1. トップページ
  2. 京都
  3. 宮津市のランニングステーション
  4. 天橋立ホテル

会員特典
拠点タイプ
拠点機能

検索

今週のおすすめランニングコース

2/28(日) 第1回ワクワクトレラン「ワクトレ」猿投山
2/28(日) 第1回ワクワクトレラン「ワクトレ」猿投山
愛知県瀬戸市(4km)
トレイル,昼間,早朝,片道

雲興寺からのコースは、猿投神社からよりも階段が多く、脚力の良いトレーニングになります。山道は少ないので、トレランをもっと楽しみたいなら、山頂を越えて、カエル石、大岩展望台、御門杉まで降りて、戻るのがお勧めです。 ●2月28日(日) 第1回【ワクトレ】 猿投山トレラン 高さ:629m 雲興寺⇄猿投山山頂 山頂まで約1時間 往復8km 疲れてなければ、山頂で休憩後、 カエル石、大岩展望台、御門杉まで 降りて、戻ります。  軽食、飲み物持参 7:00雲興寺駐車場集合 お昼頃までには戻る予定

4

行きたい

2

行った

富山湾ラン⛱八重津浜緑地⇆海老江海浜公園
富山湾ラン⛱八重津浜緑地⇆海老江海浜公園
富山県富山市(10.7km)
ロード,昼間,早朝,往復

富山市と射水市の海沿いを往復する10KMコース。信号一切なし、富山湾の海風と波音に包まれて、気持ちよく走れます。八重津浜緑地、海老江海浜公園ともに駐車場・トイレあり。

4

行きたい

0

行った

富士山と水辺の自然が美しいハーフコース
富士山と水辺の自然が美しいハーフコース
山梨県南都留郡富士河口湖町(21.2km)
ロード,早朝,周回

一部に車道走があるものの、平坦な遊歩道が湖畔を取り巻いており、キレイな富士山と水辺を見ながら安心して走れます。距離はほぼジャストのハーフマラソンです。

5

行きたい

1

行った

川沿いラン&葛西臨海公園でハーフ走。
川沿いラン&葛西臨海公園でハーフ走。
東京都江戸川区(21.3km)
ロード,早朝,周回

新中川~旧江戸川~葛西臨海公園~荒川~新川 をグルっと周ってハーフマラソンの距離になります。 土手沿いや公園内がメインのコースなので、走りやすいと思います。1部車道もありますが、車の交通量は少なめです。 葛西臨海公園内や新川沿いにはトイレも数箇所あります。 ゆっくり物見遊山ラン、大会前の刺激走などもできると思います。 荒川沿いの2km位の歩道は直線で見通しも良いのでついつい スピードが上がってしまいます。 このコースで好きなところでもあります。 なかなか楽しいコースですよ。 

2

行きたい

0

行った

早朝ランお勧め幻想的な山中湖
早朝ランお勧め幻想的な山中湖
山梨県南都留郡山中湖村(13.4km)
ロード,早朝,周回

約14kmの、ほぼ全周フラットでロケーション良い快適な周遊路。飽きが来ない楽しいコースです。リピーターも多いのでは。

6

行きたい

1

行った

歌川広重と共にRUN 両国
歌川広重と共にRUN 両国
東京都台東区(10.6km)
ロード,早朝,昼間,夕方,夜,周回

広重の「東都両ごく」を巡ります。隅田川が武蔵国と下総国の国境であったことが命名の由来となっている両国ですが、広重も多数の作品を残しています。春と共に船遊びが始まる様子を描いた広重の作品と共に街の春を感じられるRUNでした。

2

行きたい

1

行った

天橋立ホテル

京都府宮津市字文珠

施設名
天橋立ホテル
URL
http://www.amanohashidate-htl.co.jp/
住所
京都府宮津市字文珠地図を見る
タイプ
宿泊施設
機能

ロッカー

シャワー

駐車場

更衣室

トイレ

コメント
天橋立と言えばココ!
投稿者
すしマン
特典内容

※画像やステーションの情報はユーザーが投稿した当時の情報です。
正確性は保証されませんので、必ず事前に各施設にご確認のうえ、ご利用ください。

「天橋立ホテル」の運営者・オーナ様はラントリップ会員(無料)になると、自分の店舗の情報を編集・プロモーションすることができます。こちらからお問い合わせください。

周辺のコース

日本三景・丹後宮津の天橋立
日本三景・丹後宮津の天橋立
京都府宮津市(7.8km)
ロード,早朝,昼間,往復

日本三景である丹後宮津の天橋立は京都の観光地では穴場で、ゴールデンウイークなどの大型連休でも京都市のように激混みしていません。 海+京都を印象させるその景色は新鮮です。天橋立の入り口にある、船が来た時に回る橋=廻旋橋もおなじみの光景です。何年も変わらぬ日本三景の趣を感じる事が出来ます。夏には海水浴場と化しますので、それ以外の季節であれば人も多くなく快適に走れる事でしょう。 また、2017年4月末に京都府及び宮津市、京丹後市、伊根町、与謝野町の2市2町が国に申請していた『300年を紡ぐ絹が織りなす丹後ちりめん回廊』が日本遺産に認定され、この地域がさらに注目されるキッカケとなりました。 京都の北、丹後地方は古くから織物の里であり、江戸時代に発祥した絹織物「丹後ちりめん」は着物の代表的な生地として日本の和装文化を支えてきました。この地は今も着物の生地の約6割を生産する国内最大の絹織物産地でです。 織物の営みが育んだ、住居と機場が一体となった機屋や商家、三角屋根の織物工場の町並みと、民謡宮津節で歌い継がれた天橋立などの象徴的な風景を巡れば、約300年に渡る織物の歴史や趣を感じることができます。 また、天橋立の隣町の与謝野町では、東京オリンピックをマラソンで目指す与謝野の星でGMOアスリーツの一色恭志選手の地元でもあります。青山学院大学時代は箱根3連覇&大学駅伝3冠のグランドスラムを達成しました。そんな彼も推薦する「丹後ちりめん」が生み出した丹後の町の風情は京都の北部ならではのものです。

24

行きたい

6

行った