カバー画像を変更

0%


プロフィール
  画像を変更

0%

変更を保存
キャンセル




フォロー
  • 東京都狛江市
  • ランニングコンディショニングトレーナー
  • http://www.abcr.jp/

菅原 航陽 

秋田県仙北市(旧:角館町)生まれ、横手市・秋田市育ち。

ランニング専門のトレーナーとして、走るための身体の準備・コンディションを整える指導の専門家として活動中。

自らの走りのモチベーションは「ラントリップ」であり、特に地方のいい道を伝えることをミッションに、またニッチで面白い道の開拓のために、どこへでも走りに行きます!

日本随一のパワースポット分杭峠【14km】
日本随一のパワースポット分杭峠【14km】
長野県伊那市(14.2km)
ロード,早朝,昼間,往復

長野県伊那市(旧:長谷村)と大鹿村との境目に位置し、日本随一のパワースポットとして知られる分杭峠を往復する、片道7kmのコースです。 日本最大の断層である中央構造線の真上にあり、二つの地層がぶつかり合っていることから「ゼロ磁場」として紹介され、知る人ぞ知る有名なスポットになっています。 が、それだけでなく、標高864mから1421mまで、7kmで550mも駆け上がり下るそのコースは、かなり良いトレーニングになります! コースはずっと木陰になっており、夏でもずっと涼しくむしろ少し肌寒いくらいで、夏場の走り込みにはもってこいのコースです。 日が暮れると熊などの野生動物が出没する危険がかなり高いので、日のあるうちに走りましょう。 昼間でも野生のニホンザルによく遭遇します。 上るにつれて見えてくる南アルプスの雄大な山々を眺めながら、最高に綺麗な空気をたっぷり吸い込み峠を思いっきり駆け上がると、これ以上無い充実感が待ってますよ♪

17

行きたい

2

行った

秋田市千秋公園周遊コース【約7km】
秋田市千秋公園周遊コース【約7km】
秋田県秋田市(7.7km)
ロード,トレイル,トラック,早朝,昼間,夕方,周回

JR秋田駅から徒歩5分にある、久保田城下に広がる城址公園「千秋公園」の中とその周辺の散策ランニングコースです。 秋田市の中心地にありながら、一歩公園内に踏み入れるとそこはもう喧噪を忘れた緑と、旧久保田城や与次郎稲荷神社、彌高神社等の神社など、古き時代を感じる建物が散在し、また秋田市を一望出来る眺めもありと、秋田のRuntripと言えばまずはここというべきコースになっています。 また、お城へ繋がる坂を駆けあがるコースになっているため、短いコースの中に急激なアップダウンがあり、実は非常に走り応えのあるコースでもあります。 今回のルートでは公園内から少し足を伸ばし、最近オールウェザートラックとなった秋田大学の陸上競技場も含んだコースを選んでいますが、もちろん公園内だけでもOK。(陸上競技場はマナーを守った利用を) そこまで足を伸ばしても信号は一切無い(一ヶ所踏切有)ところも魅力のひとつでしょうか。 駅近で、緑多く、坂多く、ロード・砂利・トラックあり、秋田を感じることの出来る贅沢なコースです!

13

行きたい

7

行った

南アルプスの内側ど田舎ラン【8.5km】
南アルプスの内側ど田舎ラン【8.5km】
長野県伊那市(9km)
ロード,早朝,昼間,往復

南アルプスの中央構造線の内側に抱かれた標高約1000m、まさに山奥。人里離れた中にある人里を駆けるコースです。現在は長野県伊那市の一部ですが、平成の大合併以前は上伊那郡長谷村という村でした。 途中には仙丈ケ岳等、南アルプスの山々への登山口もあり、平地と坂が豊富なコースを作り出します。 晴れた日には空の青色とそれを挟み込むように広がる山の緑とのコントラストが鮮やかすぎる田舎道。 真夏の日中でも気温は低く、避暑&高原合宿地としては隠れた名スポット!? コース上に度々現れる岩清水の横を通り過ぎる時には、なぜかホッとしてしまうような爽やかな清水風を感じることが出来、疲れたときでも息を吹き返します。 コースの目玉は「美輪湖」というダム湖。天竜川の上支流、三峰川(みぶがわ)の流れの中にあり、降雨後には上流の山肌の崩落が原因で白濁してしまいます。お天気次第でガラリと変わる風景。 信号は一切無く、街灯もほぼありません。交通量はほどほどにあり、また野生動物も多く出現するため、夜は大変危険です。 日中でも河原ではニホンザルの親子を発見できるかも?コース上のサルのフンには要注意(笑)

9

行きたい

0

行った

山越え神社巡りフルマラソン@京都滋賀
山越え神社巡りフルマラソン@京都滋賀
京都府京都市東山区宮川筋1丁目(41.2km)
ロード,トレイル,昼間,周回

京都は祇園をスタートして東山区内、建仁寺、高台寺、石塀小路を見ながら知恩院を巡った後、蹴上の坂から山科区を目指してまずはひと山越えます。 山科区内も逢坂山を目指して上り続け、逢坂の関を越えて滋賀県大津市は琵琶湖まで。 琵琶湖を経由して更にひと山上り、近江神宮の鮮やかな朱色に魅せられつつ折り返します。 帰り道は三井寺を眺めながら、小関越えと呼ばれる旧道を、豊かな自然を感じながら再び山越え。 下った先、琵琶湖疎水に沿って再び山科区を駆け、進路を南西に向けます。 最後に立ちはだかるは稲荷山トレイル! 竹林を越え、涼やかな空気を感じながら深草町を経て稲荷山から京都伏見稲荷を見下ろし、千本鳥居の朱に感じ入りつつ少し休憩のウォーク(日中の境内は観光客も多く走るのは困難な為) 伏見稲荷を出たら、伏見稲荷駅を経由して鴨川沿いへ出、起伏の多いロングランの疲れを鴨川の平地で癒しながら拠点へと帰ります。

19

行きたい

1

行った