐら
住吉大社から難波へまっしぐら
大阪府大阪市住吉区(6.9km)
ロード,早朝,往復

住吉大社から紀州街道でまっすぐ難波に向かってみました。 住吉大社→チン電沿い→粉浜→天神ノ森天満宮→天下茶屋→萩ノ茶屋→新今宮→OMO7→日本橋オタロード→裏難波→高島屋 住吉大社の静寂と難波の猥雑のギャップが味わえます。

1

行きたい

0

行った

【トレイル】東山一万歩+平和公園一万歩周回
【トレイル】東山一万歩+平和公園一万歩周回
愛知県名古屋市千種区(14.6km)
トレイル,ロード,早朝,周回

東山公園駅〜東山動物園正門〜東山一万歩コース〜平和公園一万歩コース〜東山公園駅 舗装路と未舗装路混在ですがコースの8割がた森林の中を駆け抜けるトレイル。市街地から10分ほどで自然堪能。意外と分岐ポイントも多いのですが一万歩コースの道案内が迷わず導いてくれます。

2

行きたい

0

行った

【月一沿線倶楽部】秋の箱根路 箱根登山鉄道小田原〜強羅
【月一沿線倶楽部】秋の箱根路 箱根登山鉄道小田原〜強羅
神奈川県小田原市(15.7km)
ロード,昼間,片道

分かりやすく言うと箱根駅伝5区。小田原駅を起点に強羅駅まで箱根登山鉄道沿いを走ります。小田原城を横目に蒲鉾の鈴廣を通り箱根湯本駅までは緩やかな登り坂。湯本を過ぎるといよいよ山登りのスタート。塔ノ沢駅は秘境駅。マップをよく見ていないと通り過ぎてしまいます。ここからは歩道がなくなり、路側溝の蓋の上に積もった落葉の落し穴に気をつけながら走ります。交通量によっては気を遣いながら走る必要があります。ヘアピンカーブ、富士屋ホテル横はまさに箱根駅伝気分。小涌谷から駅伝コースを外れて県道に入ります。ここからラストまでは平坦な道です。彫刻の森美術館を過ぎれば強羅駅まであと少し。山の神気分で駆け抜けて下さい!

0

行きたい

0

行った

一乗滝までアップダウン
一乗滝までアップダウン
福井県福井市(16.2km)
ロード,昼間,早朝,片道

明智の里から一乗滝、朝倉遺跡、水の駅を巡ります

0

行きたい

0

行った

マクリッチー貯水池駐車場

Lornie Road, Singapore

施設名
マクリッチー貯水池駐車場
URL
住所
Lornie Road, Singapore地図を見る
タイプ
駐車場
機能

ロッカー

シャワー

駐車場

更衣室

トイレ

コメント
シンガポールですので、通常のタクシーは勿論、UberやGrab Taxiを使えば市街地からでもここまですぐ来れます。

また、MRTの最寄りの駅からも歩いていけるので行きやすい場所にあります。
投稿者
Sushiman
特典内容

※画像やステーションの情報はユーザーが投稿した当時の情報です。
正確性は保証されませんので、必ず事前に各施設にご確認のうえ、ご利用ください。

「マクリッチー貯水池駐車場」の運営者・オーナ様はラントリップ会員(無料)になると、自分の店舗の情報を編集・プロモーションすることができます。こちらからお問い合わせください。

周辺のコース

今もなお残る素晴らしいマクリッチ貯水池
今もなお残る素晴らしいマクリッチ貯水池
シンガポール(12.2km)
トレイル,早朝,周回

都会のイメージが強いシンガポールですが、そのシンガポールの中心にあるマクリッチ貯水池のまわりのトレイルコースを日本人が走るとおそらく感動すると思います。 それはなぜか...? シンガポールは基本的に200m以上の山がありません。この国においてのトレイルとは、ジャングルの跡地です。 島国のシンガポールでは、生活用水の確保のためにいくつもの貯水池が作られました。その中でもマクリッチ貯水池は最も歴史が古く、イギリス植民地時代の1860年代に作られました。 野生の猿や、野鳥のさえずり、カメもいますし、魚はもちろんのこと、ラッキーな人はモニターリザードという大きいもので1m級のトカゲにも出会えます。このような東南アジアならではの自然を感じられるトレイルは日本には無いでしょう。 トレイルコースはやや起伏がありますが、基本的には90%以上が不整地で素晴らしいトレイルコースとなっております。路面は不整地ではあるのですが、道自体はきちんと整備されていて走りやすいコースです。シンガポールのクロスカントリー大会や、24時間走の大会などはここで行われています。 1周10kmほどの周回のトレイルコースは大人気のコースで、ローカルランナーを筆頭に、ヨーロッパ系の駐在員など週末はかなりの人で賑わいます。またウォーキングを楽しむ人も週末はたくさんいます。 マクリッチ貯水池に、はじめていく人は、ツリートップウォークという吊り橋にいくことをオススメします。そこに行けば、少しばかり遠足気分になることが出来ます。このジャングルを上から見下ろせる長さ250mの吊り橋で、そこからの景色は最高です。 日差しが強いシンガポールで、このマクリッチ貯水池のトレイルコースはほぼ日陰で走れます。しかし、スタート以外は自動販売機がほぼ無いので、温暖気候の国ですので給水を持っていったほうが無難です。 また、最初と最後はトレイルコースだけでなく、湖面の遊歩道を走ることも出来るので、ぜひその素晴らしい風景を堪能してみて下さい。スタート / ゴール地点にはレストランやシャワーもあります。 シンガポールでは自然を感じられる場所としてはナンバーワンのオススメのランニングコースです。

17

行きたい

11

行った