カバー画像を変更

0%


プロフィール
  画像を変更

0%

変更を保存
キャンセル




フォロー

すしマン 

昔、寿司を頭にかぶって走っていました。

幌延町「秘境駅」巡りコース①
幌延町「秘境駅」巡りコース①
北海道天塩郡豊富町(33.5km)
ロード,早朝,片道

秘境駅巡りということで旅行客がスタート地点の徳満駅に行くためには主に3つの方法がある。 ① ヒッチハイク(スリルかつ非日常的な体験をもたらす) ② レンタカー(徳満駅まで送ってもらうかそこに停める) ③ 電車(JR宗谷本線は以下の時間帯に徳満駅に停車する) 平日、休日ともに稚内方面は7時24分、11時22分、19時04分の3本、旭川方面は平日、休日ともに6時00分、11時10分、18時49分、20時58分の4本のみ。したがって電車利用によって徳満駅スタートでランニングをするなら稚内、もしくは旭川から朝イチもしくはお昼前に来るしかない。 さて、秘境と呼ぶべきにはいささか疑問符が残る徳満駅であるが、「イナバ物置」のような駅舎はシュールでいきなり衝撃を喰らう。そして、とくみつとサッポロビールといえば箱根駅伝を思い出す... 序盤は宮の台展望台からの展望を楽しみ、その後豊富駅に向かって4kmほど南下していく。豊富駅付近ではコンビニ等があるので、補給や物資の調達をすると良い。ちなみにここは秘境駅ではないが駅舎は趣がある。 そして、一番の目的である下沼駅を目指してさらに6kmほど南下していく。下沼駅の手前には名山台展望公園と温内神社があるが、どちらも訪れたほうが良い。前者から見るオトンルイ風力発電所の風車28基とサロベツ原野は壮観である。後者はいかにも厳しい冬を迎える北海道らしい防寒仕様の見た目の神社である。 そして、お待ちかねの秘境駅の下沼駅へ。外観も内観も見応え十分の駅舎で、下沼駅ノートにはインターネットが普及した現代には珍しいアナログな暖かさのあるメッセージが記されている。ここに来たもののみが秘境駅たるその空間でそのメッセージを読めるのだから貴重な時間であることは間違いない。 最後はサロベツ原野のパンケ沼園地に少し立ち寄り、自然の奥深さに触れる。秘境なのは駅だけでなく、日本の秘境100選に選出されているこのサロベツ原野にも及ぶ。と、長文になってしまったが、このコースの魅力を短くまとめることは困難である。それぐらいに非日常的な思い出が詰まっている素晴らしいコースである。 ゴールの幌延駅は比較的大きな駅であり、平日、休日ともに18時40分には札幌行きの電車があるほか、稚内にも数本電車が出ている。そして、幌延駅前にはサロベツ会館があるので、そこに宿泊するというのもまた秘境駅巡りの旅を続ける1つの手段である。 幌延町「秘境駅」巡りコース② に続く... https://runtrip.jp/course/hokkaido/1520/8359

4

行きたい

0

行った

萌える天北オロロンルートのオトンルイ風力発電所
萌える天北オロロンルートのオトンルイ風力発電所
北海道天塩郡幌延町字浜里(12.2km)
ロード,早朝,昼間,往復

シーニックバイウェイ北海道のルートの1つである「萌える天北オロロンルート」の最北端、手塩町と幌延町の間にズラリと直線に28基の風車が立ち並んでいるのが「オトンルイ風力発電所」である。 オトンルイとはアイヌ語で「浜にある道」。この辺りでは東側に雄大な風車を見ることができ、西側に海を眺めることができる。オトンルイ風力発電所の海側の沿道には「サロベツ原野パーキング」があり、稚内から車で1時間ほどでここに来ることができる。 全長3.1㎞の風車が立ち並ぶ区間の往復だけでなく、北に進めば快晴時は左奥に利尻富士(写真7枚目)が見えることもある。また、北緯45度通過点モニュメントや浜里パーキングシェルターなど、この地ならではの名所があり、夕暮れ時は綺麗な夕日を見ることができる。 このように、萌える天北オロロンルートのオトンルイ風力発電所は、北海道らしい長い直線の中でもひときわランナーの心をくすぶる素晴らしい道である。

5

行きたい

2

行った

非日常感を堪能できる「神威岬」
非日常感を堪能できる「神威岬」
北海道積丹郡積丹町(2.6km)
トレイル,早朝,昼間,往復

北海道の積丹(しゃこたん)半島の西岸は日本の秘境100選に選出されているが、その象徴ともいえる神威岬は小樽から車で1時間30分、札幌から2時間ほどの場所にある。 この地の名産である積丹の生ウニは絶品であり、そして積丹の神威岬の絶景である。それだけでも行く価値が存分にあるが、ここにはハワイ・オアフ島のマカプウ岬や、長崎県・福江島の大瀬崎灯台のある岬の雰囲気に似ている。 神威岬もそうだが、これらに共通するのは、 ① “果て感”がある ② 灯台に向かうまでの往復1〜2km程度のトレイル(遊歩道)がある ③ 灯台から最高に綺麗な海が見れる 特に北海道ということだけあって、春には南側に雪山を望むことでき、神威岬の鮮やかなグリーンにも目を奪われる。ここは風が強いが、それも含めての非日常感を堪能することができる(もちろん生うにも) 距離自体は短かく、どちらかというと歩きがメインになるので、物足りない人は近くの島武意海岸に行ってみるといいだろう。 https://runtrip.jp/course/hokkaido/1405/8341

15

行きたい

1

行った

島武意海岸から見る積丹ブルー
島武意海岸から見る積丹ブルー
北海道積丹郡積丹町(5.1km)
トレイル,早朝,昼間,往復

日本の秘境100選に選出されている北海道の積丹半島西岸。鮮やかなコバルトブルーが印象的な積丹岬は海岸の美しさだけでなく、トレイルのグリーンも魅力的。 積丹岬自然遊歩道を進むと、積丹出岬灯台から女郎子岩展望台までのアドベンチャーワールドを楽しむことができる。海沿いの素晴らしい眺望がオススメのシーサイドトレイルである。

5

行きたい

2

行った

札幌の新名所・滝野霊園
札幌の新名所・滝野霊園
北海道札幌市南区(4.9km)
ロード,早朝,昼間,往復

新千歳空港から車で1時間弱の滝野霊園にはビックリ仰天の世界がある。霊園といってもここは公園墓地なので、犬の散歩やジョギングをする人も見かけられる。 というわけで行ってみたが、まずは正門を入ったところの左にずらりと立ち並ぶモアイ像。これだけでも見応え十分である。総面積180万m2の敷地内はジョギングをするには最適である。とはいえ、いきなり刺激が強すぎるので一度外に出てみる。 再び滝野霊園に帰ってきてしばらくしたらモアイ像とストーンヘンジでしみじみする。最後は安藤忠雄氏が設計した頭大仏を拝む。7月には頭大仏の周り一面にラベンダーが咲き、鮮やかな場所となる。ここは多くの人にとっての憩いの場である。

8

行きたい

0

行った

北海道三大秘湖「オンネトー」1周コース
北海道三大秘湖「オンネトー」1周コース
北海道足寄郡足寄町(4km)
ロード,トレイル,早朝,昼間,周回

北海道足寄町(あしょろ)にある北海道三大秘湖の1つのオンネトーは、五色沼とも言われる色彩鮮やかな湖。エメラルドグリーン、ブルーの湖面からは美しさを感じることができる。訪れるシーズンによっても見え方は違うが、紅葉のシーズンは絶景である。 オンネトーの北側から東側にかけては遊歩道があり、湖面に浮かぶ倒木など言葉で表せないほどの迫力がある。発着点となる展望台への道の駐車場をスタートして1周したら、最後は展望台に上ってオンネトーを眺める。近くからと、遠くからとオンネトーを見るのでも2つの楽しみ方ができる。

10

行きたい

3

行った

然別湖畔〜東雲湖往復コース
然別湖畔〜東雲湖往復コース
北海道河東郡鹿追町(12.7km)
ロード,トレイル,早朝,往復

北海道三大秘湖の東雲湖に向かう湖畔のトレイルを進むルート。前半の然別湖の湖畔はロードであるが、途中から白雲山登山口(然別自然休養林)に入り、トレイルに入る。白雲山に向かえば登山ルートであるが、然別湖畔沿いに進めばあまり標高差はない。 トレイルの入り口から1時間ほどで東雲湖に到着する。北海道三大秘湖だけあって、湖の周りは独特の雰囲気がある。東雲湖は遠くから眺めるだけで、湖の近くに入ることはできない。 千歳のオコタンペ湖(こちらも北海道三大秘湖の1つ)のように、遠くからしか眺めることができないが、ここまでたどり着くのにも時間がかかるので、到着した時の達成感がある。 今回は5月に訪れたが、もちろん冬や秋に訪れても感動することは間違いないだろう。

4

行きたい

2

行った

「八丈富士お鉢巡り」
「八丈富士お鉢巡り」
東京都八丈島八丈町(5.5km)
トレイル,早朝,昼間,往復

お鉢巡りといえば、富士山。そして、八丈富士。どちらも体験したことがあるが、どちらも最高。八丈富士でお鉢巡りをすれば山の上からの絶景や、緑の鮮やかさなど、八丈島が「東洋のハワイ」と言われていた由来がわかるのではないかと思う。 どちらかというと富士山よりも長崎県の五島の鬼岳の山頂に近い雰囲気がある。そして、お鉢巡りをしていると、西側に見える八丈小島は綺麗な形をしている。これは、利尻島(利尻富士は最高!)、青ヶ島(行ったことはないが...)などに匹敵するぐらい綺麗な形をしている。 とまぁ様々なことを考えながら、すぐに時間が過ぎ去ってしまう。そして、ふれあい牧場に帰ってきたら「あしたばアイス」で至福の時間を満たす。お鉢巡りまでの登山道はそこまでハードではないのでオススメです。

19

行きたい

1

行った

「長友ロード」
「長友ロード」
東京都八丈島八丈町(6.6km)
ロード,早朝,昼間,周回

サッカー日本代表DFの長友佑都がFC東京入団の2008年から、オフ期の八丈島で自主トレで坂ダッシュをやっていた250mほどの坂、これが「長友ロード」である。それから彼は(ちなみに私と同学年)欧州に活躍の場を移し、日本代表選手として長らく活躍。 「長友ロード」という名称は、ブラジルW杯が開催された2014年に登録された。八丈島では天然芝の南原スポーツ公園などでサッカーが盛んに行われており、この長友ロードでトレーニングする選手もいる。 岐阜や徳之島にある、Qちゃんこと「尚子ロード」はマラソン向けのロードであるが、この長友ロードは坂ダッシュ好きにはたまらない坂である。1周6kmの周回の中間点の手前ぐらいに坂があり、その先にモニュメントがある。 そして、そこで左に折り返した先の坂の上から見る海が綺麗!!

12

行きたい

1

行った