1. トップページ
  2. 宮城
  3. 石巻市のランニングコース
  4. ご利益(りやく)いっぱいな金華山の山頂から ランニングコース


ルート
路面タイプ
時間帯
距離
起伏
信号機
街灯

ステーション条件

タイプ
機能

検索

今週のおすすめランニングコース

神社めぐりラン
神社めぐりラン
北海道札幌市白石区(19.8km)
ロード,早朝,昼間,夕方,周回

御朱印集めが趣味のため、ランニングしながら神社巡りを 東札幌駅→北海道神宮→札幌伏見稲荷→札幌護国神社→東札幌駅 北海道神宮、札幌伏見稲荷のあたりは坂が急です。 また、途中の豊平川の川沿いは気持ちよく走れます。 御朱印集めるなら、たいてい5時までなのでそれまでに走りきれるような時間帯に行くと良いですね。

3

行きたい

1

行った

表参道から東京ミッドタウン
表参道から東京ミッドタウン
東京都港区(6km)
ロード,夜,早朝,指定なし

表参道清水湯または駅から東京ミッドタウンまで。 小雨だから5㎞街ラン。人が少なく走りやすいです。山種美術館、根津美術館、新国立美術館を結んでも楽しいかも 夕飯のオススメ ふーちん 表参道とは思えない安価な中華

14

行きたい

1

行った

金華山をちょいとトレラン🎶
金華山をちょいとトレラン🎶
岐阜県岐阜市(10.3km)
トレイル,ロード,早朝,周回

投稿練習パート2 JR岐阜駅からスタートして天下統一を目指した信長の居城だった岐阜城を目指します。このコースは瞑想の小径からお城を目指し頂上で『天下をとるぞー』(笑)と決意して岩戸公園へ向かって下山。 小さな山ですが、いくつか登山道があるのでそれなりに楽しめます。複数の登山道を使って3回は登って降りてを繰り返せますよ ゴールは名鉄の岐阜駅 汗だくのまま電車に乗り込み帰宅の途につきました^_^

8

行きたい

0

行った

テムズ川沿いの美しいトレイル
テムズ川沿いの美しいトレイル
イギリス 〒RG8 レディング パンボーン(15.3km)
トレイル,早朝,昼間,夕方,周回

PangdourneやGoringはロンドンから電車で西に一時間くらいのところにある美しい村(Villege)です。Groingには以前ワムのジョージマイケルも住んでいました。テムズ川沿いはなだらかですがGoringでは森があり、起伏に富んでます。といってもそこはイギリス、なだらかなので気持ちよく走れます。牧場があり、自然がいっぱい。馬、鹿、羊、ウサギ、リスなどなど、多くの友達に会えるかも。(冬季は足元が相当わるいので夏がおすすめです)

8

行きたい

1

行った

日光杉並木街道を心地よく木陰ラン
日光杉並木街道を心地よく木陰ラン
栃木県日光市(6.2km)
ロード,夕方,昼間,早朝,往復

杉並木の延長の長さがギネス認定されている日光杉並木街道の一部を走ります。 暑い日でも木陰の中を、少々の雨でも杉並木が遮ってくれるため、快適にランができます。 私は上今市駅から東武日光駅までの片道ランでしたが、もちろん往復も可能です。上今市駅から東武日光駅までは緩やかでしたが、ずっと登り勾配なので、よいトレーニングになりました。

17

行きたい

0

行った

数ある風越公園発着コースの中で、塩沢エリアの文化と田園を堪能する複合コース
数ある風越公園発着コースの中で、塩沢エリアの文化と田園を堪能する複合コース
長野県北佐久郡軽井沢町(5.6km)
ロード,早朝,昼間,周回

軽井沢バイパス南側の塩沢エリアは、美術館や文学館が点在していて、走る足をつい止めたくなる文化ゾーンです。 文化ゾーンの西側を折り返し南下すると、そこは一面のサラダエリア、のどかな田園風景が広がります。 なお、発着点の軽井沢風越公園"スカップ軽井沢"には、トレーニングルームもあり

10

行きたい

0

行った

ご利益(りやく)いっぱいな金華山の山頂から

宮城県石巻市(4.6km)

Kawabata Yasuo

おすすめの時間帯
昼間
路面タイプ
トレイル
起伏の多さ
多い
信号機の多さ
少ない
街灯の多さ
少ない
7

行きたい

1

行った

行きたいしている人を見る

コースのルートや、拠点となるステーション情報は
会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

金華山は、かつて金が取れたということに由来した名前で、島内には黄金山神社があり、日本五大弁財天のひとつということで、3年連続でお詣りすると一生お金に困らないのだとか(「困らない」のであって「お金持ち」になるのとはまた違う、という説も)。島内では、たくさんのコガネムシを見かけるのも、そのせいでしょうか。

そして、2011年の東日本大震災の震源に最も近い陸地が金華山で、島の東側を中心に大きな被害の出た場所でもあります。

そんな金華山ですが、自然のまま残された美しい森林の中で鹿がゆったりと草を食むのどかな風景と、山頂からの太平洋や牡鹿半島などの陸地を見渡す風景は一見の価値あり。

登山道には、ポイントごとに道標もあり、山頂までは比較的整備されていますので、特に神社から出発して稜線にたどり着くまでの間(八合目まで)はあまり問題ないでしょう。稜線にたどり着いてからは坂道も急で、踏石が浮き気味だったりと道の整備状況が良くない場所があるので、ランではなくウォークで。山頂まで片道約2kmで標高差300mほどになります。

地図のコースには含まれていますが、山頂(大海祇神社・奥の院)から先の展望台や、天柱石への道はランには適しませんので、その点もご注意ください。

また、春から秋にかけてはヤマビルが発生する場所でもありますので、ヒルよけの対策はご留意ください(命に別条はないですが、知らない間に血を吸われて出血でびっくり、ということがあるようです)。