1. トップページ
  2. 香川のランニングコース


ルート
路面タイプ
時間帯
距離
起伏
信号機
街灯

ステーション条件

タイプ
機能

検索

今週のおすすめランニングコース

絶景の岩屋・遠見ヶ鼻へRuntrip
絶景の岩屋・遠見ヶ鼻へRuntrip
福岡県遠賀郡芦屋町(19.6km)
ロード,ビーチ,早朝,昼間,夕方,往復

北九州で最も素敵な海岸
若松北海岸の岩屋へRuntrip

マラニック向け往復20キロですが
思わず足が止まるインスタ映え
続出の絶景が広がる
とっても楽しめるスポットです

芦屋海浜公園→遠賀川→筑前あしや海の駅→
洞山→柏原海水浴場→なみかけ遊歩道→
狩尾岬→とと市場→はまゆう公園→
岩屋海水浴場(砂浜ラン2キロ片道)→
遠見ヶ鼻→田中農園→帰路

-見処-
洞山の地層の穴
千畳敷なみかけ遊歩道
2キロの砂浜ラン
遠見ヶ鼻の断崖絶壁 もう火曜サスペンス

第1エイドはとと市場で
オススメ
海鮮づけ丼¥500
海鮮丼¥1000
高いものでも¥1200
とってもリーズナブル
第2エイド

田中農園の
プレミアムブルーベリーソフトクリーム

12

行きたい

0

行った

鳳凰三山周回トレイル18キロ
鳳凰三山周回トレイル18キロ
山梨県韮崎市(18.4km)
トレイル,早朝,周回

青木鉱泉をスタートして(駐車場代750円をスタート前に払いましょう)標高差1800メートルほどを一気に登ります。結構キツいです。地蔵岳手前の鳳凰小屋では水の補給も可能。鳳凰小屋からは2, 30分で地蔵岳に着きます。コースタイムでは青木鉱泉から地蔵岳まで6時間以上ですが、ペースよく上がれば4時間かからず到着できると思われます。

地蔵岳〜観音岳〜薬師岳の縦走がこのランのハイライト。オベリスクの存在感は圧倒的。晴れていれば、甲斐駒、仙丈、北岳、間ノ岳、農鳥岳など南アルプスの景色を堪能できます。

薬師岳から青木鉱泉までの下りのコースタイムは3時間45分ですが、2時間弱見ておけば良いかと思われます。秋は紅葉が綺麗です。

27

行きたい

0

行った

ドイツ・ライン川からケルン大聖堂のライトアップを楽しむ
ドイツ・ライン川からケルン大聖堂のライトアップを楽しむ
(3.8km)
ロード,早朝,昼間,周回

ケルン大聖堂は、昼間の眺めも素晴らしいのですが、美しくライトアップされた夜の風景を、対岸からライン川越しに楽しむのが一番のオススメ。

ただ、夜だと少し治安の面などで不安もあったので、夜明け前のまだ暗い時間を狙って走りに行ってみました。

早朝でもライトアップの照明は消されることもなく、ライン川に浮かぶ遊覧船のライトともあいまって、とても美しい様子が楽しめます。

もちろん昼間には昼間の良さがあり、夜景の時間帯だとライン川とそこにかかる橋の様子がわかりにくいので、できれば早朝(夜)と昼の両方を楽しんで頂きたいコースです。

3

行きたい

0

行った

今治城と、いまばり海の駅。
今治城と、いまばり海の駅。
愛媛県今治市(4.3km)
ロード,夜,夕方,昼間,早朝,周回

今治駅前から、いまばり海の駅を目指します。
この海の駅は建物全体が船の形をしていたり、周辺も整備されていて綺麗なスポット。
この日は朝ランで立ち寄ったため船の姿は少なかったですが、プレジャーボートやヨットをはじめ、いろいろな船の姿も見られると思います。

その足で、すぐ近くにある今治城へ。
お城のまわりってだいたいランナーがいますが、案の定何人かのランナーさんとすれ違いました。この辺はサイクリストは多いけどランナーの姿は貴重な気がします。

城の周りをぐるぐるまわらずに中を探検。
天守の横には神社もありました。


帰り道は今治国際ホテルの前を通ってぐるりと周回コース。近くに美術館もあるので、営業時間に走る方は立ち寄ってみてもいいかもしれません。

13

行きたい

1

行った

カウアイ島の楽園① マハウレプ・ヘリテージ・トレイル
カウアイ島の楽園① マハウレプ・ヘリテージ・トレイル
ハワイ州(6.2km)
トレイル,ビーチ,早朝,昼間,夕方,往復

ハワイでトレイルといえば、人の手があまり入っていない不整地のことを指すことが多いですが、このマハウレプ・ヘリテージ・トレイルはその名の通り、人の手が加えられていない、カウアイの史跡で古代ハワイアンの居住していた地区だったそうです。

スタートはグランドハイアットホテル(GPSの関係上、違う場所をスタートにしています)です。そこから、ビーチを東に進むとトレイルの入り口があります。

しばらくすると、大きく開けた素晴らしい景色を望むことができますが、そこには緑も多く見られ、草原のような雰囲気も持ち合わせています。とはいえ、岸壁の近くはカウアイの海岸らしさを感じることができます。

この美しい場所は、知る人ぞ知るスポットなんですが、このような海岸沿いのトレイルを進むと、美しい海を眺めながら物思いに耽ることでしょう。ここでの小一時間の思い出はもちろん「プライスレス」です。

多くの人は西側にあるポイプ ビーチやマハウレプの入り口のビーチで時間を過ごしますが、マハウレプに来る人はわずか。人の少ない落ち着いた場所で、きっと、落ち着いた時間を過ごせるでしょう。

4

行きたい

0

行った

ナイトランクルージング六本木-原宿-新宿
ナイトランクルージング六本木-原宿-新宿
東京都港区(14.4km)
ロード,夜,周回

六本木 Roppongi
青山 Aoyama
千駄ヶ谷 Sendagaya
原宿 Harajyuku
新宿 Shinjyuku
代々木 Yoyogi

コインロッカーに荷物をぶち込み
六本木ヒルズの下でストレッチ

働き終わった人達をすり抜け
光が誘う街を目指す

下を向いて歩いていては分からない新しい一面
ただただ思うがままに風をきる

TOKYOの夜を駆ける
TOKYO Night Run Cruising

どうもクリスペプラーでした

20

行きたい

2

行った

コース検索結果(6件)

小豆島 海辺のオリーブ畑で日の出ラン
小豆島 海辺のオリーブ畑で日の出ラン
香川県小豆郡土庄町(6.4km)
ロード,早朝,往復

オリーブの島、小豆島。海辺を走り、オリーブ林を抜けてたどり着いた樹齢千年のオリーブ大樹付近で、素敵な朝日を見ることができました。エンジェルロードの近くの"恋人の聖地“という展望台のようなところでも日の出を見ることができました。そちらで日の出を見たい場合、このコースの逆回りになります。 【経路】 小豆島国際ホテル→土庄鹿島海水浴場→樹齢千年のオリーブ大樹→エンジェルロード→恋人の聖地→小豆島国際ホテル  【給水ポイント】【お手洗いポイント】 小豆島国際ホテル 【注意】 コンビニなどは近くにないので、水などはあらかじめ用意しておきましょう。日の出の時間や太陽が出てくる方角は季節によって変動があります。事前に調べておくことをおすすめします。(わたしが走ったのは9月の下旬で、日の出は5:44頃、太陽はちょうど写真のようなベストポジションで昇ってきました。) 【ビューポイント】 千年のオリーブ大樹付近では、一枚目写真のように、オリーブの樹々の向こうに広がる海から昇ってくる太陽を見ることができます。エンジェルロードは潮の満ち引きの関係で、ある時間になると島までの道が現れるという有名な観光スポットです。道が現れていた場合、島に渡って散策するのも楽しいでしょう。恋人の聖地、はカップルに人気のスポットのようです。階段を上った上にあるので眺望もいいです。 【お楽しみ】 小豆島ならではの景色をみることができます。小豆島国際ホテルに宿泊していたので、朝ラン後にはホテルの温泉で朝風呂を楽しみました。最高のRuntripとなりました。 【余談】 家族旅行で初めて四国に行きました。初めて行く土地での朝ランは、どきどき、わくわくして最高でした。隙あらば走ろうと思ってウェア3セットとシューズを持っていってよかったです。(シューズも2足持っていったため、母を朝ランに誘うことに成功しました。笑)

13

行きたい

0

行った

エンジェルロードと瀬戸内海
エンジェルロードと瀬戸内海
香川県小豆郡土庄町(13km)
ロード,早朝,周回

土庄港からエンジェルロードを含む小豆島南部を巡るロードです。 走る時間は早朝がオススメ。車も少なく、樹木の香りも感じられます。 エンジェルロードももちろんですが世界一狭い海峡の土渕海峡やオリーヴの森見所もあります。

5

行きたい

3

行った

香川屋島一周
香川屋島一周
香川県高松市(14.8km)
ロード,早朝,昼間,夕方,周回

出張ランで見つけた周回コース約15km クルマ少なく走りやすい。 途中から北嶺目指して約300mの登山道を登っても面白い。(周回路へのエスケープはいくつかあります) 駐車可のランステ(屋島第一健康ランド)あり

21

行きたい

3

行った

猫だらけ!「男木島」1周コース
猫だらけ!「男木島」1周コース
香川県高松市(5.6km)
ロード,トレイル,早朝,昼間,夕方,往復

猫がたくさん住む“猫島”として知られる「男木島」。島内に設けられた周遊路を基本として、男木島灯台などを巡りつつ島を1周するコースです。中盤にはトレイルコースも含まれ、港周辺ではいっぱい猫たちに出会えるでしょう。道中、桃太郎によって退治された鬼が逃げ込んだとされる『ジイの穴』など、観光スポットに立ち寄ることもできます。

9

行きたい

0

行った

伝説の島・鬼ヶ島(女木島)コース
伝説の島・鬼ヶ島(女木島)コース
香川県高松市(6.4km)
ロード,トレイル,早朝,昼間,周回

桃太郎の伝説に登場する『鬼ヶ島』は、ここ女木島だと言われています。高松港からフェリーで約20分。そんな女木島の南側をぐるりと回るコースです。 起伏に富んだコースには、ロードだけでなくトレイルも。ゴール前には『鬼ヶ島大洞窟』へ立ち寄ることもできます。トレイルが苦手な方は、周遊路(=舗装路)のみで走るのも良いでしょう。尚、島の北側は何もありませんが、「走り足りない」という方は経由するのもオススメ。そうすれば+2〜3kmのコースが取れます。春にはたくさんの桜がコースを彩り、ランナーを楽しませてくれるはずです。

7

行きたい

0

行った