1. トップページ
  2. 宮城
  3. 石巻市のランニングステーション
  4. 黄金山神社参集殿

会員特典
拠点タイプ
拠点機能

検索

今週のおすすめランニングコース

木村ピーナッツで一休み。城山を目指す11kmのコース
木村ピーナッツで一休み。城山を目指す11kmのコース
千葉県館山市(10.9km)
ロード,早朝,昼間,夕方,周回

里見義頼によって築城された城山城を目指す11kmのコースです。城山城までは急坂なので登るのが大変ですが、街を一望できる眺望は疲れを吹き飛ばしてくれるはずです。 途中、ピーナッツソフトクリームで有名な木村ピーナッツさんを通るので、美味しいエネルギーも忘れずに。 国道410号から海沿いまでは道幅が狭くなるので、車に注意しながら走ってください。

2

行きたい

0

行った

名古屋三大天神参り
名古屋三大天神参り
愛知県名古屋市中区(15.5km)
ロード,昼間,早朝,周回

名古屋市中区の栄駅をスタートして桜天神社→山田天満宮→上野天満宮→栄駅でゴール! 名古屋七福神参りは最近の名古屋ランナーにも知られてきてますが、三大天神なるものがあるのを今日知りました。 是非チャレンジしてみてください!

2

行きたい

0

行った

歌川広重と共にRUN 安倍川
歌川広重と共にRUN 安倍川
静岡県静岡市葵区(6.7km)
ロード,昼間,早朝,片道

広重の「東海道五拾三次」から「府中宿」を巡ります。幕府の命令で、安倍川は、橋の建設や舟での渡しを禁止していた事から、広重に描かれているような、人足を使って渡っていたそうです。当時は、安倍川上流から砂金が発掘されていたらしく、近所の餅屋が、きな粉を砂金に見立てた餅を家康に献上したところ、たいそう気に入られて「安倍川餅」の名前がついたという事です。

0

行きたい

0

行った

湖西連峰の稜線を巡ります
湖西連峰の稜線を巡ります
愛知県豊橋市(24.8km)
トレイル,昼間,片道

最寄駅のJR二川駅近くにあるの「岩屋緑地公園」をスタートして「なつめ旅館」までの充実した22km。「富士見岩」からは文字通り富士山が望めます。 山道あり、ガレ場あり、最後は旅館の風呂でまったり出来ますよ。

0

行きたい

0

行った

恵那峡散策コース
恵那峡散策コース
岐阜県恵那市(10.1km)
ロード,昼間,早朝,周回

程よいアップダウンのコースで、 歩道が途切れる箇所が所々あります。 公園や大井ダムや恵那峡大橋から恵那峡を一望出来、 四季折々の山々の景色を楽しむことが出来ます。

1

行きたい

0

行った

武蔵御嶽神社→つるつる温泉
武蔵御嶽神社→つるつる温泉
東京都青梅市(7.8km)
トレイル,指定なし,片道

ケーブルカーの御岳山駅→武蔵御嶽神社→御岳山山頂→日の出山→つるつる温泉♨️

3

行きたい

0

行った

黄金山神社参集殿

宮城県石巻市鮎川浜

施設名
黄金山神社参集殿
URL
http://kinkasan.jp/sansyuden/
住所
宮城県石巻市鮎川浜地図を見る
タイプ
宿泊施設
機能

ロッカー

シャワー

駐車場

更衣室

トイレ

コメント
黄金山神社に参拝する人のための宿泊施設です。金華山には鮎川港か女川港からの定期船や海上タクシーを利用して島に渡ります。海が荒れると欠航するので、その点はご留意ください。通常の宿泊施設等と違って、食事や入浴の時間、食事内容、購入できるもの等は自由が効きませんのでご注意。個人的に必要な食料その他は、島に渡る前に調達しておいてください。
投稿者
Kawabata Yasuo
特典内容

※画像やステーションの情報はユーザーが投稿した当時の情報です。
正確性は保証されませんので、必ず事前に各施設にご確認のうえ、ご利用ください。

「黄金山神社参集殿」の運営者・オーナ様はラントリップ会員(無料)になると、自分の店舗の情報を編集・プロモーションすることができます。こちらからお問い合わせください。

周辺のコース

ご利益(りやく)いっぱいな金華山の山頂から
ご利益(りやく)いっぱいな金華山の山頂から
宮城県石巻市(4.6km)
トレイル,昼間,往復

金華山は、かつて金が取れたということに由来した名前で、島内には黄金山神社があり、日本五大弁財天のひとつということで、3年連続でお詣りすると一生お金に困らないのだとか(「困らない」のであって「お金持ち」になるのとはまた違う、という説も)。島内では、たくさんのコガネムシを見かけるのも、そのせいでしょうか。 そして、2011年の東日本大震災の震源に最も近い陸地が金華山で、島の東側を中心に大きな被害の出た場所でもあります。 そんな金華山ですが、自然のまま残された美しい森林の中で鹿がゆったりと草を食むのどかな風景と、山頂からの太平洋や牡鹿半島などの陸地を見渡す風景は一見の価値あり。 登山道には、ポイントごとに道標もあり、山頂までは比較的整備されていますので、特に神社から出発して稜線にたどり着くまでの間(八合目まで)はあまり問題ないでしょう。稜線にたどり着いてからは坂道も急で、踏石が浮き気味だったりと道の整備状況が良くない場所があるので、ランではなくウォークで。山頂まで片道約2kmで標高差300mほどになります。 地図のコースには含まれていますが、山頂(大海祇神社・奥の院)から先の展望台や、天柱石への道はランには適しませんので、その点もご注意ください。 また、春から秋にかけてはヤマビルが発生する場所でもありますので、ヒルよけの対策はご留意ください(命に別条はないですが、知らない間に血を吸われて出血でびっくり、ということがあるようです)。

8

行きたい

1

行った