カバー画像を変更

0%


プロフィール
  画像を変更

0%

変更を保存
キャンセル




フォロー

会津美里町役場

花が道を彩る、木々が道を彩る。建物も人も道を彩る福島県会津美里町で四季折々の風景を楽しみませんか^^@

町内の3地域にある3つの特徴あるコースの発着地点はリーズナブルな日帰り温泉施設。各8キロ~10キロのコースをご紹介します。ぜひ会津美里町に来て、走って、汗を流してください!

会津美里・清流宮川の桜並木と併走RUN
会津美里・清流宮川の桜並木と併走RUN
福島県大沼郡会津美里町(8.3km)
ロード,早朝,昼間,周回

 福島県・会津美里町の風景を紹介したく3つのコースをご紹介します。3つ目は、会津美里町の高田地域を流れる清流「宮川」沿いを走る約8キロのコースで、起伏はほとんどないコースです。  桜を眺めるには4月がベストですが、春~秋にかけて楽しめるコースです。発着ポイントは高田温泉「あやめの湯」で駐車スペースは十分あります。  出発してすぐ「日本三大文殊」で筆の文殊として有名な「清流寺文殊院」を右手に眺めながら、隣り合う会津総鎮守の「伊佐須美神社」の杜を通過します。6月下旬頃にはあやめ祭りが開催され150種10万株の花しょうぶがお出迎えします。木陰で涼しい風を感じながら河川敷に出ると会津磐梯山が見えてきます。  ここからは宮川の河川敷を1キロ程度南下します。春は桜並木と併走するような感じになり爽快な気分になること間違いなしです。  宮瀬橋を東に渡ってからはコースが一転して米所会津盆地の田んぼを走るコースになります。春は田んぼが鏡のように、秋は稲穂が揺れるコースが2.5kmほど続きます。途中にある大きな建物はカントリーエレベーターという大型のお米の乾燥施設。  再び宮川の河川敷に戻るとさきほどの対岸に到着。ここからの桜は大木が多く4月の中旬から下旬にかけては最高の景色が広がります。さらに河川敷を走りスタート地点を通過して走ること1キロほどで再び田園風景に。  500mほど走ると、あやめロードと呼ばれる道を1kmほど南下します。右も左も田んぼの中まっすぐな道を駆け抜けてください。道の左側には5月から6月にかけてジャーマンアイリスが咲き誇ります。  最初の交差点を右折するとゴールはあと1キロ。発着点の温泉の近くにも桜がいっぱいあります。あやめの湯で汗を流してください。中には広い休憩スペースもありますのでゆっくり休んでからお帰りください。駐車場には野菜の直売所もありますのでお気に入りの野菜を探してみるのも楽しいですよ。

6

行きたい

3

行った

会津美里・桜と三重の塔をめぐる歴史RUN
会津美里・桜と三重の塔をめぐる歴史RUN
福島県大沼郡会津美里町(8.8km)
ロード,早朝,昼間,周回

 福島県・会津美里町が自信を持って紹介する地元のコースです!  2つ目は、新鶴地域の自然と文化に触れる約8キロのコースです。コースの最初と最後勾配のある坂があります。発着ポイントは新鶴温泉「健康センター」で駐車スペースは十分あります。  出発してすぐ地元の有志で作ったカフェ「hattando」を左手に見ながら緩やかな下り坂を走ります。道の両側には5ヘクタールのブドウ畑が広がります。9月頃にはブドウ狩りを楽しむ人が多く来られます。そのまま坂を下りると、坂の途中右手にちょっと分かりにくいですが、4月下旬から5月上旬にかけて米沢堤の大桜が見ごろを迎えます。  道に戻りさらに進むと、1.5kmほどのところに米沢の千歳桜の入り口があります。田んぼの真ん中に突如現れるベニヒガンザクラの大木に驚きます。再び道に戻り走ること1km。雀林地区法用寺入り口に到着。緩やかな坂を走ること500mほど、法用寺に到着。日本遺産に認定された会津三十三観音の一つに数えられ、奥にある雪国では珍しい三重の塔には圧倒されること間違いありません。  その後来た道を折り返し、米沢の千歳桜入り口を過ぎ1kmほどのところから右折し中田観音方面に向かいます。会津ころり三観音であり、法用寺と同じく日本遺産に認定された会津三十三観音の一つでもある「中田観音」に出ますので、一息付いてから東の方面に細い道を下ります。点滅の信号に出たら左折し、道なりに1、5km田園風景の中北側へ走ります。走る目線の先には会津磐梯山が見え、疲れを癒してくれます。  吹上台団地入り口を過ぎてしばらく走ると、交差点がありますので、左折し最後の上り坂の1kmに挑戦です。上りきったらところには、陸上競技場に併設された町の物産館があり、軽食も食べられるようになっています(月曜日定休)。  ゴール後は日帰り温泉施設の新鶴温泉「健康センター」で汗を流してください。中には広い休憩スペースもありますのでゆっくり休んでからお帰りください。

10

行きたい

4

行った

東北随一の山城跡、向羽黒山城跡を制覇
東北随一の山城跡、向羽黒山城跡を制覇
福島県大沼郡会津美里町(9.3km)
ロード,早朝,昼間,周回

 福島県・会津美里町が自信を持って紹介する地元のコースです!  1つ目は、本郷地域にある東北随一の巨大山城跡の「向羽黒山城跡」を制覇する約9キロのコース。冬以外は全てのシーズンで楽しんでいただけます。発着ポイントは本郷温泉「湯陶里(ゆとり)」で駐車スペースは十分あります。  出発すると温泉の目の前を流れる清流阿賀野川1.5kmほど南下します。河川敷から町道に出ますので、右折して集落の間を進んでください。水路橋の下を通過して300mほど走ると、右側に向羽黒山城跡の入口が見えます。ここは白鳳山公園とも呼ばれており内部を走っている道路は林道岩崎線となっています。管理人さんが草刈をしているので気持ちよく走れます。ここからは200mの標高差に挑戦です。  1km程度上り坂が続くと、二の丸につながる階段が見えます。階段を上って一休みすると会津盆地が眺められます。ここからは下り坂。ヘアピンカーブを過ぎて300mほど下ると右手に御茶屋場という会津盆地を望める絶景ポイントがあります。  そこからは緩やかな下り坂。春には林道を覆う桜が楽しめます。巨大な木製アスレチックが見えます。その後は急な下り坂。その勾配を使って昔は会津本郷焼の登り窯がいくつもありましたが、現存する上り窯は1つのみです。急な坂を下りると林道の出口。下りた道向かいには本郷インフォメーションセンターがあります。無料の休憩所で会津美里町の観光協会も入っています(定休日:火曜日)。  そこから瀬戸町通りを北へ100mほど走り細い道を右折します。しばらく走ったところにある会津本郷焼「樹ノ音工房」で若者に人気の焼き物を眺めたらゴールは間近。阿賀野川に向かって残り1kmをゆっくり走ったらゴールです。  ランニング終了後は露天風呂から絶景が望める本郷温泉「湯陶里」で疲れを癒してください。 *向羽黒山城跡* 会津の葦名盛氏が8年の歳月をかけて築いた山城で規模は、1.5キロ四方にもなり東北随一と言われています。歴代の会津領主であった伊達氏、蒲生氏、上杉氏が改修を繰り返し、平成13年には国の史跡指定となりました。 お問い合わせは 会津美里町役場 0242-55-1171

7

行きたい

4

行った