1. トップページ
  2. 宮城
  3. 東松島市のランニングステーション
  4. 野蒜駅

会員特典
拠点タイプ
拠点機能

検索

今週のおすすめランニングコース

木村ピーナッツで一休み。城山を目指す11kmのコース
木村ピーナッツで一休み。城山を目指す11kmのコース
千葉県館山市(10.9km)
ロード,早朝,昼間,夕方,周回

里見義頼によって築城された城山城を目指す11kmのコースです。城山城までは急坂なので登るのが大変ですが、街を一望できる眺望は疲れを吹き飛ばしてくれるはずです。 途中、ピーナッツソフトクリームで有名な木村ピーナッツさんを通るので、美味しいエネルギーも忘れずに。 国道410号から海沿いまでは道幅が狭くなるので、車に注意しながら走ってください。

2

行きたい

0

行った

名古屋三大天神参り
名古屋三大天神参り
愛知県名古屋市中区(15.5km)
ロード,昼間,早朝,周回

名古屋市中区の栄駅をスタートして桜天神社→山田天満宮→上野天満宮→栄駅でゴール! 名古屋七福神参りは最近の名古屋ランナーにも知られてきてますが、三大天神なるものがあるのを今日知りました。 是非チャレンジしてみてください!

3

行きたい

0

行った

歌川広重と共にRUN 安倍川
歌川広重と共にRUN 安倍川
静岡県静岡市葵区(6.7km)
ロード,昼間,早朝,片道

広重の「東海道五拾三次」から「府中宿」を巡ります。幕府の命令で、安倍川は、橋の建設や舟での渡しを禁止していた事から、広重に描かれているような、人足を使って渡っていたそうです。当時は、安倍川上流から砂金が発掘されていたらしく、近所の餅屋が、きな粉を砂金に見立てた餅を家康に献上したところ、たいそう気に入られて「安倍川餅」の名前がついたという事です。

0

行きたい

0

行った

湖西連峰の稜線を巡ります
湖西連峰の稜線を巡ります
愛知県豊橋市(24.8km)
トレイル,昼間,片道

最寄駅のJR二川駅近くにあるの「岩屋緑地公園」をスタートして「なつめ旅館」までの充実した22km。「富士見岩」からは文字通り富士山が望めます。 山道あり、ガレ場あり、最後は旅館の風呂でまったり出来ますよ。

0

行きたい

0

行った

恵那峡散策コース
恵那峡散策コース
岐阜県恵那市(10.1km)
ロード,昼間,早朝,周回

程よいアップダウンのコースで、 歩道が途切れる箇所が所々あります。 公園や大井ダムや恵那峡大橋から恵那峡を一望出来、 四季折々の山々の景色を楽しむことが出来ます。

1

行きたい

0

行った

武蔵御嶽神社→つるつる温泉
武蔵御嶽神社→つるつる温泉
東京都青梅市(7.8km)
トレイル,指定なし,片道

ケーブルカーの御岳山駅→武蔵御嶽神社→御岳山山頂→日の出山→つるつる温泉♨️

3

行きたい

0

行った

野蒜駅

宮城県東松島市野蒜

施設名
野蒜駅
URL
http://www.jreast-timetable.jp/timetable/list1208.html
住所
宮城県東松島市野蒜地図を見る
タイプ
その他
機能

ロッカー

シャワー

駐車場

更衣室

トイレ

コメント
新・野蒜駅は旧・野蒜駅よりの北側の海抜22mの地点に建設され、2015年5月30日にJR仙石線の駅として営業再開されました。

旧・野蒜駅は東日本大震災の津波の被害により、崩壊し、約4年間もの間、JR仙石線はここ野蒜での営業を休止していました。
投稿者
すしマン
特典内容

※画像やステーションの情報はユーザーが投稿した当時の情報です。
正確性は保証されませんので、必ず事前に各施設にご確認のうえ、ご利用ください。

「野蒜駅」の運営者・オーナ様はラントリップ会員(無料)になると、自分の店舗の情報を編集・プロモーションすることができます。こちらからお問い合わせください。

周辺のコース

奥松島・大高森から見る壮観と野蒜のすがた
奥松島・大高森から見る壮観と野蒜のすがた
宮城県東松島市(12.1km)
ロード,トレイル,早朝,昼間,夕方,往復

日本三景 (天橋立・宮島・松島)として知られる宮城県の松島。 その松島を山上より眺めるうえで、松島湾に浮かぶ260余島を東西南北から一望する名所を「四大観」といいます。 それぞれの場所から松島湾を眺めた印象から、「麗観」「偉観」「壮観」「幽観」と呼ばれており、その中の壮観は、ここ奥松島・宮戸島の大高森から眺める景色です。大高森は100mほどの山なので、すぐにのぼれます。 大高森の登山口までは通常、車かバイク等を使用していくのが殆どですが、この場合は野蒜(のびる)駅からランニングしていくコースとなっております。 その途中途中に、津波の爪痕が確認され、今でも当時の被害の大きさを感じる事が出来ます。我々が今出来る事は、実際に自分の目で見て、感じ取り、学び、次に繋げるという事なのでしょうか。 そういったことをひしひしと感じさせられるコースです。

18

行きたい

7

行った