1. トップページ
  2. 岐阜
  3. 高山市のランニングコース
  4. 新穂高から鷲羽岳・水晶岳ピストン、獲得標高差3000mコース ランニングコース


ルート
路面タイプ
時間帯
距離
起伏
信号機
街灯

ステーション条件

タイプ
機能

検索

新穂高から鷲羽岳・水晶岳ピストン、獲得標高差3000mコース

岐阜県高山市(47.6km)

Harehare

おすすめの時間帯
路面タイプ
トレイル
起伏の多さ
多い
信号機の多さ
少ない
街灯の多さ
少ない
3

行きたい

0

行った

行きたいしている人を見る

コースのルートや、拠点となるステーション情報は
会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

■新穂高ロープウェイ駐車場~小池新道登山口
林道を緩やかに登っていく。分岐点では標識もあるので迷うことはない。笠新道入口には「笠が岳山荘クローズ」の案内あり(2020年8月時点)。途中にわさび平小屋あり。

■登山口~鏡平山荘
石畳のように、石を敷き詰めてあるような登山道を登ってゆく。雨の後には沢のようになり、渡る事になる。水の多い時期は、多少靴の中が濡れる可能性あるが気になるほどではない。急なところも無いし、歩きにくいところも無い。とても歩きやすい。(下りでもキツくはなく、終盤にここを通るのは辛くなくて助かった)

■鏡平山荘~双六小屋
この辺りから、大きなきがなくなりハイマツの尾根伝いに歩く。緩やかなアップダウンで歩きやすい。双六小屋には水洗トイレがあって驚いた。

■双六小屋~三俣山荘
この区間は3ルートあるが、まだ日が明けてなく暗いので展望なくてもいいやと思い、巻道ルートを選択。巻道と言えども意外とアップダウンがあった。帰りは中道ルートを選んだ。稜線コースがお勧め。

■三俣山荘~鷲羽岳
この区間の高低差は400メートルほど。前半の勾配はあまりキツくないので安心していたら、後半は勾配がキツくなった。それでも標高が高いので気温はそう高くないし、風が吹いていれば寒い位だ。

■鷲羽岳~水晶岳
ワリモ岳まではあっという間。この区間は風が強位ことが多く、風があると寒い。真夏なのに手がかじかむことも。水晶山頂近くは岩がゴツゴツしていた。水晶探せばあったのかな?こちらも山頂にいたら寒いのでそそくさと退散。来た道を岩苔乗越まで戻る。

■黒部源流
眺望が望めないなら帰りは鷲羽を通らずに帰ることも可。黒部源流という名前に惹かれて寄ってみた。沢沿いをガラガラとする石のコースを降るのでとても長く感じた。
この区間で、登山道の真ん中で毛繕いをする雷鳥に出会った。近づいていても逃げないので、暫く観察したのち、登山道を少し外れて道を譲って先を進んだ。
この辺りからだんだんと足取りが重くなり、黒部源流から三俣山荘までの登りは堪える。

■三俣山荘~(中道ルート)~双六小屋
同じ巻道ルートよりは、初めての道を選ぶことに。展望はまだ望めないので、稜線ルートはやめて、中道ルートを選択。足取りはさらに重くなり、好きな登りも数歩進んでは休むような状態。下りでは足が痛くなる。
双六小屋から双六岳や樅沢岳がよく見える。遠くに鷲羽岳が見える様は絶景!

■双六小屋~登山口
あとは、きた道を淡々と戻る。
もう下りだけだが、疲れが溜まってきて踏ん張れないので下りはのんびりと。
わさび平小屋で食べた冷やしリンゴが最高に美味しかった。

ランニングシューズで迷わない!選び方や人気商品のレビューをご紹介