カバー画像を変更

0%


プロフィール
  画像を変更

0%

変更を保存
キャンセル




フォロー
  • シンガポール

BABAK

シンガポールナイトラン・クラークキー
シンガポールナイトラン・クラークキー
シンガポール(2.2km)
ロード,夜,往復

シンガポール初代総統のリー・クアンユー氏が亡くなってからというもの、彼がこのシンガポールの発展の根幹を担ったのですが、政治や外交だけでなく、街の風景や建築物に到るまでその功績は計り知れない物があります。 そのリー・クアンユー氏と親交があった、建築家の丹下健三氏は、シンガポールでもたくさんの建築物を残しています。それらの高層ビル群(ラッフルズプレイス)は、新宿副都心をモデルとし、シンガポールのシンボルとなっています。 それらの高層ビル群のふもとにある、シンガポール川沿いのお洒落なエリア、ボートキーやクラークキーをぜひ走りましょう。 北側にはアジア文明博物館のエンプレス・プレイスとラッフルズ卿の銅像=ラッフルズランディングサイトが、南側にはお洒落な飲食店が立ち並ぶ好エリアです。マリーナベイエリアとともにナイトランに最適です。

12

行きたい

11

行った

F1シンガポールグランプリのコースを走る
F1シンガポールグランプリのコースを走る
シンガポール(5.3km)
ロード,早朝,昼間,夕方,夜,周回

F1では初めてナイトレースとして開催されたF1のシンガポールグランプリのコースです。このコースはサーキットではなく、モナコGP同様に市街地の一般道を走る事で有名です。 今回のこのラントリップコースの場合、スイスホテルを起点としています。スイスホテルから南にPadang(パダン、シンガポールマラソンのゴール地点)という広場を経て、マーライオンで有名なエスプラネード橋を渡り、右折すると右手にはマリーナベイサンズが見えます。 そのまま進むと、世界で2番目に大きい観覧車、シンガポールフライヤーを左手に見て、F1ピットに入ります。シンガポールGPではF1ピットをスタートしての1周です。普段はレースがなければ普通に走れますし、シンガポールで2番目に規模が大きいナイトレースの サンダウンマラソン http://www.sundownmarathon.com ではこちらの地点をスタートゴールにしています。そして、F1ピットからまたスイスホテルに向かって1周となります。 9月のF1シンガポールグランプリに向けてあなたも走ってみませんか??もちろんサンダウンマラソンに参加するのもいいですね。

12

行きたい

3

行った

シンガポールをぐるっと
シンガポールをぐるっと
シンガポール(16.4km)
ロード,早朝,周回

シンガポールの街中をぐるっと廻ります。日中は観光客でごった返す街も、早朝は人も車も少なくて快適です。何より朝日に映える絶景ポイントが沢山。 そして、メジャーなマーライオンだけじゃなく、観光庁の敷地内にある政府公認のちょっと変わったマーライオンも見に行くコースです。 途中でホーカース(屋台)に寄り道してラクサなどの名物を食べるのも良いと思います。朝から開店している店が幾つかあります。

20

行きたい

6

行った

シンガポール川とマリーナベイ
シンガポール川とマリーナベイ
シンガポール(9.8km)
ロード,早朝,周回

シンガポールのロバートソン・キー付近からマリーナベイやマーライオンをぐるっと回るコース。シンガポール川沿いは街路樹と遊歩道が整備されており、ほとんど信号なしで走り続けられます。日中は暑く、夕方以降は途中クラーク・キー付近の露店が混雑するので、早朝がオススメ。

9

行きたい

13

行った

マウントフェーバーからヘンダーソンウェーブへ
マウントフェーバーからヘンダーソンウェーブへ
シンガポール(6.3km)
ロード,早朝,夜,往復

シンガポールには200mを超える山がありませんが、景色の良い丘がいくつかあります。クラークキーを見下ろせる中心部のフォートカニングパークや、南部のマウントフェーバーパークです。 このマウントフェーバーの頂上からは、セントーサ島へのケーブルカーが出ているほか、眺めの良いスポットがいくつかあります。まずは平地、ハーバーフロントから自然たくさんの道を上っていってマウントフェーバーに向かいます。 マウントフェーバーについたら、ケーブルカーが見えます。そこからの景色も最高です。レストランのテラスには多くのベルに願い事が書かれており、カップルには最適の場所です。 その頂上から西に走っていくと数分でヘンダーソン・ウェーブという、地上36mにあるシンガポールで最も高い位置にある歩道橋に行き着きます。ここは2008年にできた独創的な波状の歩道橋で、デザイン性がすばらしいです。 シンガポールには建築デザインの極みといえる、住居、商業ビル、歩道橋、モニュメント等々が多く存在しており、この一帯はウオーキングやジョギングをする人たちで一杯で、シンガポールでも人気のスポットです。

4

行きたい

6

行った

このコースは削除されました

このコースは削除されました

このコースは削除されました

このコースは削除されました