カバー画像を変更

0%


プロフィール
  画像を変更

0%

変更を保存
キャンセル




フォロー
  • シンガポール

BABAK

美しい水辺を愉しめるPunggol Water Way
美しい水辺を愉しめるPunggol Water Way
シンガポール(12.3km)
ロード,夕方,早朝,周回

美しく整備された川沿いからコニーアイランドを抜ける気持ちの良いコースです。MRTの駅からも近く便利ですし、ラン後の飲食はショッピングモールにたくさんお店があります。ルート図がおかしいので、最後に実際走ったGPSデータのキャプチャ写真つけておきました。

9

行きたい

2

行った

Lower & Upper Peirce Reservoir
Lower & Upper Peirce Reservoir
シンガポール(10.3km)
トレイル,ロード,早朝,片道

Beautiful Reservoir side trail and probably you can meet monkeys on the trail. LOL

5

行きたい

1

行った

Mt. Faber - Southern Ridges
Mt. Faber - Southern Ridges
シンガポール(11.1km)
ロード,夜,早朝,往復

Mt. Faber-Henderson Wave-Tree Top Walk-Hort Park-Canterbury Loop-Winding road, and Mt. Faber Loop, Basic 10Km

8

行きたい

5

行った

Marina Reservoir Run
Marina Reservoir Run
(15.9km)
ロード,夜,夕方,早朝,往復

Marina Bay? Yes, but it’s actually a Reservoir. マリナベイってホントは貯水池なんですよ〜〜

13

行きたい

5

行った

MacRichie Reservoir Run
MacRichie Reservoir Run
シンガポール(11.8km)
トレイル,ロード,早朝,周回

熱帯雨林の高木の上に渡した吊り橋(ツリートップウォーク)を渡るルートを行くなら、反時計回で。尚、ツリートップのオープン時間は午前8:30なので、早すぎると渡れません。

5

行きたい

3

行った

Singapore River Run
Singapore River Run
シンガポール(10.4km)
ロード,夜,夕方,早朝,周回

昼間は暑すぎ、夜は遅くまで観光客多くて走りにくいですが、早朝から午前中の早い時間帯がベストdwす。

14

行きたい

8

行った

やっぱり“安定”の夜のマリーナベイ
やっぱり“安定”の夜のマリーナベイ
シンガポール(7.8km)
ロード,夜,片道

私が初めてシンガポールを訪れたのは、「マリーナベイサンズ」が開業した2011年頃。当時24歳ぐらいだった私は、初めての1人海外旅でしたが、まだランニングをしていませんでした(学生で競技から引退してその後全く走らず)。 その当時、このマリーナベイの素晴らしい街並みに心を打たれ、私にとっては今も忘れることのない道となっています。その後、度々シンガポールを訪れ、深夜に開催されるサンダウンマラソンに参加し、深夜にマリーナベイの前を通過するなど、いつまでもその素晴らしい眺めを楽しんでいました。 それから数年が経ち、とある現地のランナーが「やっぱりマリーナベイがいいですね!」と言っていたのを聞いて、翌日走ってみました。そこには思い思いの時間を過ごす観光客、地元の人などがたくさんいました。 ガーデンズバイザベイイーストから見える夜景(写真1枚目)も最高ですが途中、マリーナバラージというところの2F部分の芝生の広場から見える夜景(写真4,5枚目)が最高です。 この広場でゆっくり休憩して、これぞ「Runtrip」を感じてください。

11

行きたい

5

行った

絶景の海浜公園・ラブラドール自然保護区
絶景の海浜公園・ラブラドール自然保護区
シンガポール(6.6km)
ロード,早朝,夕方,夜,往復

シンガポールの現地ランナーに「オススメのランニングコースはどこ?」と聞くと、必ず挙がってくるのがこのラブラドール自然保護区周辺のコースです。ラブラドール自然保護区は、シンガポール南部のリゾート地区であるセントーサ島の西の端の対岸に位置しています。 今回のコースには含めていませんが、ラブラドール自然保護区にはシンガポールがイギリス領であった頃の要塞の跡地もあり、歴史を感じる場所であるともに、素晴らしい自然と遊歩道が整備されています。 最初に自然保護区の公園内を走り、しばらくして海岸沿いに(写真2枚目)。ここからは絶景の夕陽が望めます(写真6〜8枚目)。しばらく道なりに走っていくと、1枚目の写真にある奇妙な形をした高級マンションである「リフレクションズ・アットケップルベイ」が見えてきます。 この地点からケップル湾沿いに遊歩道が整備されており(写真5,6枚目)、景観もよくランニングに最適なコースです。そのまま進んでいくと、リフレクションズ・アットケップルベイの真下を通過し、ケップル島の入り口の橋に差し掛かります(写真11枚目)。 そして、ケップル島を周回し、走ってきた道を戻るというコースです。このケップル湾沿いのラブラドール自然保護区のコースは朝でも夜でも多くのランナーを見かけることからシンガポールで人気のランニングコースといえるでしょう。

9

行きたい

4

行った

ビーチ + 遊歩道 = チャンギポイント・コースタルウォーク
ビーチ + 遊歩道 = チャンギポイント・コースタルウォーク
シンガポール(5.7km)
ロード,ビーチ,早朝,往復

シンガポールのビーチといえば、セントーサ島のパラワンビーチが有名ですが、チャンギ空港の近くのチャンギフェリーターミナル / チャンギビレッジホーカーセンターの近くには良いビーチと遊歩道があります。 そもそも、観光客がこの場所にくることはあるのか?そう思われた方もいるかもしれません。しかし、このチャンギフェリーターミナルからはシンガポールで唯一の手つかずの自然が残るウビン島にいける唯一の場所です。 さらに、チャンギビレッジホーカーはシンガポールのローカルフードを楽しむにはもってこいの場所です(私はマレー料理のナシ・レマッをここで食べました=写真10,11枚目)。 また、ここの近くにチャンギコーヴというオススメのホテルがあるので、帰国日のフライトがお昼などの場合はここに泊まって朝に走るなどオススメです。 このコースは人も少なく、ローカル感がありますがビーチに遊歩道と、走りたくなる要素満載です。最初は西側に向かって遊歩道を進み、端まで行ったら折り返して、最後はチャンギビーチパークを走って帰ってきます。 走り終わったらぜひチャンギビレッジでローカルフードを楽しんでください。ここまではシンガポール東部からバスで気軽にくることができます。

7

行きたい

2

行った