1. トップページ
  2. 山梨
  3. 北杜市のランニングコース
  4. 甲斐駒ケ岳急登トレイル ランニングコース


ルート
路面タイプ
時間帯
距離
起伏
信号機
街灯

ステーション条件

タイプ
機能

検索

今週のおすすめランニングコース

水辺をひたすら攻め続けるみなとみらいシーサイドジョグコース
水辺をひたすら攻め続けるみなとみらいシーサイドジョグコース
神奈川県横浜市西区(5.3km)
ロード,早朝,周回

せっかくベイサイドのみなとみらいを走るなら、ゆっくりひたすら水辺を攻め続けるシーサイドコースが今の気分。
海や自然を感じながら、近代的なみなとみらいの開けたスペースを駆け抜ける爽快感は最高です。

29

行きたい

5

行った

朝ランで、猿島を拝みにいこう。
朝ランで、猿島を拝みにいこう。
神奈川県横須賀市(3.3km)
ロード,夕方,昼間,早朝,周回

横須賀中央からさくっと走れるコース。
近隣在住や、周辺に宿泊された方はぜひ朝ランでご利用ください。
うみかぜ公園から拝む猿島は、一見の価値あり。
まれに霧の中に浮かぶ猿島を見ることができますが、その姿はまるで雲に隠れるラピュタのようです。

17

行きたい

1

行った

文の京(ふみのみやこ)から自由ヶ丘へ
文の京(ふみのみやこ)から自由ヶ丘へ
東京都文京区(16.9km)
ロード,昼間,片道

ふと思い立って、自由ヶ丘までランニング。
国立競技場建設を眺めながら、外苑のイチョウ並木をくぐり抜けて
246を渋谷方面へ。そこから、代官山を通り抜けて
駒沢通りと東急東横線沿いを中目黒、祐天寺、学芸大と経由して
自由ヶ丘へ!

約16キロのコースです。
割とアップダウンがあり、走りごたえはあります。

途中におしゃれなお店もたくさんあり、寄り道も十分楽しめますw
人が多い箇所を抜けるので、のんびりランニングする気持ちで。

○立ち寄った場所
・代官山 HI-CACAO
http://hicacao.baycrews.co.jp/
ソフトクリームが美味い!!カカオニブがまぶしてある。
濃厚なチョコとさっぱりのソフトクリームのミックスがオススメ


・学芸大学 パンの田島
https://tabelog.com/tokyo/A1317/A131702/13215332/
コッペパンのお店、
練乳ラムレーズンを食べました。

○ゴール
PeakPerformance 自由ヶ丘店
スェーデンのアウトドアブランド。
https://www.peakperformance.jp/

9

行きたい

0

行った

ランニングと朝食:TORANOMON KOFFEE
ランニングと朝食:TORANOMON KOFFEE
東京都江東区(8.1km)
ロード,早朝,片道

毎週土曜日の7:30から、清澄白河駅A1出口を出発し5-10km圏内にある朝食を食べに行くランニングプロジェクト。2016年5月にスタートし、これまで100軒弱の朝食を食べてきました(2018年12月現在)

このコースは勾配もなく、フラットなため楽しみながら走れます。フレンチトーストうまいので、ぜひ。

20

行きたい

3

行った

ジュロンレイク、日本庭園から中国庭園を駆け抜ける
ジュロンレイク、日本庭園から中国庭園を駆け抜ける
シンガポール(5.6km)
ロード,夕方,早朝,片道

ジュロンレイクにある、日本庭園から中国庭園を抜けて人気のレイク北岸を走るコースです。(ただし、この北岸のコース部分は改修工事でしばらく閉鎖になりますので、HPで確認ください)中国庭園内の7重塔は閉館時間を確認した上で、登る事をお勧めします。尚、現在ジュロンレイクガーデンも改修工事中です。

2

行きたい

1

行った

甲斐駒ケ岳急登トレイル

山梨県北杜市(21.5km)

関根竜太

おすすめの時間帯
早朝
路面タイプ
トレイル
起伏の多さ
多い
信号機の多さ
少ない
街灯の多さ
少ない
18

行きたい

0

行った

行きたいしている人を見る

コースのルートや、拠点となるステーション情報は
会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

日本三大急登の一つ。甲斐駒ケ岳を黒戸尾根経由で登るトレイルランです。2500m(投稿者ストラバより)を一気に登ります。


一応トレランとしましたが、正直トレランに向いているかと言われればそうではないように思います。
それは、登山道の中には手を使わないと先に進めないような場所もあるからです。


それでも今回ラントリップに投稿したのは、ロードバイクのクライマーのように登りが好きで好きで堪らない人がいるように、ともすればトレランであればこそ、そういう登りにおいて絶大な自信を持っている人もいるでしょう。そういう人にとって、このコースはチャレンジする価値があるように感じたからです。


コースの概要としては、まず登山道の入り口は駒ヶ嶽神社と尾白川渓谷駐車場の2つがあります。直ぐに合流しますが、私は後者は混んでいそうでしたのでスタートを駒ヶ嶽神社にしました。どちらを選んでも駐車場代は無料です。


片道10kmのコースを4分割しますと、最初は登りの中に時々平坦な道もある走りやすいコースで丁度良い目印としては清流が流れている場所が区切りです。次は黒戸山に向かって平坦な道もありますが、基本的に急坂が多い箇所です。写真の木の階段が出てくるのはこの辺りから。


次に黒戸山から山小屋まで。ここも激坂が続きます。ちなみに山小屋では水の補給(使用料:100円)が出来るので、万一水が足りなくなる前に補充しておくと良いです。


最後は山小屋から駒ヶ岳山頂まで。ここからが長いです。ガレ場が多く、鎖のロープで手を使って登らなければならない場所も多々あります。ただ標高が3000m近くなってくるので景色は抜群です。甲斐駒ケ岳の名物としては他にライチョウが観れたりするので、そういうのを探しながらゆっくり歩みを進めるのも楽しいと思います(なにせ長いので……)。


下りはピストンで良いと思うのですが、注意点としては山小屋が全体の中間にあるわけではないので、山小屋過ぎたら何もない事を覚えておいてください。
また間違いなく怪我はしやすいコースですので、ファーストエイド用の道具は持って行った方が安心です。

参考タイム 8:20:55 (投稿者)
私の場合は、ほとんどちょっと早い登山くらいになってしまいました。