1. トップページ
  2. 京都
  3. 京都市左京区のランニングコース
  4. 夏の京都の象徴 “床から床”コース ランニングコース


ルート
路面タイプ
時間帯
距離
起伏
信号機
街灯

ステーション条件

タイプ
機能

検索

今週のおすすめランニングコース

The 奥多摩ラン (マイベストコース)
The 奥多摩ラン (マイベストコース)
東京都青梅市(40.9km)
トレイル,ロード,昼間,早朝,片道

御岳渓谷遊歩道、大多摩ウォーキングトレイル、奥多摩むかし道、奥多摩湖いこいの道を組み合わせた軍畑から奥多摩湖浮橋までのコースです。距離が40Kmと長いですが軍畑から奥多摩駅、奥多摩駅から奥多摩湖、奥多摩湖から浮橋までとコースを区切っても奥多摩を楽しむ事ができます。

60

行きたい

1

行った

六本木けやき坂の圧巻イルミスポットを目指すシティナイトラン
六本木けやき坂の圧巻イルミスポットを目指すシティナイトラン
東京都港区(7.2km)
指定なし,夜,周回

ハロウィンが終わり11月に入ると本格的なウィンターシーズンへ突入。街は徐々にイルミネーションに包まれて華やかになりますね。
そんなTOKYOイルミネーションの中でもNO.1の呼び声が未だに高い六本木けやき坂のイルミネーションを目指すナイトランコースです。
けやき坂を登ると、写真スポットの表示があるのでそちらを目指して走ります。ランステは表参道の清水湯。銭湯ですがランステ利用ができるので、そこで着替えて荷物を預けて1時間ほどのラントリップ です。

19

行きたい

1

行った

FUN RUN TUESDAY ~Halloween RUN~
FUN RUN TUESDAY ~Halloween RUN~
東京都千代田区(9.6km)
ロード,夕方,夜,往復

ハロウィン前日の六本木。
「どんなもんかな~」と、珍しいもの見たさにグループラン。
意外と静かなもんでした。笑

走ったことのある道も、季節のイベントごとにRuntripで訪ねてみると、面白いものですね。

7

行きたい

0

行った

Hita river bed run
Hita river bed run
大分県日田市(7km)
ロード,昼間,周回

A round trip about 7km

6

行きたい

1

行った

日本初のワイン醸造所まで30km
日本初のワイン醸造所まで30km
茨城県つくば市(30.8km)
ロード,早朝,昼間,夕方,片道

筑波山口からロング走をしたかったのでチャレンジしてみました。
りんりんロード~学園東大通り~西大通り~牛久シャトーまで30㎞。おおよそ8㎞毎にコンビニ休憩も可能です。
帰路は,JR牛久駅~常磐線~ひたち野うしく駅~バス~つくば駅~バス~筑波山口まで戻れます。

12

行きたい

1

行った

円山~幌見峠~磐渓
円山~幌見峠~磐渓
北海道札幌市中央区(21.9km)
トレイル,ロード,夕方,周回

軽い気持ちで円山をトレイル…!!
動物園側から下山しGoogleMAPを見ながら南へもう少し脚を伸ばす…
この調子で藻岩山も!!
距離感全く無視のまま幌見峠をクリアした時点で、日没間際… 藻岩山は断念した
ここから戻るのもどうかと思い、磐渓~真駒内方面へ向かうも.周囲は真っ暗…
ただ、札幌市 石山通は明るい!! オマケに下り基調のアスファルト路面ということで快調に帰路着きました…。冬間近の晴天と、夕暮れランを満喫出来ました!!

5

行きたい

0

行った

夏の京都の象徴 “床から床”コース

京都府京都市左京区(15.8km)

すしマン

おすすめの時間帯
夕方,夜
路面タイプ
ロード
起伏の多さ
やや多い
信号機の多さ
普通
街灯の多さ
普通
21

行きたい

0

行った

行きたいしている人を見る

コースのルートや、拠点となるステーション情報は
会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

多くの神社仏閣を軸に、四季の彩り感じられる盆地の京都。その古都京都では毎年葵祭、祇園祭、時代祭といった三大祭が盛り上がりをみせています。

京都の夏の風物詩といえば、その三大祭りの1つである祇園祭や、大文字山などの点火台に点火する五山の送り火、そして鴨川の納涼床でしょう。

納涼床で楽しめる盆地の京都ならではの景観の良さやその風情は多くの観光客を魅了しています。そんな私の生まれ故郷でもある京都ですが、この京都には2つの“納涼床”があります。

1つは先述した鴨川の五条〜三条周辺の納涼床です。料亭を筆頭にイタリアンなどの日本食以外のお店までもがこの納涼床のスタイルを取り入れています。いわゆる “ゆか”、と呼ばれるこの食事のスタイルは、鴨川沿いで食事を楽しむ和風のスタイルです(写真1枚目の左部分)。

2つ目は京都市の北、山あいにある貴船という場所での納涼床です。ここでは “ゆか”ではなく、“かわどこ”と呼ばれてます。貴船神社(写真3枚目)といった名所もある場所ですが、山あいの場所ということもあり、夏の厳しい暑さで有名な京都の中でも、3〜5℃ほどは涼しい納涼地です。ここでの床は、鴨川と同じように川の横(貴船の場合は川の上)で食事をすることですが、貴船の方が涼しく、食事の値段も概ね高いようです。

左源太や右源太といった老舗の川床料亭を筆頭に貴船の川床は、接待やお見合い、結婚前の両家の食事などで使われる高貴な場所であります。その点、鴨川の床の方がお店も多くよりカジュアルであります。

このコースはその2つの“床”を結ぶコースです。

起点は北側の貴船の川床(写真2枚目)であり、終点は四条大橋の鴨川の床(写真1枚目)となっております。

なかでも鴨川の床は夜になると独特の雰囲気です。何年経ってもこのような素晴らしい景観が残っているのは素晴らしいことであり、私の地元を世界に誇れる理由の一つでもあります。

京都は概ね、北側から南側に向けて南下していくと下っていくので、コース自体は下り基調の16km弱の片道コースです。