1. トップページ
  2. 長野
  3. 諏訪郡富士見町のランニングステーション
  4. 八峰苑 鹿の湯

会員特典
拠点タイプ
拠点機能

検索

今週のおすすめランニングコース

房総のむら(風土記の丘)、坂田ヶ池総合公園、大竹地区、クロスカントリーコース
房総のむら(風土記の丘)、坂田ヶ池総合公園、大竹地区、クロスカントリーコース
千葉県成田市(8.5km)
トレイル,早朝,昼間,周回

ランステとして天然温泉大和の湯を起点とします。①房総のむら(房総風土記の丘)のループ、②坂田ヶ池総合公園のループ、③大竹地区トレイル往復の3つのルート構成になっています。よって、①②③、どの順番、どの組み合わせでも可能ですが、今回は①②③の順番で写真と解説を並べています。 ①房総のむら(房総風土記の丘)の特徴は入園はしませんが、旧学習院初等科正堂、旧平野家、旧御子神家住宅を脇に見ながら林道を走り、風土記の丘の古墳群を走り抜けるループです。雑草が生い茂り、走りが困難なルートは避けて、初心者でも走りやすい道を選んでいます。※但し、一部に木の根が地面に張っております。木の根につまずかぬよう、十分に注意して走ってください。 ②の坂田ヶ池外周は、美しい美観が特徴で、必ずしや魅了される事と思われます。駐車場に清潔なトイレと自販機がありますので、良い休憩ポイントになると思われます。野鳥観察のメッカともあり、数多くの野鳥を見たり、鳥の声を聞くことができます。 ③は①と②では物足りないと言うランナーにオススメのクロカンコースです。台風の影響か山がやや荒れていますが、それらが秘境を想像させる大演出となって、楽しませてくれます。個人的にはここが一番楽しいのですが、不整地のみでのループを作れませんでしたので③だけ往復コースになります。 大和の湯は比較的小規模ではありますが、清潔感漂い、コースへのアプローチもこれ以上ない最高の場所にありますので、ご利用される事を強くオススメします。 コースの9割以上は不整地ですが、砂利の敷かれた林道になります。山岳地に見られるトレランコースではありません。

4

行きたい

0

行った

佐原の運河を挟む江戸の町並み観光マラニックと香取神宮参拝
佐原の運河を挟む江戸の町並み観光マラニックと香取神宮参拝
千葉県香取市(9.1km)
ロード,早朝,昼間,夕方,往復

 小江戸情緒あふれる佐原の街並みを散策するのが大好きで幾度とここに来ておりますが、運河を挟む小江戸の街並みは走るとあっという間なので、のでロング走とどう組み合わせるかがポイントになります。  このルートは「香取小江戸マラソン」のコースとほぼ同じですが、大会のコースは水路に入る前、バッティングを避ける為に入り口と出口を分けていますが、このルートは八坂神社、山車会館の前の道を往復します。ルート上にある伊能忠敬旧宅は国の史跡に指定されており、入場無料ですが見応えがあります。  起点は香取神宮の駐車場になりますので、自動車での移動となります。ランニングの前もしくは後に参拝されてはいかがでしょうか。電車で来られる場合は、JR佐原の駅を起点にして、香取神宮で参拝し、佐原駅に戻る形になります。

4

行きたい

0

行った

トレイルの雰囲気を味わえるミニトレイル&ロードコース4キロ
トレイルの雰囲気を味わえるミニトレイル&ロードコース4キロ
宮城県柴田郡柴田町(2.8km)
トレイル,昼間,往復

柴田町にある船岡城址公園を経由するミニトレイルコースです。 電車の方はJR船岡駅から降りて1キロ。 車の方は船岡城址公園の無料駐車場あります。 (注)さくら祭り開催期間中は有料となります😅 本格的なトレイルコースとは言えませんがトレイルの雰囲気や、高低差130m程度の山なので本格的な山は不安な方にはトレーニングやトレイル体験にはピッタリだと思います♪ トレイルシューズもあった方が良いとは思いますがロード半分トレイルも半分なのでロードシューズでも十分いけます! 途中には展望台あり、自販機は売店もあるので万が一飲み物切らしても問題ありません。 春にはさくらも咲き誇り一目千本桜も楽しめます!

6

行きたい

0

行った

名張の湯〜青蓮寺湖 往復朝ラン
名張の湯〜青蓮寺湖 往復朝ラン
三重県名張市(12.9km)
ロード,早朝,往復

4月のよく晴れた朝ランです。 (名張の湯のHPに同じコースが掲載されてます。) 早朝であれば、 車も少なくて、とても走りやすいです。 〈往路〉 青蓮寺川沿いのファミリーマートまでは ほぼ平坦です。 そこから急激に登り坂です。 青蓮寺湖周りは、 季節の草木や、朝日でとても良い景色です。 〈復路〉 少しだけ春日丘のほうに寄り道します。 また登り坂ですが、 その分あとに下り坂が来るのでガマンです。 ファミリーマートの交差点まで戻ってきたら、 そのあとは同じルートで、名張の湯まで。 約13kのコースです。

5

行きたい

1

行った

緑道をゆるっとラン(蛇崩川緑道編)
緑道をゆるっとラン(蛇崩川緑道編)
東京都世田谷区(7.9km)
ロード,昼間,周回

蛇崩川(じゃくずれかわ)緑道は、名前のとおり蛇行した細い緑道で、沿道には利用者が楽しめるよう季節ごとの花が植えられているほか、公園も沢山あります。今回は駒沢公園西口からスタートする周回コース。①~⑦で約8㌔です。 ①駒沢公園西口→双子の給水塔(+1.7㌔)  ■双子の給水塔-弦巻にある東京都水道局の給水施設。双子の給水塔の聳え立つ風景は地域風景資産、せたがや百景に選ばれています。 ②→蛇崩川緑道(+0.7㌔) ③→カボチャ(+1.0㌔)  ■カボチャ-三軒茶屋2-38-10(℡03-5481-1553)。10時-19時。不定休。カボチャの個性を活かしたスイーツが十数種類。「あまくて、ホクホク、しっとり」カボチャの美味しさをご堪能ください。 ④→やきがしやSUSUCRE(+1.6㌔)  ■やきがしやSUSUCRE-下馬2-2-18-81(℡03-5856-6284)。10時-19時。休:水木。フランス語で「おさとう」「甘い」を意味する「SUCRE」をかわいらしくした店名。フランスの伝統焼き菓子をいつでも50-60種。 ⑤→世田谷観音(+0.3㌔)  ■世田谷観音-世田谷とは思えないくらい境内は自然豊か。観音堂、阿弥陀堂、特攻観音堂、夢違観音、六角形の不動堂など目を引く建物があります。 ⑥→龍雲寺交差点(+1.0㌔) ⑦→駒沢公園西口(+1.6㌔)

8

行きたい

0

行った

八峰苑 鹿の湯

長野県諏訪郡富士見町境

施設名
八峰苑 鹿の湯
URL
住所
長野県諏訪郡富士見町境地図を見る
タイプ
宿泊施設,温浴施設,駐車場
機能

ロッカー

シャワー

駐車場

更衣室

トイレ

コメント
富士見高原は日帰りなら「八峯苑 鹿の湯」が立ち寄り湯として利用でき、宿泊ならジュネス八ヶ岳という合宿施設を始め、ペンション街もあるので個人・グループやランニング合宿などいろいろな楽しみ方ができます。ですので、別項で紹介しているクロスカントリーコースと合わせて、走力や体力に応じて楽しめます。また、犬を連れて創造の森コースを散歩する人も見かけますし、犬連れでもokのペンションもあるのでニーズに応じて柔軟楽しみ方ができるのが富士見高原の魅力です。
投稿者
FUJIO MIYACHI
特典内容

※画像やステーションの情報はユーザーが投稿した当時の情報です。
正確性は保証されませんので、必ず事前に各施設にご確認のうえ、ご利用ください。

「八峰苑 鹿の湯」の運営者・オーナ様はラントリップ会員(無料)になると、自分の店舗の情報を編集・プロモーションすることができます。こちらからお問い合わせください。

周辺のコース

八ヶ岳南麓を目一杯満喫コース。
八ヶ岳南麓を目一杯満喫コース。
長野県諏訪郡富士見町(14.5km)
トレイル,早朝,往復

八ヶ岳南麓、富士見高原リゾートを起点に編笠山、西岳をぐるっと回って景色を楽しめるコース。今回は10月初旬にコースを回りましたが、標高差があり、最高点は標高2600m近くですので必ず天気予報の確認と防寒・雨対策をしっかりとした上でトレイルに入ってください。紅葉は例年通りならば10月中頃ですが、11月に入っても雪が降る前まではしっかりと準備をすればコースを回ることが出来るはずです。秋から冬に向かっていく山々の姿もとても美しく、季節ごとの変化を感じてください。 ルートは富士見高原ゴルフコースの脇からトレイルに入ります。この付近にも駐車場があるので車で来た場合はここが起点になります。しばらくは林道ベースで少しずつ標高を稼ぎます。途中の五叉路分岐を「盃流し・編笠山」方面へ向かいます(「不動清水・西岳」方面へ向かえば反対回りで同じルートを行けますが編笠山を先に行く方が回りやすいのでオススメ)。盃流しを越えたあたりから道幅が狭くなります。常に木々に付けられているピンクのテープを目印に進みましょう。足元ばかり見ていると見落とすので景色を楽しむ意味でもきちんと顔を上げていくのがポイント。標高を上げるにつれ、徐々に勾配もきつくなりますが焦らずに登ります。岩場を超えてもうしばらく登ると途端に景色が開け、そこからもう一踏ん張りで編笠山の山頂です。ルート全体で一番きついのがこの山頂までの登り。でも、ここからの見晴らしは抜群で天気が良ければ疲れなんて一瞬で吹き飛ぶはず。一息ついて、青年小屋まで一旦下ります。行き違いの多い場所なので声を掛け合いながら進むとお互いに気持ちよくすれ違うことができます。青年小屋から西岳までは源氏新道という緩やかなアップダウンを繰り返しながらの道。ここはリズムよく走れます。そうそう、源氏新道に入ってすぐに「乙女の水」という名の水場があります。ハイドレーションの補給や顔を洗ってさっぱりするには最高です。ルート上にあるので忘れずに立ち寄って欲しい場所。源氏新道を進み続けると、突然視界が開けます。そこが西岳の山頂です。急に到着するので驚くかもしれません。編笠山同様に展望を楽しんで欲しい場所。さて、ここからはひたすら下り。山頂付近は急勾配ですが標高差にして300mほど下ったあたりから徐々に勾配が緩くなります。ダウンヒル好きには絶好のルートです。一気に駆け下ってたどり着くのが不動清水。ここも水場です。「乙女の水」と合わせて美味しくて冷たい水を味わってください。清水不動から下って駐車場で車を拾ったら、帰り道にある「八峯苑 鹿の湯」へ立ち寄ってさっぱりできます。車でなら1〜2分ほど。年にもよりますが4月後半から11月頃にかけて楽しめるオススメのルートです。

27

行きたい

2

行った