1. トップページ
  2. 東京
  3. 武蔵野市のランニングコース
  4. 自然と歴史と食のまち・吉祥寺よくばりRuntrip ~まるごと多摩コレクション~ ランニングコース


ルート
路面タイプ
時間帯
距離
起伏
信号機
街灯

ステーション条件

タイプ
機能

検索

自然と歴史と食のまち・吉祥寺よくばりRuntrip ~まるごと多摩コレクション~

東京都武蔵野市(6km)

まるごと多摩コレクション

おすすめの時間帯
早朝,昼間,夕方
路面タイプ
ロード
起伏の多さ
少ない
信号機の多さ
やや多い
街灯の多さ
多い
5

行きたい

1

行った

行きたいしている人を見る

コースのルートや、拠点となるステーション情報は
会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

住みたい街ランキングで常に上位に位置する吉祥寺は、走りたくなる街でもあります。食のトレンドやアートなど、様々な文化が交錯する街・吉祥寺で、走って訪れてほしい場所をまとめたコースです。

1つめのチェックポイント「ハモニカ横丁」
JR吉祥寺駅北口のコインロッカーに荷物を預け、ハモニカ横丁をすり抜けてダイヤ街へ。ハモニカ横丁は第二次世界大戦後の闇市にルーツがあり、現在も小さなお店が混在している、駅前ながらにしてディープなスポットになっています。

2つめのチェックポイント「成蹊大学」
大正通りに出たら、まっすぐ成蹊大学を目指して進みます。成蹊大学は創立100年を超える吉祥寺のまちに根付いた大学で、その正門には美しいケヤキ並木があります。ドラマのロケ地にもよく使われるキャンパスの中でも、建築家の坂茂氏によって設計された図書館は特に目をひく建物です。

3つめのチェックポイント「たいやき そら」
成蹊大学を出たら中道通りを目指します。中道公園の角を曲がったら、そこにはたい焼き屋さんが。冬は焼きいも、夏はかき氷もやっている、吉祥寺の隠れた名店「たいやき そら」です。スイーツ好きなら要チェック!走っている途中の栄養補給にもオススメです。

4つめのチェックポイント「井の頭公園と黒門」
たい焼き屋さんの次は、吉祥寺の代名詞とも言える井の頭公園を目指します。玉川上水の脇を進んでいくと見えてくるのは黒い鳥居。「黒門」と呼ばれ、昔の人々は甲州街道からこの道を通って井の頭公園の弁財天へお参りしていました。現在は井の頭池の北側が吉祥寺のメインエリアですが、その昔は池の南側が栄えていたそうです。
弁財天様にお参りしたあとは、公園の中をグルッと走って吉祥寺駅を目指します。公園の中にも様々なお店がありますが、おすすめは「ブルースカイコーヒー」。美味しいドリンクと、ハンドメイドのスリーブがおしゃれなお店です。


走り終わったあとは、公園近くのお店やハモニカ横丁でお腹を満たせば、ココロもカラダも充実したRuntripになることでしょう。

※台風の影響で危険な箇所が発生している可能性があります。通行の際には細心の注意を払い、無理をしないようにしてください。

ランニングシューズで迷わない!選び方や人気商品のレビューをご紹介