1. トップページ
  2. 北海道
  3. 札幌市のランニングコース
  4. 【東京オリンピック】マラソンコース 記念銘板巡りラン ランニングコース


ルート
路面タイプ
時間帯
距離
起伏
信号機
街灯

ステーション条件

タイプ
機能

検索

【東京オリンピック】マラソンコース 記念銘板巡りラン

北海道札幌市北区(16.8km)

ardnanar

おすすめの時間帯
早朝
路面タイプ
ロード
起伏の多さ
少ない
信号機の多さ
多い
街灯の多さ
普通
0

行きたい

0

行った

行きたいしている人を見る

コースのルートや、拠点となるステーション情報は
会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

札幌で開催された東京オリンピックのマラソン。
マラソンコースの各地点(スタート、5km毎、ハーフ、ゴール)に、記念銘板(プレート)が埋め込まれました。
以前紹介した大きいループを走れば全てを網羅できますが、ここではショートカットをした最短コースを紹介します。
スタートは大通公園。札幌大通公園前郵便局の前、大通西4丁目のバス停があるところにスタート地点があります。プレートではないですが、大通西10丁目に五輪のモニュメントがあるので、そこも立ち寄るコースになっています。パラリンピックが終わる、9月5日まで設置されているようです。
駅前通りを南下し、中島公園にぶつかるT字路を左に曲がってすぐに、5km地点。進行方向に向かって、左側の歩道です。
南大橋を渡って平岸街道までショートカット。実際のコースを逆走するかたちで、平岸街道を南下し、ザ・ビッグ エクスプレス平岸店というスーパーの前に、10km地点。
創成川通りの北16条付近、藤女子大の脇に、15km、25km、35kmと立て続けにあります。ここも進行方向に向かって、左側の歩道です。
本来のコースはここから北24条まで北上するのですが、北18条をショートカット。直進するとちょうど北大に入ります。北大構内メインストリート、工学部の前に、20km、30km、40kmと立て続けにあります。ここは進行方向に向かって右側の歩道。
北大の南門を出て、ヨドバシカメラの少し手前にハーフ地点。こちらも進行方向、右側です。
駅前通りに出て、大通公園にゴール地点。ここは進行方向、左側です。
およそ16kmの周回コースでした。プレートは歩道にそっと埋め込まれていますので、気にしていないと間違いなく素通りします。また、歩道の右側と左側、統一されていないので注意が必要です。私自身途中で迷ってうろうろしたり、五輪のモニュメントも見に行ったので、もう少し短い距離で制覇することができると思います。オリンピック気分を味わいつつ、札幌の観光スポットも巡ることができるコースで、札幌遠征ランにオススメです。

ランニングシューズで迷わない!選び方や人気商品のレビューをご紹介