1. トップページ
  2. 海外のランニングコース
  3. ヘンテコ建造物を求めて走る・サザンリッジ4公園横断コース ランニングコース


ルート
路面タイプ
時間帯
距離
起伏
信号機
街灯

ステーション条件

タイプ
機能

検索

ヘンテコ建造物を求めて走る・サザンリッジ4公園横断コース

シンガポール(9.2km)

すしマン

おすすめの時間帯
早朝,昼間,夕方
路面タイプ
ロード,トレイル
起伏の多さ
やや多い
信号機の多さ
少ない
街灯の多さ
普通
10

行きたい

4

行った

行きたいしている人を見る

コースのルートや、拠点となるステーション情報は
会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

アジアナンバーワンのシンガポール国立大(NUS)があるシンガポールのケントリッジには、ケントリッジパークがあり、そこから東に連なる3つの公園を経て、ハーバーフロント駅まで向かうコースです。西側から、

① ケンントリッジパーク
② ホートパーク
③ テロックブランガヒルパーク
④ マウントフェーバーパーク

この4つの公園を結ぶのがシンガポールのパークコネクターネットワーク(PCN)ですが、車通りもなく、信号もなく全てこの道を一本で行けるのは、ランナーにとって大変嬉しいことです。

このコースはサザンリッジといって、ローカルのランナーにとっても人気のコースですが、1つひねりを加えて、写真1枚目のヘンテコな建物を目指すコースとしました。

このヘンテコな建物ですが、インターレースコンドという名前の高級コンドミニアムです。その後はアレクサンドラ・アーチ という橋からテロック・ブランガ・ヒルパークに向けて始まる遊歩道「フォーレストウォーク」を走ります(写真6、7枚目)。

シンガポール全域でこのように緑の中に遊歩道を整備しているのを見かけますが、元々あった自然をこのような遊歩道とともに共存させることに成功したのが、シンガポールの成長を牽引したリークアンユーによる「ガーデンシティ」という都市緑化の戦略です。

2016年からは、「シティインアガーデン」という都市開発戦略に変わり、シンガポールという大きな庭園の中にこれらの公園が点在しており、それらを先述したPCNが繋いでいるというイメージを持てます。

ランニングシューズで迷わない!選び方や人気商品のレビューをご紹介