1. トップページ
  2. 東京
  3. 品川区のランニングコース
  4. 森の空気と多様な“足裏感”が楽しめる林試の森公園 ランニングコース


ルート
路面タイプ
時間帯
距離
起伏
信号機
街灯

ステーション条件

タイプ
機能

検索

今週のおすすめランニングコース

クリスマスイルミ 六本木、赤坂、表参道編
クリスマスイルミ 六本木、赤坂、表参道編
東京都港区(11.4km)
ロード,夜,周回

澄みきった寒空の下、煌めく街をランできます。 表参道にある清水湯からの周回コース。 汗をかいたあとは、大浴場でゆったりあたたまれます! 清水湯→東京ミッドタウン→泉ガーデン→赤坂アークヒルズ→六本木ヒルズ→表参道→清水湯

6

行きたい

0

行った

紅葉の奈良公園・東大寺・春日大社
紅葉の奈良公園・東大寺・春日大社
奈良県奈良市(5.7km)
ロード,早朝,昼間,往復

例年12月に開催される奈良マラソンの前後は紅葉の見頃。奈良公園にはその近くを走る奈良マラソンの前後にも訪れたい場所です。東大寺の大きな大仏から、春日大社の立派な朱色の社、紅葉豊かな奈良公園の彩りと冬の空気の澄んだ感じは最高です。 南側の浮見堂あたりも景観はよくランニングコースには最適。鹿があちらこちらにいるので、鹿せんべいをあげるのもいいですね。東側の芝生の広場では広々と芝生の上を走ることもできます。

3

行きたい

3

行った

「HAT神戸」と「ポートタワー」往復コース
「HAT神戸」と「ポートタワー」往復コース
兵庫県神戸市中央区(11.2km)
ロード,早朝,夕方,夜,往復

神戸の玄関口である三宮をスタートして、海沿いのHAT神戸とポートタワーを目指して往復する11kmほどのコースです。まず初めに東側に走ってHAT神戸に向かいます。 このエリアは淡路大震災によってガラリと雰囲気が変わったエリアです。昔は川崎製鉄阪神製造所、神戸製鋼所などがあったものの震災で移転し、今は新しいマンションや美術館・公園などがあるエリアとなり景観もガラリと変わりました。また、ウォーターフロントのランニングコースとして人気があり、ここではリレーマラソンも行われています。 そのHAT神戸を往復したら今度は西に向かって、ポートタワーの方面を目指します。このエリアは夜になると観光客も多く見られる場所ですが、もちろんナイトランもオススメです。メリケンパークではポートタワーを筆頭に写真映えするエリアがたくさんあり、観光ランには最適といえます。 こちらは、ASICSとANA共同で開発した、旅好きランナーにおくるランニングコースです。あなたも、走ることで見つかる地域の魅力をぜひ満喫してみませんか? 詳細は下記URLをチェック! https://tabelog.com/tieup/main/ana_SkyRuntrip/

22

行きたい

7

行った

小田原、相模湾、出張朝ラン
小田原、相模湾、出張朝ラン
神奈川県小田原市(7km)
ビーチ,早朝,往復

出張朝ラン。御幸の浜は、ゴミ一つなく、キレイな海岸でした。小石が多くて、走りにくいので海岸ギリギリを波を避けながら走ります。 距離は短いですが、フォーム改善、足腰の鍛錬になりました。駅前から、近くで、小田原城も、堪能できます。 海岸は、バイパス道路が、通っていて、景色は今ひとつかもしれません。数百メートルおきに、道路の下をくぐる避難路が、あって、少し緊張しました。

5

行きたい

0

行った

日本三景 MATSUSHIMA
日本三景 MATSUSHIMA
宮城県宮城郡松島町(8.6km)
トレイル,ロード,早朝,往復

ホテルから早朝の海岸沿いを往復。 福浦島、雄島、五大堂も巡りつつ 綺麗な海を見ながら走られる良いルートでした。

1

行きたい

2

行った

富士山が綺麗に見るコース
富士山が綺麗に見るコース
山梨県南都留郡富士河口湖町(9.8km)
指定なし,指定なし,指定なし

朝一で行くと逆さ富士山が見れます!

9

行きたい

3

行った

森の空気と多様な“足裏感”が楽しめる林試の森公園

東京都品川区(1.5km)

Kin Tetsuhiko

おすすめの時間帯
早朝,昼間,夕方
路面タイプ
ロード,トレイル
起伏の多さ
普通
信号機の多さ
少ない
街灯の多さ
やや少ない
200

行きたい

44

行った

行きたいしている人を見る

コースのルートや、拠点となるステーション情報は
会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

私のお気に入りランニングスポットの1つ、東京都目黒区にある「林試の森公園」です。

もともと林業試験場だったこの場所には、当時の樹木が今もそのまま残されており、かなり大きなケヤキやクスノキなどがあります。園内はこうした巨木に囲まれていますので、走るルートはほとんどが木陰。日焼けの心配もないので、女性にとっても嬉しいポイントと言えそうです。また、夏場はこうした場所を選んで走ることが熱中症対策でも重要です。

初めてここを訪れたのは4年ほど前になるでしょうか。妻との出会いがなければ、いまだにここを知らなかったかもしれません。
公園に足を踏み入れた時の最初の感想は、「空気が違う」でした。
敷地をまたいだ瞬間に、木のエネルギーのようなものを感じました。まるで軽井沢に降り立った時のような、あの感覚です。そこに一枚ドアがあるんじゃないかというくらい、敷地の中と外で空気が異なったのを今でも覚えています。特に夏場はその違いをより感じやすいかもしれません。
最近では森林浴が人の体に好影響を与えることが科学的にも示されておりますが、都内にこれだけの森林浴が楽しめる場所があるというのは、とても贅沢なことです。

林試の森公園のもう1つのおすすめポイントは「足裏感」です。
1周1.6kmくらいのコンパクトな周回の中に、なんちゃってトレイルのように小さな登り・下りや、階段などがあります。こうした場所で、私は自分の「足の裏の感覚」を確かめながら走っています。
ランナーにとって、路面の選択は重要です。日本人ランナーは多くの方がアスファルトの上を走りますが、土を楽しむトレイル、芝生の上を走るクロカン、海沿いのウッドデッキや、グラウンドのタータンなど、様々な路面を走って、足裏感を確認してみるといいでしょう。

中でも、最も足の裏に優しいのが「ウッドチップ」です。
林試の森公園の西側部分には、ふわふわでとても気持ちの良いウッドチップがあります。これまでの経験にないほどの柔らかさで、一時期とてもハマっていました。普通、ウッドチップは固められている(転圧されている)ケースが多いですが、ここはされておらず、人工的な感じは一切しません。
 
また、公園内は1周してもそれほど距離がなく、人も少ないので初心者の方にもおすすめです。私はよく園内を「8の字」に回りますが、もし前に人がいたら小道に入って違うルートをいけばいいですし、みんなオリジナルの道を作りながらマイコースを楽しんでいます。

ぜひ、みなさんも自分だけの「足裏感」を楽しめるルートを作りながら、森のエネルギーを感じてみてはいかがでしょうか?

ランニングシューズで迷わない!選び方や人気商品のレビューをご紹介