カバー画像を変更

0%


プロフィール
  画像を変更

0%

変更を保存
キャンセル




フォロー

すしマン 

寿司を頭にかぶって走っています。

写真は撮っても、イクラは取らないようにお願い致します。

「両城200階段」から海猿の街・呉を一望する
「両城200階段」から海猿の街・呉を一望する
広島県呉市(4.6km)
ロード,早朝,昼間,往復

映画海猿のロケ地として有名な広島県呉市。その呉市の中心部である呉駅から西に向かって「両城200階段」を目指します。この場所も海猿のロケ地となった場所で、急勾配の階段がところ狭しとゾロゾロ現れます。その頂上からは呉の街を一望でき、遠くには大きな船を眺めることができます。

駅の方面に戻ってきたら、海上自衛隊呉史料館 (てつのくじら館)前の大きな潜水艦に見惚れることでしょう。この街では多くの場所で海上保安大学校の学生を目にすることがあります。

12

行きたい

2

行った

うるま海中道路と世界遺産の勝連城跡
うるま海中道路と世界遺産の勝連城跡
沖縄県うるま市(11.7km)
ロード,早朝,昼間,往復

沖縄県中部のうるま市では毎年4月に「あやはし海中ロードレース」が行われていますが、そのコースであるうるま海中道路をスタートして西に向かいます。眺めの良いシーサイドコースは晴れの日には絶景が待っていることでしょう。

西に向かっていくと5.5kmほどで、うるま市を代表する観光地である勝連城跡に到着します。この勝連城跡は、2000年11月に那覇市の首里城跡などとともに「琉球王国のグスク及び関連遺産群」としてユネスコの世界遺産に登録された場所で、多くの観光客で賑わっています。

2

行きたい

0

行った

佐和田の浜〜17END夕日往復コース
佐和田の浜〜17END夕日往復コース
沖縄県宮古島市(7.8km)
ロード,昼間,夕方,往復

伊良部島西部から下地島にかけて夕日の名所である佐和田の浜と17ENDを往復するコースです。

ジェットスター・ジャパンが2019年3月30日に成田空港〜下地島空港の路線でこの下地島に就航することを受けて、下地島空港の北側に位置する夕日の名所の17ENDは、2019年3月23日より無期限で車両通行禁止となりました。

とはいえ、ジョギングでは入ることができるので、ランナーには嬉しい限りです。日本の渚100選である佐和田の浜をスタートして17ENDを目指して往復します。暗くなると危ないので、いいタイミングで引き返しましょう。

また、この17ENDや佐和田の浜は日中に行っても綺麗な海が見れますのでこちらの時間帯もおすすめです。

1

行きたい

0

行った

パイナガマ海空すこやか公園の「700mトラック」
パイナガマ海空すこやか公園の「700mトラック」
沖縄県宮古島市(0.7km)
トラック,早朝,昼間,夕方,周回

2017年11月にオープンした宮古島の新しい快適BBQスポットとしても人気の「パイナガマ海空すこやか公園」の周りには1周約700mのトラックがあります。東側は少し起伏があり、一部ロードとなりますが、起伏を避けたいならば芝生を走るというのもいいでしょう。

この広大な公園にはBBQ広場だけでなく、遊具やドッグランスペースやテニスコートなどがあり宮古の人々が集まる宮古のオアシスです。また、パイナガマビーチも隣接しているのですぐに綺麗な海に出ることができます。

5

行きたい

0

行った

東のオアシス・東平安名崎ラン
東のオアシス・東平安名崎ラン
沖縄県宮古島市(5.3km)
ロード,早朝,昼間,往復

宮古島だけでなく日本トップクラスの景勝地である宮古島の東の果ての東平安名崎。青と緑と白の鮮やかなコントラストが綺麗な宮古島でも特におすすめのコースです。

通常の観光では岬の方に向かって、灯台に登ったりその近辺を散歩しますが、このコースはこの東平安名崎向かうまでの緑の舗装された遊歩道を走ります。この道はほとんど人がいないので、リラックスランに最適です。駐車場付近にはキッチンカーもありますので、お腹が空いたら、喉が渇いたらランの後はきっちりと栄養補給をしましょう。

7

行きたい

1

行った

新城海岸〜吉野海岸往復ラン
新城海岸〜吉野海岸往復ラン
沖縄県宮古島市(8.7km)
ロード,ビーチ,早朝,昼間,往復

日本トップ10ビーチ常連の宮古島の新城海岸〜吉野海岸の往復ランです。ビーチサイドももちろん綺麗ですが、どちらも高台から見下ろす景色が最高です。時間を忘れてしまいそうな絶景です。

5

行きたい

0

行った

宮古島・島尻地区の歴史と海を楽しむコース
宮古島・島尻地区の歴史と海を楽しむコース
沖縄県宮古島市(7.5km)
ロード,早朝,昼間,往復

2018年年末に「宮古島のパーントゥ」がユネスコの無形文化遺産に登録された。これは、宮古島の島尻地区と上野地区で古くから毎年秋に行われてきた、仮面を被ったパーントゥによる悪霊祓い・無病息災のための伝統行事で、市民への泥塗りの際にンマリガーと呼ばれる泉の泥を使用する。

島尻港近くのンマリガーに行けば少しはその様子もイメージできるかもしれない。まずは、そこに行ってからこの地方に昔から継承されてきた伝統を知る。その後、島尻のマングローブ林に向かってみる。このマングローブ林は規模こそ大きくないものの、宮古島市の天然記念物に指定されており、昔から保護されてきた様子がうかがえる。

最後は天然の水族館である「宮古島海中公園」に向かう。ここは入場料1000円で天然の魚が観れるが、2011年にできたばかりの新しい宮古島の観光スポットである。シュノーケリングをしない人でも身近に天然の魚たちを見ることができるので、海派でない陸派の人にもオススメの場所である。

2

行きたい

0

行った

神が宿る大神島シーサイドラン
神が宿る大神島シーサイドラン
沖縄県宮古島市(3.7km)
ロード,早朝,昼間,往復

神が宿るといわれる大神島は、宮古島北東部の島尻港からフェリーで30分ほどの場所にある離島です。

フェリーから降りて西に進むとまずはキレイなビーチが見えてきます。ここでしばしの時間を過ごしたら、ノッチと呼ばれる岩を前に綺麗な海を眺めます。長年にわたって波の浸食で削られていった奇妙な形の岩を眺めているとその圧倒的な存在感に見とれてしまいます。

島の中心部に戻ってくると少し登ったところに集落がありますが、独特の雰囲気があります。この島の人口は20数名ほどで、静かなエリアですが、一軒一軒違った見え方をしていて、、趣深い集落であることが感じられます。最後はこの島の周囲を一望できる遠見台に向かいます。少しだけ階段を上っていきますが、これまでに歩いてきた道が見えることでしょう。

大神島では次のフェリーの時間まで90分ほどを散策するのが定番ですが、時間が余ったら島の唯一の食堂である「おぷゆう食堂」で大神名物のカーキダコ丼を食べることもできます。

6

行きたい

0

行った

池間大橋〜西平安名崎往復10kmコース
池間大橋〜西平安名崎往復10kmコース
沖縄県宮古島市(10km)
ロード,早朝,往復

宮古島のシーサイドブリッジランは伊良部大橋、来間大橋とこの池間大橋の3つがありますが、この来間大橋のオススメの時間帯は朝です。東側に朝日を見ながら、西側のエメラルドグリーンを見る。感動のひとときはまさにこのことです。

池間大橋を渡ったら、西平安名崎を目指して走り、途中で馬に癒されましょう。往復でちょうど10kmのコースですが、最後は池間島の入り口すぐ近くにはる「お浜」でアイシングすれば、感動のフルコースのモーニングランだったといえるでしょう。

4

行きたい

0

行った