1. トップページ
  2. 東京
  3. 豊島区のランニングステーション
  4. 東京染井温泉 SAKURA

会員特典
拠点タイプ
拠点機能

検索

今週のおすすめランニングコース

木村ピーナッツで一休み。城山を目指す11kmのコース
木村ピーナッツで一休み。城山を目指す11kmのコース
千葉県館山市(10.9km)
ロード,早朝,昼間,夕方,周回

里見義頼によって築城された城山城を目指す11kmのコースです。城山城までは急坂なので登るのが大変ですが、街を一望できる眺望は疲れを吹き飛ばしてくれるはずです。 途中、ピーナッツソフトクリームで有名な木村ピーナッツさんを通るので、美味しいエネルギーも忘れずに。 国道410号から海沿いまでは道幅が狭くなるので、車に注意しながら走ってください。

3

行きたい

0

行った

名古屋三大天神参り
名古屋三大天神参り
愛知県名古屋市中区(15.5km)
ロード,昼間,早朝,周回

名古屋市中区の栄駅をスタートして桜天神社→山田天満宮→上野天満宮→栄駅でゴール! 名古屋七福神参りは最近の名古屋ランナーにも知られてきてますが、三大天神なるものがあるのを今日知りました。 是非チャレンジしてみてください!

4

行きたい

0

行った

歌川広重と共にRUN 安倍川
歌川広重と共にRUN 安倍川
静岡県静岡市葵区(6.7km)
ロード,昼間,早朝,片道

広重の「東海道五拾三次」から「府中宿」を巡ります。幕府の命令で、安倍川は、橋の建設や舟での渡しを禁止していた事から、広重に描かれているような、人足を使って渡っていたそうです。当時は、安倍川上流から砂金が発掘されていたらしく、近所の餅屋が、きな粉を砂金に見立てた餅を家康に献上したところ、たいそう気に入られて「安倍川餅」の名前がついたという事です。

0

行きたい

0

行った

湖西連峰の稜線を巡ります
湖西連峰の稜線を巡ります
愛知県豊橋市(24.8km)
トレイル,昼間,片道

最寄駅のJR二川駅近くにあるの「岩屋緑地公園」をスタートして「なつめ旅館」までの充実した22km。「富士見岩」からは文字通り富士山が望めます。 山道あり、ガレ場あり、最後は旅館の風呂でまったり出来ますよ。

0

行きたい

0

行った

恵那峡散策コース
恵那峡散策コース
岐阜県恵那市(10.1km)
ロード,昼間,早朝,周回

程よいアップダウンのコースで、 歩道が途切れる箇所が所々あります。 公園や大井ダムや恵那峡大橋から恵那峡を一望出来、 四季折々の山々の景色を楽しむことが出来ます。

1

行きたい

0

行った

武蔵御嶽神社→つるつる温泉
武蔵御嶽神社→つるつる温泉
東京都青梅市(7.8km)
トレイル,指定なし,片道

ケーブルカーの御岳山駅→武蔵御嶽神社→御岳山山頂→日の出山→つるつる温泉♨️

3

行きたい

0

行った

東京染井温泉 SAKURA

東京都豊島区駒込5丁目4-24

施設名
東京染井温泉 SAKURA
URL
http://www.sakura-2005.com
住所
東京都豊島区駒込5丁目4-24地図を見る
タイプ
温浴施設
機能

ロッカー

シャワー

駐車場

更衣室

トイレ

コメント
都内中心部にありながら天然温泉が楽しめます。その割に値段もリーズナブル。館内での飲食も可能。露天風呂もあるので、のぼせずにゆっくりと湯に浸かれるのも◎。
荷物を預かってくれない可能性があるので、まず巣鴨駅のコインロッカーに荷物を預け、白山通り沿いのバス停からピンク色の無料送迎バスに乗って行くことをお勧めします。走後は、根津駅から西日暮里駅経由で巣鴨駅まで戻り、荷物をピックアップして再び送迎バスで温泉へ。

荷物がない(持って走る)方には、コースの途中、千駄木駅付近にある銭湯「朝日湯」も、休日は午前10時から営業していて手ぶら入浴も可能なので、ここを起点にするアレンジもおすすめします(コース写真参照)
投稿者
Kawabata Yasuo
特典内容

※画像やステーションの情報はユーザーが投稿した当時の情報です。
正確性は保証されませんので、必ず事前に各施設にご確認のうえ、ご利用ください。

「東京染井温泉 SAKURA」の運営者・オーナ様はラントリップ会員(無料)になると、自分の店舗の情報を編集・プロモーションすることができます。こちらからお問い合わせください。

周辺のコース

藍染川(谷田川)の記憶をたどる道
藍染川(谷田川)の記憶をたどる道
東京都豊島区(5.3km)
ロード,早朝,昼間,夕方,片道

かつて川だった道を走るシリーズ(※)、今回は駒込付近から上野の不忍池まで流れていたという藍染川(谷田川)の上をたどります。 川の源流はいくつかあったと言われていますが、その一つが今の染井温泉あたり。そこから不忍池まで、なだらかに(時に激しく)蛇行するルートが、そのまま道になっています。すでに暗渠となって100年くらい経つそうなので、かつて川だったことの名残を見付けることはなかなか難しいのですが、道としては不自然に蛇行を繰り返すことが川の道の特徴。 かつて長池という水源があったという染井霊園を出て、途中、霜降橋付近のしもふり商店街、山手線をくぐって、田端の文士芸術家村、田端銀座、谷田橋、よみせ通り、延命地蔵尊、へび道と、藍染川に沿ってひらけた街をはしります。橋がないのに地名に橋がついているというのも、川沿いだったことを物語ります。 山手線からよみせ通りまでの間はそれほどでもありませんが、よみせ通りから先は、いわゆる谷根千の散策ルートでもあり、休日の昼間は人通りでごった返すこともありますので、歩いて通るくらいのつもりでどうぞ。途中信号も多いので、スピードを上げるコースではなく、のんびりとルートの景色を楽しむ、時に立ち止まって街の様子を楽しむことが目的のコースです。 残念ながら、道は不忍池の手前で途切れていますが、ここから根津駅に抜けるところをゴールにしました。元気のある方は、来た道を戻るもよし、少し寄り道して谷根千の散策を楽しむのもおススメです。ご参考までに、谷根千のスイーツ食べまくりコースはこちら→ https://runtrip.jp/course/detail?coid=427 (走った時期:2016年5月) (※)かつて川だった道、桃園川緑道はこちら→ https://runtrip.jp/course/detail?coid=278

13

行きたい

2

行った