1. トップページ
  2. 北海道
  3. 利尻郡利尻富士町のランニングコース
  4. 海抜ゼロからの利尻岳。鴛泊ー山頂ー沓形トレイル ランニングコース


ルート
路面タイプ
時間帯
距離
起伏
信号機
街灯

ステーション条件

タイプ
機能

検索

海抜ゼロからの利尻岳。鴛泊ー山頂ー沓形トレイル

北海道利尻郡利尻富士町(17km)

Harehare

おすすめの時間帯
昼間
路面タイプ
トレイル
起伏の多さ
多い
信号機の多さ
少ない
街灯の多さ
少ない
8

行きたい

0

行った

行きたいしている人を見る

コースのルートや、拠点となるステーション情報は
会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

■登り概況
鴛泊コースから。8合目まではさほどきつくない。8合目を越えると勾配がきつくなり、
また休める箇所も少ない。沓形コースと合流するあたりから、ガレていて歩きにくい。
とくに危険な箇所は無い。

■登り登山口まで
海抜ゼロからの登山を目的にしていたので宿から10分ほどで港に出る。この時期の4時はまだ暗い。半袖シャツで問題ない。
港を過ぎて標識に従い左に曲がり、緩やかな登りを登ってゆく。
島内の宿泊施設からの送迎バス何台かに抜かれる。旅館を出て1時間ほどで登山口に到着。
ここで、トイレを済ませる。この先は携帯トイレを使わなくてはならない。

■登り8合目まで
登山口から5分ほどで甘露泉水に到着。甘い湧き水である。ここで水を汲んで山頂でのコーヒー用に持っていくとよい。雨や雪が地下水となってここから湧き出るのに20年かかるらしい。
なだらかな登りを登っていく。眺望はないが楽に登っていくことができる。
5合目辺りまで登ると少し勾配がきつくなり時々ペースを緩めながら登る。
何箇所かの展望台とトイレブースを通過。
8合目辺りまで登ってくると場所によっては風が強く吹いて、そういうところで休憩していると寒くなる。なので、休憩もそこそこに歩き続ける。

■登り頂上まで
8合目を過ぎると勾配はかなり急になり、時々歩を休める必要がある。直登に近いルートなので休める区間が少ない。9合目に「ここからが正念場」の書いてあったが、自分は9合目までの方がキツかった。
9合目を過ぎて少し登ると沓形コースとの合流地点がある。この辺りからのガレ具合は凄い。足の置き位置を考えないと、足を踏み出しても元の場所まで戻ってしまいそうだ。ただ、登山道の両脇にロープが固定されているので、これを頼りにすると登りやすい。

山頂近くのガレているところには、周りよりも2、3m浸食しているところがある。登山者の影響もさることながら、降った雨の流れるときに、一緒に流されてしまうらしい。いつかは、この登山道は通れなくなるかもしれないと思った。
この浸食された箇所を抜けると山頂はもうすぐ。祠が見えてくる。

■山頂
祠がある。登って来た道と反対側に、南峰とローソク岩が見える。
今日は雲なく快晴で、礼文島、稚内、樺太が見渡せる。
360度の展望。まったく悪くない。

■下り概況
沓形コースから。ガレ場をトラバースするところは気をつけて渡ればそう危なくはない。
鴛泊コースよりも勾配がきつく感じた。

■下り沓形コース合流まで
ガレ場の下りは登りよりも神経を使う。気をつけないと、踏み出した足がそのままズルズル滑っていってしまう。足が滑らない箇所を探しながら、
登りと同じ位の時間をかけて、ゆっくり降りていく。ロープは周りに他の人が使ってないことを確認しながら補助的に使う。間もなく沓形コースとの分岐地点に到着。

■下山沓形コース登山口まで
沓形コースには難所が何箇所かある。
まずは親不知子不知。ネーミングが良くない。落石があるようなところをトラバースする。路面が濡れていると危険そうだが、
今日は乾いていて、気をつけながら渡れば大丈夫。
次に背負子投げ。かなり急な岩場を降りてゆく。大きな荷物があると少し辛いかもしれない。こちりも慎重に降りれば大丈夫。
沓形コースは、基本的に鴛泊コースよりも勾配がキツかった。太ももがジワジワと疲労していく。無理せずゆっくり降りる。
途中、登山道を修復作業している方とすれ違った。ここまで修復のための道具をあげて来てんだ、と思うと頭が上がらない。大事に登山道を使わないと。
標高が1000mを切ると勾配はゆるくなるが、木の根っこが飛び出ていたり、
ぬかるんだ滑りやすい土が大半で、走れる箇所はほとんどなかった。
登山口到着まで、登りと同じ位の時間がかかった。
沓形コースは人影はまばら。出会ったのは、登山道の修復作業員を除くと、3人だった。

ランニングシューズで迷わない!選び方や人気商品のレビューをご紹介