1. トップページ
  2. 海外のランニングコース
  3. 人生の楽しみ方の見本市〜上海・魯迅公園〜 ランニングコース


ルート
路面タイプ
時間帯
距離
起伏
信号機
街灯

ステーション条件

タイプ
機能

検索

今週のおすすめランニングコース

夏でも涼しい三河湖一周コース
夏でも涼しい三河湖一周コース
愛知県豊田市(12.2km)
ロード,早朝,周回

愛知県豊田市の下山地区にある三河湖(羽布ダムのある湖)を一周するコースです。ルートマップでは12.2kmとなってますが、実際には一周12.5kmほどです。 湖周辺には車も駐車できてスタート地点にできる場所がいくつかありますが、オススメは三河湖園地の発着。三河湖園地には駐車場もありますし、設置されているトイレもキレイです。 三河湖園地を発着点とする1kmごとの距離表示がコース上に設置されているのも嬉しいポイント。 三河湖園地をスタートして湖の周りを反時計回りに進みます。 3.5kmほど進んで羽布ダムに着いたら、ダムを渡って湖の反対側に進めば、あとは道なりに走ってスタート地点に戻ってきます。 湖の反対側は一部未舗装路があります。 注意すべきなのは、信号が一切ない代わりに、道路照明灯もほとんどないこと。なので、季節によっては走る時間帯を考える必要があります。 ただ、標高が若干高いせいか、気温が2〜3度は低いので、夏の暑い時期は早朝走るととても爽快です。 木々の緑と湖面と青空が織りなす景色はサイコーですよ! アップダウンは多いです。というか、アップとダウンしかありません。 きついコースですが、その分景色は素晴らしいです。マイナスイオン浴びたい方にもおススメです!

15

行きたい

1

行った

福井県おおい町 青戸の大橋より西側海沿い周回
福井県おおい町 青戸の大橋より西側海沿い周回
福井県大飯郡高浜町(10.5km)
ロード,昼間,周回

道の駅 シーサイド高浜スタート 27号線を東へ 青戸の大橋交差点で北に向きを変え橋越え 橋越え後266号線で西へ27号線に合流したら東へ向かい周回終了10.5km 海を常に左側に見るコースになります 道の駅には銭湯も併設されてます

9

行きたい

0

行った

山から海へ。初心者OKのユルトレイルコース
山から海へ。初心者OKのユルトレイルコース
神奈川県横浜市港南区(18.4km)
トレイル,早朝,片道

港南台駅から天園ハイキングコースに入り、鎌倉天園、明月院へ抜けて、大仏ハイキングコースへ。最後は極楽寺脇を通って稲村ヶ崎、七里ヶ浜がゴールのユルトレイルコースになります。最後海に抜けるのが気持ちいいですよー!稲村ヶ崎温泉♨️もあります。 ハイカーが結構いるので、挨拶や追い越し、すれ違い時に歩くのを励行してくださいねー

15

行きたい

1

行った

峯石原探訪コース
峯石原探訪コース
高知県土佐郡土佐町(7.3km)
ロード,早朝,周回

前半は上り坂を一気に駆け上がり、石原の町を一望できます。後半になり山道に入ると景色は一変。まるで森林浴をしているような気分で涼しい日陰の中を窪内製材所に向かって下っていくコースです。

2

行きたい

0

行った

山居倉庫・酒田観光ランコース
山居倉庫・酒田観光ランコース
山形県酒田市(6.1km)
ロード,早朝,昼間,往復

酒田駅をスタートして日和山公園を目指して西に進みます。春に酒田日和山桜まつりが開催される日和山公園には、港町酒田の風情を感じることができる木造六角灯台や方角石、千石船などがあり、隣接する日枝神社には、雄大な赤鳥居などフォトスポットが多くあります。 その後は「山居米の巨大倉庫」である山居倉庫に向かいます。日よけ、風よけのためのケヤキ並木と、12棟もの巨大な木造倉庫の間の道を目にすれば、その美しさに息を飲むことでしょう。最後に本間家旧本邸を訪れて酒田駅でゴールとなる、酒田の歴史を感じることができる観光ランコースです。 こちらは、ASICSとANA共同で開発した、旅好きランナーにおくるランニングコースです。あなたも、走ることで見つかる地域の魅力をぜひ満喫してみませんか? 詳細は下記URLをチェック! https://tabelog.com/tieup/main/ana_SkyRuntrip/

4

行きたい

0

行った

人生の楽しみ方の見本市〜上海・魯迅公園〜

中華人民共和国 上海市 上海(2.9km)

Kawabata Yasuo

おすすめの時間帯
早朝,昼間,夕方
路面タイプ
ロード
起伏の多さ
少ない
信号機の多さ
少ない
街灯の多さ
やや少ない
13

行きたい

0

行った

行きたいしている人を見る

コースのルートや、拠点となるステーション情報は
会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

上海市内北東にある魯迅公園は、魯迅のお墓や記念館のある大きな公園で、クルマやバイクは(原則)乗り入れてこないので、安心して走ることが出来る公園です。が、ここの見どころは、何と言っても公園に来ている人たちの様子を観察すること。

太極拳をやっていたり、トランプに興じていたり、楽器の練習をしていたり、というのは特に珍しくありませんが、大人数でソシアルダンスの練習をする人々、水をつけた筆で器用に地面(石のブロック)に字を書く人、鯉のぼり的なものを腰につけてグルグルまわしている人、鞭を打つ練習をしている人、胡弓(中国の伝統楽器)を弾く人の隣りでガンガンにロックをかけて歌う人、それを見物する人だかり…と、挙げていけばキリがないほど、不思議な光景に遭遇します。最初は興味本意、見ていておかしくて笑ってしまたのですが、見ながら園内を回っているうちに、だんだん彼らの人生の時間の豊かさというものがじわじわと感じられて来ました。決してお金をかけているわけでないのに、思い思いの時間を公園で過ごす姿。ソシアルダンスを踊っている人たちは、よく見ていると、どんどんパートナーを変えていっているので、おそらく初対面の人同士でも踊るといった交流が生まれているようなのです。

考えてみると、日本ではこうした光景はあまり見かけないと思います。お金がなくても、あるいは政治的に難しいこともある日常であっても、独自のペースで人生を楽しむすべを知っている上海人たち。ここは、人生の楽しみ方の見本市だな、と思えてきました。

ちなみに、走っている人もいますが、それほど多くありません。公園に来ている人の数も多いので、混雑しているところでは歩きましょう、というか走れません(笑。

バラエティに富む人々の過ごし方を堪能するには、午前中早めの方がよいようです。午後になると、味わい深い光景が減ってしまうとか。ぜひ、上海に行ったら訪れて頂きたい場所の一つです。

ランニングシューズで迷わない!選び方や人気商品のレビューをご紹介