1. トップページ
  2. 東京
  3. 千代田区のランニングステーション
  4. ザ・ペニンシュラ東京

会員特典
拠点タイプ
拠点機能

検索

今週のおすすめランニングコース

ひるがの高原散策プラン
ひるがの高原散策プラン
岐阜県郡上市(7.1km)
トレイル,昼間,周回

長良川源流のブナ広葉樹林の森で ふかふかのじゅうたんの上を走る感覚を体験されてみてはいかがでしょう 走り終えたら牧歌の里温泉 これひるがの高原の基本です

6

行きたい

0

行った

街からビーチとても爽やかな朝
街からビーチとても爽やかな朝
アメリカ合衆国 ハワイ州 ホノルル(10.8km)
ビーチ,ロード,夕方,早朝,周回

静かなカラカウア通りからヒルトンハワイアンビレッジへカナハモクビーチからラグーナビーチ、アラナモアボート港、マジックアイランドラグーンからアラモアナパークへ 運河沿いを通りちょうど10kmよいコースができました いいな^_^ハワイ在住の人 散歩をする人、ランをしている人とすれ違います みんな気持ち良さそう^_^ 島全体がパワースポットなのかなぁ 疲れているはずなのに身体が前に出る すごく不思議な感覚 アラワイブルーバード ワイキキはその昔沼地だったそうです この運河を作った時に出た砂でビーチを作ったとか この旅RUN 走りながらその土地を学ぶ そんな旅になりそうです

5

行きたい

0

行った

 BE KOBE(メリケンパーク)から新BE KOBE(ポートアイランド)へ
BE KOBE(メリケンパーク)から新BE KOBE(ポートアイランド)へ
兵庫県神戸市中央区(4.6km)
ロード,早朝,昼間,夕方,夜,片道

メリケンパークから海沿いにボートアイランドに新しくできた新BE KOBEモニュメントを目指します。 メリケンパークにあるポートタワー、震災メモリアルパーク、フィッシュダンス、神戸大橋、ポーアイ北公園の異人館を見ながら海沿いを走るのは気持ちいいものです。 新BEKOBEモニュメントは文字の所が空洞になっているので、夕焼けやイルミネーションなどいろいろな表情を楽しむことができます。

8

行きたい

0

行った

群馬県、上州三名湯伊香保温泉から水沢街道を巡る13キロの周遊
群馬県、上州三名湯伊香保温泉から水沢街道を巡る13キロの周遊
群馬県渋川市(12.9km)
ロード,早朝,昼間,周回

群馬県、上州三名湯の1つと言われている伊香保温泉から水沢街道を巡る13キロの周遊ラン。 名物の石段の温泉街、伊香保温泉の最上段にある伊香保神社を参拝して石段の横道を下りながら水沢街道、坂東三十三観音の第16番札所、天台宗の名刹水沢観音寺、水沢うどん街を通り渋川カントリークラブをまわりながら渋川伊香保線を約4キロ上り伊香保温泉街へもどるアップダウンの13キロ筋トレランニングです。  伊香保温泉の石段は伊香保神社まで365段あり、自分の誕生日段を数えて写真撮影するのが人気の様です。温泉は茶色で鉄分が多く含まれる硫酸塩泉で特に体を温め血行を促す効果があり女性には「子宝の湯」として知られています。昨今では、無色透明無臭のメタけい酸泉で健康増進効果の「白銀の湯」もあります。

4

行きたい

0

行った

みちのく潮風トレイル(相馬市)
みちのく潮風トレイル(相馬市)
福島県相馬市(19.8km)
ロード,昼間,周回

起点から相馬市のモデルコースをトレースし、途中から起点へ戻る周回ルートです。 ほぼ、人とすれ違うことの無い、超長閑ルート😅

5

行きたい

0

行った

ザ・ペニンシュラ東京

東京都千代田区有楽町1丁目8-1

施設名
ザ・ペニンシュラ東京
URL
http://tokyo.peninsula.com/ja/default
住所
東京都千代田区有楽町1丁目8-1地図を見る
タイプ
宿泊施設
機能

ロッカー

シャワー

駐車場

更衣室

トイレ

コメント
日本を代表する五つ星ホテルにして、ホテル新御三家の一つです。皇居ランももちろんのこと、有楽町・銀座・丸の内にもすぐ行ける日本最高のロケーションです。
投稿者
すしマン
特典内容

※画像やステーションの情報はユーザーが投稿した当時の情報です。
正確性は保証されませんので、必ず事前に各施設にご確認のうえ、ご利用ください。

「ザ・ペニンシュラ東京」の運営者・オーナ様はラントリップ会員(無料)になると、自分の店舗の情報を編集・プロモーションすることができます。こちらからお問い合わせください。

周辺のコース

東京アートスポット②丸の内仲通り界隈
東京アートスポット②丸の内仲通り界隈
東京都千代田区(2.6km)
ロード,早朝,昼間,夕方,往復

その昔は、三菱財閥の初代、岩崎弥太郎氏や、四代目にして昭和初期20年間に三菱の企業理念を定着させた、GHQにNOと言った男、岩崎小彌太氏らが作り上げた丸の内界隈。 明治時代は一丁倫敦 (いっちょうろんどん)という名前で赤煉瓦街として有名な洋風な街でしたが、関東大震災や戦争を経て、終戦後、三菱地所の再開発によってこの街は、国際都市に生まれ変わりました。 国際都市に求められるものは、交通の利便性、ビジネス拠点、ショッピング、ホテル、自然、そして“芸術”でした。三菱地所はそれを景観を保ちながらも街を緑化とともにアートの街に変えていきました。 三菱地所は定期的に、丸の内仲通りにて丸の内ストリートギャラリーとして芸術作品を仲通りで展示しています。今回で41回目になり、定期的に作品が入れ替わります。 http://www.marunouchi.com/pdf/art_map.pdf その他、三菱美術館や、相田みつを美術館など、この街に必要とされているアートを是非ご覧になってください。 補足ですが、三菱地所とリガーレ(大丸有エリアマネジメント)は丸の内仲通りにて週末にイベントをたまに行っています(丸の内盆踊り、丸の内駅伝、NIKE FASTEST MILE等々)。

0

行きたい

2

行った