1. トップページ
  2. 京都
  3. 京都市のランニングコース
  4. 京都の新スポット・将軍塚青龍殿への道 ランニングコース


ルート
路面タイプ
時間帯
距離
起伏
信号機
街灯

ステーション条件

タイプ
機能

検索

京都の新スポット・将軍塚青龍殿への道

京都府京都市左京区(5.7km)

すしマン

おすすめの時間帯
早朝,昼間,夜
路面タイプ
ロード,トレイル
起伏の多さ
多い
信号機の多さ
少ない
街灯の多さ
少ない
33

行きたい

4

行った

行きたいしている人を見る

コースのルートや、拠点となるステーション情報は
会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

1枚目の写真にあります、京都の新定番・超穴場の「天台宗青蓮院門跡 将軍塚青龍殿」を目指すコースです。

まず、将軍塚と青龍殿について説明します。

将軍塚は、

「8世紀の末、桓武(かんむ)天皇が平安京造営に際し、王城鎮護のため、高さ8尺(約2.5メートル)の土の人形に甲冑(かっちゅう)を着せ、弓矢を持たせ、京都の方を向けて埋めた塚であると伝えられている」

(京都観光NAVIより引用)

とありますが、実際には昔から不良が入り浸る夜景スポットとして有名で、夜は心霊スポットとしても不良たちに人気がありました。(私は京都が地元なんです)

何故不良たちに人気があるのか?それは山の中にあるからです。バイクで二人乗りして、不良デビューを果たすわけです。そして、将軍塚からの夜景を見るわけです。

ですので、ここに来るためには通常、車、バイク、タクシー、バスです。今回は健脚の方のために徒歩とジョギングでのルートをご紹介します。

次に、青龍殿について説明します。ここは、私も最近まで知りませんでした。なぜなら、平成26年に建設されたからです。

http://www.shogunzuka.com/seiryuden.html?PSID=hk43qtqp5l4gdpqdr8q3d3hkj1

つまりは新しい建物というわけです。ですから京都の東山の新定番ということになります。

「青龍殿には清水寺の舞台の4.6倍の広さ(延面積:1046㎡)の木造大舞台を新設。眼下に京都市内が一望でき、西展望台からは京都市内のみならず、大阪のビルまで遠望できます。

圧倒的なスケールと市内一望の大パノラマに、来られた方から大歓声が上がります」

(HPより引用)

なかなかヤバいですね。この真の大舞台を知らない人も多いのではないでしょうか。

それでは肝心の行き方ですが、今回はあえて出町柳駅から鴨川沿いを下り、山上からは祇園白川を通り、花見小路、八坂神社、知恩院、岡崎公園、そして登山道という京都らしい将軍塚への行き方を提示しました。

ちなみに将軍塚は標高220mなのですぐ着きます(笑)東山とはそういう山です。写真2~4枚目の通りに進むだけです。

将軍塚らしき場所に到着したら、左には青龍殿、右の右には無料の展望台(写真5枚目、ここは夜景スポットとして有名だが、観光客は誰も立ち寄らない.........)が。その反対側には広場があって、6枚目の写真の光景が見れます。

7枚目以降は青龍殿の写真ですが、お寺の中に入るには拝観料がかかります。もし、入る場合はお金を持っていきましょう。せっかくなら青龍殿の大舞台(写真9枚目)から京都の盆地を一望してください。(これはかなりおススメです)

http://www.shogunzuka.com/access.html

今回のルートはあえて片道にしてあります。明るいうちなら来た道をそのまま下ればいいですが、せっかくなら春季と秋季のライトアップ(これはかなりおススメです!!!!!)を見ていただきたいですので、片道にしてあります。ライトアップを見た後の帰りはバスかタクシーで帰りましょう。

※2017年の秋季は10月27日(金)~12月3日(日)までがライトアップでしたので、また来シーズンに...

ランニングシューズで迷わない!選び方や人気商品のレビューをご紹介