1. トップページ
  2. 東京
  3. 品川区のランニングコース
  4. 森の空気と多様な“足裏感”が楽しめる林試の森公園 ランニングコース


ルート
路面タイプ
時間帯
距離
起伏
信号機
街灯

ステーション条件

タイプ
機能

検索

今週のおすすめランニングコース

 BE KOBE(メリケンパーク)から新BE KOBE(ポートアイランド)へ
BE KOBE(メリケンパーク)から新BE KOBE(ポートアイランド)へ
兵庫県神戸市中央区(4.6km)
ロード,早朝,昼間,夕方,夜,片道

メリケンパークから海沿いにボートアイランドに新しくできた新BE KOBEモニュメントを目指します。 メリケンパークにあるポートタワー、震災メモリアルパーク、フィッシュダンス、神戸大橋、ポーアイ北公園の異人館を見ながら海沿いを走るのは気持ちいいものです。 新BEKOBEモニュメントは文字の所が空洞になっているので、夕焼けやイルミネーションなどいろいろな表情を楽しむことができます。

13

行きたい

0

行った

群馬県、上州三名湯伊香保温泉から水沢街道を巡る13キロの周遊
群馬県、上州三名湯伊香保温泉から水沢街道を巡る13キロの周遊
群馬県渋川市(12.9km)
ロード,早朝,昼間,周回

群馬県、上州三名湯の1つと言われている伊香保温泉から水沢街道を巡る13キロの周遊ラン。 名物の石段の温泉街、伊香保温泉の最上段にある伊香保神社を参拝して石段の横道を下りながら水沢街道、坂東三十三観音の第16番札所、天台宗の名刹水沢観音寺、水沢うどん街を通り渋川カントリークラブをまわりながら渋川伊香保線を約4キロ上り伊香保温泉街へもどるアップダウンの13キロ筋トレランニングです。  伊香保温泉の石段は伊香保神社まで365段あり、自分の誕生日段を数えて写真撮影するのが人気の様です。温泉は茶色で鉄分が多く含まれる硫酸塩泉で特に体を温め血行を促す効果があり女性には「子宝の湯」として知られています。昨今では、無色透明無臭のメタけい酸泉で健康増進効果の「白銀の湯」もあります。

5

行きたい

0

行った

みちのく潮風トレイル(相馬市)
みちのく潮風トレイル(相馬市)
福島県相馬市(19.8km)
ロード,昼間,周回

起点から相馬市のモデルコースをトレースし、途中から起点へ戻る周回ルートです。 ほぼ、人とすれ違うことの無い、超長閑ルート😅

9

行きたい

0

行った

ひるがの高原散策プラン
ひるがの高原散策プラン
岐阜県郡上市(7.1km)
トレイル,昼間,周回

長良川源流のブナ広葉樹林の森で ふかふかのじゅうたんの上を走る感覚を体験されてみてはいかがでしょう。

11

行きたい

0

行った

街からビーチとても爽やかな朝
街からビーチとても爽やかな朝
アメリカ合衆国 ハワイ州 ホノルル(10.8km)
ビーチ,ロード,夕方,早朝,周回

静かなカラカウア通りからヒルトンハワイアンビレッジへカナハモクビーチからラグーナビーチ、アラナモアボート港、マジックアイランドラグーンからアラモアナパークへ 運河沿いを通りちょうど10kmよいコースができました いいな^_^ハワイ在住の人 散歩をする人、ランをしている人とすれ違います みんな気持ち良さそう^_^ 島全体がパワースポットなのかなぁ 疲れているはずなのに身体が前に出る すごく不思議な感覚 アラワイブルーバード ワイキキはその昔沼地だったそうです この運河を作った時に出た砂でビーチを作ったとか この旅RUN 走りながらその土地を学ぶ そんな旅になりそうです

8

行きたい

0

行った

森の空気と多様な“足裏感”が楽しめる林試の森公園

東京都品川区(1.5km)

Kin Tetsuhiko

おすすめの時間帯
早朝,昼間,夕方
路面タイプ
ロード,トレイル
起伏の多さ
普通
信号機の多さ
少ない
街灯の多さ
やや少ない
194

行きたい

44

行った

行きたいしている人を見る

コースのルートや、拠点となるステーション情報は
会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

私のお気に入りランニングスポットの1つ、東京都目黒区にある「林試の森公園」です。

もともと林業試験場だったこの場所には、当時の樹木が今もそのまま残されており、かなり大きなケヤキやクスノキなどがあります。園内はこうした巨木に囲まれていますので、走るルートはほとんどが木陰。日焼けの心配もないので、女性にとっても嬉しいポイントと言えそうです。また、夏場はこうした場所を選んで走ることが熱中症対策でも重要です。

初めてここを訪れたのは4年ほど前になるでしょうか。妻との出会いがなければ、いまだにここを知らなかったかもしれません。
公園に足を踏み入れた時の最初の感想は、「空気が違う」でした。
敷地をまたいだ瞬間に、木のエネルギーのようなものを感じました。まるで軽井沢に降り立った時のような、あの感覚です。そこに一枚ドアがあるんじゃないかというくらい、敷地の中と外で空気が異なったのを今でも覚えています。特に夏場はその違いをより感じやすいかもしれません。
最近では森林浴が人の体に好影響を与えることが科学的にも示されておりますが、都内にこれだけの森林浴が楽しめる場所があるというのは、とても贅沢なことです。

林試の森公園のもう1つのおすすめポイントは「足裏感」です。
1周1.6kmくらいのコンパクトな周回の中に、なんちゃってトレイルのように小さな登り・下りや、階段などがあります。こうした場所で、私は自分の「足の裏の感覚」を確かめながら走っています。
ランナーにとって、路面の選択は重要です。日本人ランナーは多くの方がアスファルトの上を走りますが、土を楽しむトレイル、芝生の上を走るクロカン、海沿いのウッドデッキや、グラウンドのタータンなど、様々な路面を走って、足裏感を確認してみるといいでしょう。

中でも、最も足の裏に優しいのが「ウッドチップ」です。
林試の森公園の西側部分には、ふわふわでとても気持ちの良いウッドチップがあります。これまでの経験にないほどの柔らかさで、一時期とてもハマっていました。普通、ウッドチップは固められている(転圧されている)ケースが多いですが、ここはされておらず、人工的な感じは一切しません。
 
また、公園内は1周してもそれほど距離がなく、人も少ないので初心者の方にもおすすめです。私はよく園内を「8の字」に回りますが、もし前に人がいたら小道に入って違うルートをいけばいいですし、みんなオリジナルの道を作りながらマイコースを楽しんでいます。

ぜひ、みなさんも自分だけの「足裏感」を楽しめるルートを作りながら、森のエネルギーを感じてみてはいかがでしょうか?