1. トップページ
  2. 沖縄
  3. 那覇市のランニングコース
  4. 首里の古道・金城町石畳道(シマシービラ) ランニングコース


ルート
路面タイプ
時間帯
距離
起伏
信号機
街灯

ステーション条件

タイプ
機能

検索

今週のおすすめランニングコース

FREE11 桂浜からはりまや橋
FREE11 桂浜からはりまや橋
高知県高知市(11.6km)
ロード,夕方,昼間,早朝,片道

高知龍馬マラソンのハーフ地点手前にそびえる浦戸大橋を下から見上げてみたくて、桂浜から走ってみました。

写真では伝わりにくいのですが、この橋の登り始めは壁のように見えます。笑

下から見上げるとやはり大きかった。

ここからははりまや橋目指して、地元の方の生活道路を走り、観光ラン。
途中に美味しそうなパン屋さんがあるのでエイドがわりに寄ってみました。

8

行きたい

0

行った

【竹富島】名所巡りラン
【竹富島】名所巡りラン
沖縄県八重山郡竹富町(9.8km)
ビーチ,ロード,夕方,昼間,早朝,往復

【コース】
竹富港→竹富郵便局→なごみの塔→西桟橋→コンドイビーチ→カイジ浜(星砂浜)→星のや竹富島→アイヤル浜

竹富島の名所を満喫できるコースです。
のんびりしていて、雰囲気最高です。
そして、海が本当に綺麗です!!
“お食事処ろかにふ”には、いっぱいシーサーがいます!

【おすすめエイド】
・ちろりん村
https://s.tabelog.com/okinawa/A4705/A470502/47014848/top_amp/
・ハーヤナゴミカフェ
https://tabelog.com/okinawa/A4705/A470502/47004403/
・パーラーターミー
https://tabelog.com/okinawa/A4705/A470502/47023205/

【その他】
・石垣島離島ターミナルから往復(石垣島⇄竹富島)1,330円必要です。
・竹富港にはロッカー有。
・気になるカフェ、お土産屋さんもあるのでお金は余裕を持って行った方がいいと思います。

9

行きたい

0

行った

陣馬ショートカットコース
陣馬ショートカットコース
東京都八王子市(16.9km)
トレイル,早朝,往復

陣馬山までトライしたい!けど時間も自信も無い人向けの小仏峠から走り始めるパターンです。
登山口の駐車場は無料ですが、10台も止められないので、早朝に行かないと下手したら停められないのでご注意を。

20

行きたい

1

行った

【釜石】鵜住居〜箱崎半島往復コース
【釜石】鵜住居〜箱崎半島往復コース
岩手県釜石市(21.8km)
ロード,早朝,昼間,夕方,往復

釜石市鵜住居復興スタジアムを起点に、箱崎半島を堪能する往復コースです。終点は仮宿漁港。往復でハーフマラソンくらいの距離になります。
アップダウンが厳しめで、走りごたえがあります。
何と言っても、終点の仮宿漁港の景色が素晴らしい。
これは走っていかないと多分同じ感動は味わえない。
走っていくからこそ、その景色には価値があるんだと思います。

4

行きたい

0

行った

京都市内西部寺社仏閣コース
京都市内西部寺社仏閣コース
京都府京都市北区(9.2km)
ロード,夕方,昼間,片道

今宮神社から西へ向かって走るコース
全体的に下りなので楽に走れます
知った道を車が少なくて信号のないコースを選んだので少し複雑なルートですが、大通りあり、商店街あり、団地住宅地ありと街ラン気分で走れますのでおススメですよ

3

行きたい

1

行った

新道路観光
新道路観光
東京都品川区(11.6km)
ロード,昼間,早朝,片道

品川〜浜松町方面より浜離宮へ、
浜離宮を過ぎると、新しい道路が開通しているので、そのまま築地〜豊洲市場前まで一本です。
豊洲市場周りにもランニングコースがあるので、半周して。有明方面に向かいました。有明手前の湾岸道路にだいぶ捕まるので、迂回ルートを今度探ってみます!
間にまぐろ卸のまぐろ丼を笑

23

行きたい

0

行った

首里の古道・金城町石畳道(シマシービラ)

沖縄県那覇市(2.9km)

すしマン

おすすめの時間帯
早朝,昼間,夕方
路面タイプ
ロード
起伏の多さ
やや多い
信号機の多さ
やや少ない
街灯の多さ
やや少ない
7

行きたい

2

行った

行きたいしている人を見る

コースのルートや、拠点となるステーション情報は
会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

以前に沖縄の首里城と首里城公園を巡るコースを紹介しましたが、
https://runtrip.jp/course/okinawa/47201/1302

その首里城公園の南には“首里金城町石畳道”という歴史的な古道があります。

NHKドラマ“ちゅらさん”の撮影地になったこの場所は沖縄県指定文化財の場所の1つであり、日本の道100選の1つでもあります。“あいかた積み”という手法で積まれた石垣と赤瓦屋根の木造住宅が見られ、琉球石灰岩の平石が敷きつめられた石畳も趣を感じさせます。

この道は14 〜 19世紀に栄えた琉球王朝時代の城下町である金城町に位置する200mほどの坂にある古道です。第二次世界大戦で破壊されてしまいましたが、1983年(昭和58年)に再び石畳に整備されています。別名シマシービラと言われています。

この古道で沖縄の歴史を感じながら、沖縄の独特の木々や花々、守り神のシーサーたちをゆっくりと眺めることができるオススメのスポットです。近くには金城町の大アカギがそびえ立っています。体力に自信のある方は首里城公園、首里城、そしてこの金城町石畳道を一緒に回ってみるのがいいかもしれません。