1. トップページ
  2. 東京
  3. 世田谷区のランニングコース
  4. ロードなのにトラック練習が出来るコース ランニングコース


ルート
路面タイプ
時間帯
距離
起伏
信号機
街灯

ステーション条件

タイプ
機能

検索

ロードなのにトラック練習が出来るコース

東京都世田谷区(19.7km)

八木勇樹

おすすめの時間帯
早朝,昼間,夕方
路面タイプ
ロード,トラック
起伏の多さ
やや少ない
信号機の多さ
やや多い
街灯の多さ
やや少ない
66

行きたい

10

行った

行きたいしている人を見る

コースのルートや、拠点となるステーション情報は
会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

砧公園・駒沢公園など都内でも走れる公園が豊富な世田谷区。そんな世田谷区を探索できるコースがある。

駒沢公園スタートで国道246号を二子玉川方面へ。関東にお住まいの方なら「246」(ニーヨンロク)と言えば通じるぐらい有名な道路です。この国道246号は区域によって名称が与えられており、「青山通り」や「玉川通り」などがあります。今回は「玉川通り」を走ります。

すると瀬田の交差点に差し掛かります。ここから環状八号線(通称:環八)を高井戸方面へ。すると左手に砧公園が見えてきます。そのまま直進すると、世田谷通りにぶつかります。そこを左折し狛江市方面へ。信号が多い道となりますのでご注意を。ひたすら世田谷通りを走ります。

世田谷区から狛江市へ。そのまま世田谷通りを走っていると、多摩川に架かっている大きな橋があります。ここを渡らずに左折し、多摩川河川敷へ。砂利を少し走ると路面がトラックのタータンになります。

ここがこのコース最大のポイントです。このトラックのタータンは1kmほど続いており、100m毎に表示があります。ここで走っているペースを細かくチェックしたり、インターバルトレーニングを行うことが出来ます。トラックのタータンで練習を行う機会は多くありません。それにトラックだとカーブがあって走りづらいといった方も多いと思います。そのような方でも安心して走れます!タータンでありながら直線なのです。このような場所はかなり珍しいです。
河川敷からすぐの距離に、駅伝の強豪駒澤大学のグラウンドがあり、タイミングが良ければ選手の練習風景も見えるかもしれません。場合によっては、河川敷ですれ違うかもしれません。

そして河川敷から二子玉川駅方面へ。国道246号「玉川通り」を駒沢公園方面へ向かいゴールへ。

トータル距離は約20kmとなりますが、世田谷の風景や路面の違いなどを堪能できるコースとなっています!夜は街灯がない箇所があるのでご注意を。

ランニングシューズで迷わない!選び方や人気商品のレビューをご紹介