1. トップページ
  2. 東京
  3. 豊島区のランニングステーション
  4. 東京染井温泉 SAKURA

会員特典
拠点タイプ
拠点機能

検索

今週のおすすめランニングコース

歌川広重と共にRUN 小名木川
歌川広重と共にRUN 小名木川
東京都墨田区(4.1km)
ロード,早朝,昼間,夕方,夜,往復

広重の作品「小名木川五本まつ」を巡ります。1659年に造られた人工川の堅川から、大横川、小名木川に入ります。実際の場所には、五本松は3本しかなく、近郊の松を写しました。当時の小名木川も現在同様に直線だったらしいのですが、遠近感を出す為に広重が曲線に描いたと伝えられています。

0

行きたい

0

行った

三浦・城ヶ島RUN🏃🏃‍♀️💨
三浦・城ヶ島RUN🏃🏃‍♀️💨
神奈川県三浦市(16.7km)
ロード,トレイル,昼間,周回

以前テレビで放映された三浦・城ヶ島にRuntrip* 曇天のなか潮風スポーツ公園を起点に、大根畑を抜け、風車、城ヶ崎大橋、馬の背洞門を巡って帰ってきました。帰りに「まるよし食堂」さんでマグロ🐟を食してきたかったのですが、あまりの混雑ぶりに断念(;´ω`)また来る口実を残せたランでした。

8

行きたい

1

行った

荒川〜仙台堀川〜隅田川
荒川〜仙台堀川〜隅田川
東京都足立区(29.5km)
ロード,早朝,昼間,周回

リバーサイドといえば、荒川、隅田川、 その二つの川を江戸由来の運河、仙台堀川を経由して贅沢に繋ぎます! 千住新橋をスタートして、荒川をひたすら南下、 葛西橋から仙台堀川公園に入って、 隅田川に入り千住新橋まで戻る。  全長30kmほどの行程になります。 ランニングやサイクリングの聖地の一つ荒川は、 幅広なロードが河口まで整備されてますので、ペース走には最適。 その後隅田川に至るまで、仙台堀川公園〜木場公園〜清澄公園と公園RUNを繋いでいきますが、公園RUNは、起伏やカーブありで直線一辺倒だった荒川とうってかわって、飽きさせないコース。 隅田川に入れば、テラスロードをスカイツリーや屋形船を眺めながらの東京の観光RUN。 ロングコースですが、それぞれ趣の異なる道を進みますので、飽きることなく進めることでしょう!

7

行きたい

1

行った

木崎湖湖畔の裸足に優しい小熊山
木崎湖湖畔の裸足に優しい小熊山
長野県大町市(15.3km)
トレイル,ロード,昼間,早朝,往復

鹿島槍黒沢高原駐車場から小熊黒沢林道(舗装されている)を進み小熊山ハイキングコースを木崎湖の展望台を経て小熊山まで往復。車も殆ど通らないロードと静かなトレイルで人もあまりいないので土はふかふかで、裸足にも優しい道です。 登山道なので街灯、自販機などないので飲み物、食べ物持参してください。 往復15km。

3

行きたい

0

行った

南伊豆町の海岸線とパワースポットを巡るお散歩ランコース
南伊豆町の海岸線とパワースポットを巡るお散歩ランコース
静岡県賀茂郡南伊豆町(4.7km)
トレイル,早朝,片道

南伊豆町の海沿いの観光スポット弓ヶ浜〜逢ヶ浜〜タライ岬〜龍宮窟〜田牛サンドスキー場までのコースです。 岩場を歩いたりアップタウンのある山の中の遊歩道を歩いたりするのが気持ちいいです。 南伊豆ははやはり海の青さが違いますね。 切り立った岩場の断崖も見ごたえがあります。 龍宮窟は昔は観光でもスポットでなかったのに、最近はすごい観光客が多くなりました。ハートに見えるのが人気の秘密だそうです。 サンドスキー場ではソリを借りて砂にまみれながら滑ることができます。

8

行きたい

0

行った

東京染井温泉 SAKURA

東京都豊島区駒込5丁目4-24

施設名
東京染井温泉 SAKURA
URL
http://www.sakura-2005.com
住所
東京都豊島区駒込5丁目4-24地図を見る
タイプ
温浴施設
機能

ロッカー

シャワー

駐車場

更衣室

トイレ

コメント
都内中心部にありながら天然温泉が楽しめます。その割に値段もリーズナブル。館内での飲食も可能。露天風呂もあるので、のぼせずにゆっくりと湯に浸かれるのも◎。
荷物を預かってくれない可能性があるので、まず巣鴨駅のコインロッカーに荷物を預け、白山通り沿いのバス停からピンク色の無料送迎バスに乗って行くことをお勧めします。走後は、根津駅から西日暮里駅経由で巣鴨駅まで戻り、荷物をピックアップして再び送迎バスで温泉へ。

荷物がない(持って走る)方には、コースの途中、千駄木駅付近にある銭湯「朝日湯」も、休日は午前10時から営業していて手ぶら入浴も可能なので、ここを起点にするアレンジもおすすめします(コース写真参照)
投稿者
Kawabata Yasuo
特典内容

※画像やステーションの情報はユーザーが投稿した当時の情報です。
正確性は保証されませんので、必ず事前に各施設にご確認のうえ、ご利用ください。

「東京染井温泉 SAKURA」の運営者・オーナ様はラントリップ会員(無料)になると、自分の店舗の情報を編集・プロモーションすることができます。こちらからお問い合わせください。

周辺のコース

藍染川(谷田川)の記憶をたどる道
藍染川(谷田川)の記憶をたどる道
東京都豊島区(5.3km)
ロード,早朝,昼間,夕方,片道

かつて川だった道を走るシリーズ(※)、今回は駒込付近から上野の不忍池まで流れていたという藍染川(谷田川)の上をたどります。 川の源流はいくつかあったと言われていますが、その一つが今の染井温泉あたり。そこから不忍池まで、なだらかに(時に激しく)蛇行するルートが、そのまま道になっています。すでに暗渠となって100年くらい経つそうなので、かつて川だったことの名残を見付けることはなかなか難しいのですが、道としては不自然に蛇行を繰り返すことが川の道の特徴。 かつて長池という水源があったという染井霊園を出て、途中、霜降橋付近のしもふり商店街、山手線をくぐって、田端の文士芸術家村、田端銀座、谷田橋、よみせ通り、延命地蔵尊、へび道と、藍染川に沿ってひらけた街をはしります。橋がないのに地名に橋がついているというのも、川沿いだったことを物語ります。 山手線からよみせ通りまでの間はそれほどでもありませんが、よみせ通りから先は、いわゆる谷根千の散策ルートでもあり、休日の昼間は人通りでごった返すこともありますので、歩いて通るくらいのつもりでどうぞ。途中信号も多いので、スピードを上げるコースではなく、のんびりとルートの景色を楽しむ、時に立ち止まって街の様子を楽しむことが目的のコースです。 残念ながら、道は不忍池の手前で途切れていますが、ここから根津駅に抜けるところをゴールにしました。元気のある方は、来た道を戻るもよし、少し寄り道して谷根千の散策を楽しむのもおススメです。ご参考までに、谷根千のスイーツ食べまくりコースはこちら→ https://runtrip.jp/course/detail?coid=427 (走った時期:2016年5月) (※)かつて川だった道、桃園川緑道はこちら→ https://runtrip.jp/course/detail?coid=278

12

行きたい

2

行った