カバー画像を変更

0%


プロフィール
  画像を変更

0%

変更を保存
キャンセル




フォロー

すしマン 

昔、寿司を頭にかぶって走っていました。

利尻富士が見える利尻島・鴛泊のトラック
利尻富士が見える利尻島・鴛泊のトラック
北海道利尻郡利尻富士町(0.4km)
トラック,早朝,昼間,周回

日本百名山の利尻山(利尻富士)が中央に位置する利尻島。稚内からのフェリーが行き着く鴛泊(おしどまり)の町のスポーツ広場には美しい土トラックがある。旅に来ているからなのかもしれないが、鹿児島県の屋久島や、長崎県の対馬、そしてこの利尻島のように離島のトラックには美しさを感じる。 それに加えて、やはり利尻富士の美しさは際立っている。スイスのサンモリッツや富士山周辺、岐阜の御嶽のトラックも同じように山が見えて美しい。利尻のトラックはこのように景観も良いが、離島の新鮮に触れて気持ちよく走れる場所である。

3

行きたい

0

行った

お花畑のトラック・豊富町陸上競技場
お花畑のトラック・豊富町陸上競技場
北海道天塩郡豊富町(0.4km)
トラック,昼間,周回

以前、沖縄県の宜野湾市立グラウンドのトラックでクローバーと白いお花畑を素敵と思ったが、沖縄から約2500km離れた北の大地にもそれに似たトラックを発見した。北海道天塩郡豊富町にある「豊富町陸上競技場」は、白と黄色の鮮やかなお花が咲き誇るほのぼのとしたトラックである。 トラックだけでなく、投てき場はインスタ映えしそうな美しさ。走り終わった後は芝生の上で寝転がって空を眺めるのも気持ち良い。こういった素晴らしい場所に出会えるので、田舎のトラック巡りはどうやら病みつきになりそうだ。

2

行きたい

0

行った

美を感じるモエレ沼公園陸上競技場
美を感じるモエレ沼公園陸上競技場
北海道札幌市東区(0.4km)
トラック,早朝,昼間,周回

「山が見えるトラックは美しい」と近頃感じるようになった。 イサム・ノグチが設計に携わったモエレ沼公園にある「モエレ沼公園陸上競技場」は、そこから見えるモエレ山だけでなく、トイレやモニュメント1つをとっても、洗練されている。 とはいえ、トラックの脇に咲くタンポポをみてしまうと、このような場所でも素朴な美しさを感じてしまう。集団でスピードを出して走れば舞い上がる砂埃も美しいし、デートスポットとして人気のあるこのモエレ沼公園にやってくるカップルが(ほとんど走ることはないのだけれども)この場所を通過する姿も美しい。 ここを訪れ、陸上競技場とは厳しいトレーニングをしたり、競い合ったりするという自己研鑽の場であるという概念が崩れた。ここは多くの人にとっての憩いの場である。

14

行きたい

5

行った

観光マップに載ってない五稜の丘
観光マップに載ってない五稜の丘
北海道上川郡美瑛町(8.3km)
ロード,早朝,昼間,夕方,往復

丘のまち美瑛では、丘陵地での農家の営みが素晴らしい景観を作り出しているが、観光マップ通りに車や自転車で回るのがオーソドックスなスタイル。この五稜のエリアは観光マップではあまり紹介されていないエリアではあるが、眺めの良い高台から最高の眺望を楽しむことができる。 美瑛の駅から遠く、また観光バスが入れる道幅でないことからあまり観光客が来ない場所なのかもしれないが、ハッピーの木、望丘の木と呼ばれる印象的な木と出会うことができる。人の気配が非常に少ないので、自然と向き合う農家の日常的な姿をゆっくりと見ることができる場所でもある。

6

行きたい

0

行った

日の出から走れる輪島市マリンタウン競技場
日の出から走れる輪島市マリンタウン競技場
石川県輪島市(0.4km)
トラック,早朝,周回

自然と伝統工芸が美しい石川県輪島市には印象的なシーンが多い。輪島の朝市に始まり、5月はキリシマツツジが鮮やかで、海に出れば鮮やかなブルー、白米千枚田の棚田も印象深い。そしてランナーなら、輪島市マリンタウン競技場のブルータータンも外せない。 南には山が見え、中央の芝生も整備されておりグリーンとブルーが美しい競技場で、12月29日~1月3日と積雪時を除いて日の出~21:00まで無料で利用できる。隣にホテルルートイン 輪島があり、そこで宿泊すれば満を持して日の出から走り始めることができ、朝ラン派にはオススメ。ラン後は温泉でゆっくり朝風呂も気持ち良い。

4

行きたい

0

行った

「千里浜なぎさドライブウェイ」
「千里浜なぎさドライブウェイ」
石川県羽咋市(10km)
ビーチ,昼間,夕方,往復

石川県の「千里浜なぎさドライブウェイ」は日本でも珍しい車で走行できるビーチ。金沢に行ったらレンタカーで一度は行ってみたいスポットでもあるが、千里浜レストハウスで車を止めたらそこから自分の足で走り出してみるのもいいかもしれない。 車が通行できるだけあって通常のビーチよりも硬いが、アスファルトよりかはクッションがあるので、きめ細やかな白砂のビーチランを裸足でするのとは対照的にシューズを履いて走るのが良い。また夕陽が綺麗な場所でもあるので、シーサイドランの醍醐味の1つであるサンセットランを楽しむこともできる。

6

行きたい

3

行った

「浜中町なぎさのドライブウェイ」
「浜中町なぎさのドライブウェイ」
北海道厚岸郡浜中町(6.4km)
ビーチ,早朝,昼間,往復

石川県に車が走行できるビーチの「千里浜なぎさドライブウェイ」があるが、ググれば「日本唯一の車でビーチを走れる場所!」という記事が出てくる。しかし、北海道厚岸郡浜中町にも「なぎさのドライブウェイ」という車が走行できるビーチがある。その長さは千里浜よりも短く、そしてここに走りにくる車はほとんどない。 そういったこともあり、千里浜とは違ってビーチは漂着物で溢れ、やや低速で車が通行できる程度である。しかし、このビーチには多くの生物が出入りし、カモメ、ウミネコ、オジロワシを筆頭に、大きな倒木、見たこともないぐらい大きい貝、ヒトデの死骸など自然の深さを感じることができる不思議な空間である。したがって車を降りて走ってみるのも気持ち良い。

0

行きたい

0

行った

北海道旭川市・忠和公園の3種の周回コース!
北海道旭川市・忠和公園の3種の周回コース!
北海道旭川市(1.4km)
トラック,昼間,周回

北海道旭川市の忠和公園には3種類の長さの周回コース(748m、1217m、1429m)の全てにゴムチップ舗装がされており、 第一印象は「メッチャ整備されてる!」 第二印象は「走路の赤と木々の緑と空の青と白樺の白が絶妙!」 最高のランニング環境だと思います。

5

行きたい

1

行った

道東のスケートリンク
道東のスケートリンク
北海道釧路市(0.4km)
トラック,早朝,周回

北海道では体育の授業でスケートが行われているが、特に気温の低い道東ではスケートが盛んに行われてきた。そのようなことから、道東には野外のスケート場が点在しており、これらは冬季以外では滑ることのできないコンクリートのトラックとなる。 この釧路市阿寒湖畔スポーツ広場のスケート場は1周400m。陸上トラックと同じ距離であるが、私はこれまでにコンクリートの400mトラックを見たことがなかった。スポーツ広場の管理者に聞けば、暖かい季節は地元の人たちがここでジョギングすることもあるという。 ということで私も走ってみたが、陸上競技場のトラックよりもコーナーが急で新鮮であったし、当たり前であるが路面が硬かった。さて、次に北海道以外で1周400mのコンクリートトラックにいつ出会えるのかが楽しみである。

0

行きたい

1

行った