1. トップページ
  2. 山梨
  3. 北都留郡丹波山村のランニングコース


ルート
路面タイプ
時間帯
距離
起伏
信号機
街灯

ステーション条件

タイプ
機能

検索

今週のおすすめランニングコース

東京オリンピック目前 名所RUN
東京オリンピック目前 名所RUN
東京都渋谷区(8.9km)
ロード,早朝,片道

新宿駅→平田神社→代々木駅→千駄ヶ谷駅 →青山一丁目駅→乃木神社→乃木坂駅→六本木→東京タワー→芝公園→増上寺→浜松町駅

7

行きたい

2

行った

富士駅から岩本山公園まで 梅・桜を求めての往復14㎞コース
富士駅から岩本山公園まで 梅・桜を求めての往復14㎞コース
静岡県富士市(7.2km)
ロード,昼間,早朝,往復

2~3月にオススメのコースです。 往路ゴールの岩本山公園には梅園があり、2月は梅、3月は桜を楽しめます。 また、喫茶店が併設されてるので富士の景色を楽しみながら一息つくことも。 コースとしては基本的に町中を走っていきます。 多少道幅が狭いところがあるので注意。 4㎞過ぎたあたりから最大傾斜10度ほどの坂道が3㎞程続きます。 坂練をしたい人にもいいかもしれません。 坂を登り始めると富士の街並みを見下ろすことが出来ますので、そちらを楽しみながらゆっくりとお進み下さい。 春先にこそ楽しめると思いますので、是非チャレンジしてみて下さい。

10

行きたい

0

行った

横浜 みなとみらい〜山下公園のベイエリア満喫コース
横浜 みなとみらい〜山下公園のベイエリア満喫コース
神奈川県横浜市西区(11.2km)
ロード,夜,夕方,昼間,早朝,往復

みなとみらいをスタートして、りんこうパーク、ハンマーヘッド、赤レンガ、大さん橋、山下公園の横浜見どころを満喫できるコースです。 日中の景色も綺麗ですが、夜景も悪くありません。 信号はほとんどありません。

7

行きたい

0

行った

滞在中のスキマ時間でサクッとRUN!ワイキキ〜ヒルトンラグーン往復
滞在中のスキマ時間でサクッとRUN!ワイキキ〜ヒルトンラグーン往復
アメリカ合衆国 ハワイ州 ホノルル(3.9km)
ロード,早朝,昼間,夕方,往復

ロイヤルハワイアンセンターを発着で、ヒルトンラグーンの往復。 朝ならアウトリガーリーフワイキキビーチリゾートのスタバでRun & coffeeも、昼以降ならキャッスルワイキキショアのSteak shackでがっつりご飯もオススメ!

6

行きたい

2

行った

石田城跡から鬼岳を自由に走るコース
石田城跡から鬼岳を自由に走るコース
長崎県五島市(18km)
ロード,トレイル,早朝,昼間,夕方,往復

日本で最も新しく(江戸幕府末期)に作られた石田城は、城壁が海に囲まれた日本唯一の海城で、その跡地には現在、五島高校があります。石田城跡を最初に訪れ、そこから少し離れた武家屋敷通りでは特徴的な石垣の通りを走ります。そして、福江の歴史スポットの次は福江島のシンボルである「鬼岳」を目指します。 五島福江空港の東側近くにある鬼岳は、全面が芝生に覆われ、美しい流線形が特徴的な標高315mの火山。福江の市街地からは上りが続きますが、鬼岳の展望台までの舗装道路の道のりをクリアすれば、そこからは天国。頂上付近からは福江の市街地や海の向こうに上五島などが望めます。 この展望台付近は芝生の鮮やかな色合いがリラックス効果をもたらします。トレッキングも人気ですが、自由に走るのももちろんOK。ここからは夕日が綺麗に見ることができますが、暗くなると灯りが少ないので早めに帰路につきましょう。帰りはスイスイと足が進む下り道です。 こちらは、ASICSとANA共同で開発した、旅好きランナーにおくるランニングコースです。あなたも、走ることで見つかる地域の魅力をぜひ満喫してみませんか? 詳細は下記URLをチェック! https://tabelog.com/tieup/main/ana_SkyRuntrip/

4

行きたい

1

行った

コース検索結果(5件)

雲取山鴨沢コーストレイル
雲取山鴨沢コーストレイル
山梨県北都留郡丹波山村(23.5km)
トレイル,昼間,往復

朝9時頃駐車場に到着。すでにいっぱいになったが駐車場の真ん中に邪魔にならないようになんとか止めた。行き 4時間、帰りは2時間、途中休憩は1時間弱位。また帰りは走ることができて楽しかった

17

行きたい

4

行った

走りやすいです!雲取山!!
走りやすいです!雲取山!!
山梨県北都留郡丹波山村(20.3km)
トレイル,昼間,往復

緩い上り坂が続き、比較的走りやすい。 日帰りも可能なのでトレーニングに最適!

22

行きたい

9

行った


鴨沢⇄七ツ石山⇄雲取山
鴨沢⇄七ツ石山⇄雲取山
山梨県北都留郡丹波山村(8.8km)
トレイル,早朝,往復

埼玉、山梨、東京の県境に位置し、東京都最高峰、最西端に位置する日本百名山に選ばれている山です。2017mの標高を誇り、山稜からは富士山、南アルプスまで望むことができます。妙法が岳、白岩山とともに三峰山の三山の一つでもあります。雲取山へはいくつかのルートがありますが、今回はバスでのアクセスが容易な鴨沢ルートをご紹介。◆走行距離:往復約23km ◆獲得標高:+約1,500m ◆トレラン中級者での想定時間:往復約6時間

66

行きたい

18

行った

「いざ、東京都最高峰へ」
「いざ、東京都最高峰へ」
山梨県北都留郡丹波山村(20.6km)
トレイル,早朝,昼間,往復

東京都で一番高い山がどのくらいの高さかご存じでしょうか?奥多摩にある雲取山は東京都、埼玉県、山梨県の境界にあり、東京都最高峰。なんと、標高は2000mを超える。東京に2000mの山があるって驚きませんか?そして、何よりその景色を眺めたくなるのは自然なことだと思うんです。そこで今回ご紹介するのは雲取山山頂を目指すために一番定番である鴨沢ルートです。  スタート地点の標高は約500m。最高峰は2000mを超えるので1500mの高低差を一気に稼ぐことになります。気温差も下と上とでは10度近く違い、尾根道で風が出ると体感気温はさらに下がるので防寒着の持参はもちろん、登山マップ、救急セット、補給食や飲み物なども十分に準備してください。  バス停には公衆トイレがあるので準備を済ませ、いざ出発。しばらくは舗装路なのウォーミングアップのつもりで進みましょう。登山口からは未舗装になり、杉林の道をひらすら登ります。ぐぐっと斜度が一旦きつくなりますが、それを越えると、七ツ石小屋への分岐が現れます。尾根道まではもう一息。今回は一目散に雲取山を目指すのでブナ坂方向へ曲がり、巻き道を進みます。道幅が狭い箇所もあるので気をつけて。この辺りからしばらくは斜度が緩やかなので気持ちよく走れるはず。  ブナ坂からは石尾根と呼ばれるメインルートを進みます(この石尾根は奥多摩駅から雲取山を結ぶ稜線です。約40kmありますので鴨沢ルートでものたりない方は是非こちらもチャンレジを)。石尾根は景色が開けて見晴らしはよく、これぞトレラン!!という気分が味わえるはずです、是非とも天気の良い日に行きましょう。奥多摩小屋、小雲取山、雲取山と3回急勾配を越えるといよいよ山頂に到着です。避難小屋の右手奥に進むと標高2017mのサインがあります。一休みをしたら、時間に余裕を持って下山をしましょう。来た道をひたすら戻りますので気持ちのよう下りが続きますが、すれ違い、追い越しの際は挨拶、声かけをお忘れなく。奥多摩駅付近には「奥多摩温泉もえぎの湯」があるのでここでさっぱりしてから帰路につくのもオススメです。  前回紹介した「武田の杜」から比べ、今回のルートは中上級者向けのルートです。天気の良い日の石尾根は最高ですが、反面、悪天候時はとても冷えます。体調や自身の体力、天候などを考慮してチャンレジをしてください。

33

行きたい

4

行った