鹿児島のランニングコース


都道府県
ルート
路面タイプ
時間帯
距離
起伏
信号機
街灯

ステーション条件

タイプ
機能
検索

今週のおすすめランニングコース

コース検索結果 (7件)

新着順 | 行きたい順 | 行った順
  
絶景!!桜島溶岩なぎさ遊歩道往復約10km 

絶景!!桜島溶岩なぎさ遊歩道往復約10km 

 鹿児島県鹿児島市(10.1km)

ロード,ビーチ,早朝,昼間,往復

雄大な桜島山を横目に、国定公園内の遊歩道を利用した往復コース走ってまいりました。 海岸線を走るため海風が気持ちよく、海の向こうに鹿児島市内が見えて景色もばっちり。 コース上には適当にトイレ、自販機あります。コースは平坦で走りやすいです。 街灯はありませんので夜の走行はお勧めできませんが、きっと夜景はきれいではないでしょうか? 時間をかけて島の外周(約35km?)を回っても楽しそうですし、「湯之平展望所」まで上がってみるのも良いですね。

 3

行きたい

 0

行った

のんびり走れる!海上自衛隊鹿屋航空基地周回コース

のんびり走れる!海上自衛隊鹿屋航空基地周回コース

 鹿児島県鹿屋市(11.5km)

ロード,早朝,昼間,周回

出張で鹿屋に伺いました。比較的平坦で信号少なく景色よし。コンビニなども程よく存在しており、トイレや給水も安心。初心者の方でもゆっくり楽しめます。季節によっては、鹿児島湾の方へ足を延ばしてみるもよし、大型の公園などもあるようで、まだまだ開拓の余地が残っています。但し夜は、真っ暗になりますのでライト等は必須です。

 0

行きたい

 0

行った

建築を見に行くラン:指宿 ふれあいプラザなのはな館

建築を見に行くラン:指宿 ふれあいプラザなのはな館

 鹿児島県指宿市(4.6km)

ロード,早朝,昼間,夕方,周回

なんとも不思議な佇まいの建築である「なのはな館」。その姿をランで確かめに行きました。 地元鹿児島の建築家、高崎正治氏の設計によるこの建物、ある部分は中華圏の意匠を彷彿とさせるかと思えば、旧式の宇宙船のようなレトロフューチャー感を漂わせていたり、と、なんとも独特の風情があります。 高崎氏についてはこちら https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E5%B4%8E%E6%AD%A3%E6%B2%BB 市営体育館・陸上競技場をでて、健幸ロードにそっていくと、なのはな館にたどり着きます。 https://www.city.ibusuki.lg.jp/main/kenko/kenkohiroba/walk/page001426.html なのはな館の敷地の外周がランニングコースになっていますので、駐車場から敷地内に入って一周すると、なのはな館の不思議な建物たちを一望できます。この不思議な感覚は筆舌に尽くしがたいものがありますので、ぜひ一度ご自身の目で確かめてください。すでに老朽化も進んでいるようなので、こうして見られるのもあまり長くないかもしれません。 建物見学を終えたらそのままスタート地点に戻ってもよいのですが、ちょうど菜の花の季節だったので、少し外を走って花の風景を堪能。なのはな館の遠景もまたよいですし、水辺には鳥たちがいたりして、なかなかのどかな風景のなかを走って、スタート地点に戻ります。 指宿なのはなマラソンのスタート地点がこのなのはな館前になります。大会参加の前後にでも、ぜひじっくりと見て頂きたい建築です。 (走った時期:2017年1月)

 2

行きたい

 1

行った

奄美・朝ランコース_ビーチ編

奄美・朝ランコース_ビーチ編

 鹿児島県奄美市(2km)

ビーチ,早朝,昼間,周回

===== 奄美でRuntrip for BusinessTrip  ===== ▼オススメポイント 奄美の中でも、リゾートエリアに宿泊した時に海辺を30ほど走るコースです。 忙しい出張で観光の時間がなくても、海が見えるホテルに止まれば、寝る前、朝起きたときだけは、海の音を楽しめます。今回宿泊したホテルは、市内へはバスで20分ほどで出られます ▼コースの背景 このコースは、ホテルの方に教えていただいたものです。 ホテルの方は、サーファーとのことでランニングはあまりしないとのことですが、サーファーらしくうみかぜを感じられる道を教えて下さいました。 ============== Runtrip for BusinessTrip (RBT) ============== Runtrip for BusinessTrip は、出張で各地を飛び回るビジネスマンが、朝の30分で旅した感覚を得られるランニングコースです。出張族の皆さんは、様々な地域に行っても、現地で分刻みの移動スケジュールを過ごし、会議室とホテルの往復しかせずに、帰ってくる。周りから羨望の眼差しとは裏腹に、観光なんて一切出来ず疲れだけが溜まってくる事が多いのではないでしょうか。(実際に私も、出張続き、疲労で倒れたことがありました) だからこそ忙しい出張の中でも街を観光できて身体の疲れもとれてしまうようなコースを現地の方に伺い、 Runtrip for BusinessTrip としてまとめいます。 せっかく伺う地方で、その地域の風や景色を30分だけでも感じられると、 いつもの出張に、旅のワクワクがちょっとだけ付け加えられるかもしれません。 ぜひ、スーツケースにランニングシューズを忍ばせて、朝の30分で街を探索してみてください♪ ※会社の人に、遊んでいるのかと思われるのが不安な方は、 「この30分で、健康マネージメント、地域を知ろうを両取りしようとしています」とお答えください(*´ω`*) ※Special Thanks to Local Runners★ 私からの質問にこれまで快く回答いただいたホテルマンの皆様、現地のランナーの皆様、 本当にありがとうございました。みなさんのおすすめコースが一人でも多くのビジネスマンの目にとまり、魅力的な地域を知るきっかけとなればうれしいです。

 5

行きたい

 0

行った

奄美市内から海へ、30分の朝ランコース!

奄美市内から海へ、30分の朝ランコース!

 鹿児島県奄美市(3km)

ロード,早朝,昼間,夕方,往復

▼オススメポイント 奄美市内のホテルウエストコートから、海辺を30ほど走るコースです。 市内からすぐに海辺に出られ、ヤシの木がすくっと伸びた道沿いを、海を見ながらきもちよく走れます。 ▼コースの背景 このコースは、ホテルの方に教えていただいたものです。ホテルマンさんが疲れた時に海辺を走ってスッキリするためのオリジナルコースを、出張族用に短縮しました。30分でおおよそ5キロをお走るコースです、コースの終わりには地元のカフェを通るので、そこで「おつかれ」のコーヒーを飲むのも素敵かなと思います(*´ω`*)ノ ============== Runtrip for BusinessTrip (RBT) ============== Runtrip for BusinessTrip は、出張で各地を飛び回るビジネスマンが、朝の30分で旅した感覚を得られるランニングコースです。出張族の皆さんは、様々な地域に行っても、現地で分刻みの移動スケジュールを過ごし、会議室とホテルの往復しかせずに、帰ってくる。周りから羨望の眼差しとは裏腹に、観光なんて一切出来ず疲れだけが溜まってくる事が多いのではないでしょうか。(実際に私も、出張続き、疲労で倒れたことがありました) 忙しい出張の中でも、朝の30分だけあれば、街を観光できて、身体の疲れも手取れてしまうようなコースを現地の方に伺い、Runtrip for BusinessTrip としてまとめいます。せっかく伺う地方で、その地域の風や景色を30分だけでも感じられると、いつもの出張に旅のワクワクがちょっとだけ、こっそりと付け加えられるかもしれません。ぜひ、スーツケースにランニングシューズを忍ばせて、朝の30分で街を探索してみてください♪ ※会社の人に、遊んでいるのかと思われるのが不安な方は、「この30分で、健康マネージメント、地域を知ろうを両取りしようとしています」とお答えください(*´ω`*) ※Special Thanks to Local Runners★ 私からの質問にこれまで快く回答いただいたホテルマンの皆様、現地のランナーの皆様、本当にありがとうございました。みなさんのおすすめコースが一人でも多くのビジネスマンの目にとまり、魅力的な地域を知るきっかけとなればうれしいです。

 7

行きたい

 2

行った

 指宿シーサイドラン&砂蒸し温泉

指宿シーサイドラン&砂蒸し温泉

 鹿児島県指宿市(3.5km)

ロード,早朝,昼間,夕方,往復

指宿名物の砂蒸し温泉を楽しむ前に、錦江湾に沿って海岸を気持ちよく走るコース。海岸沿いの道は、歩道は整備されていないもののクルマ通りもさほど多くなく信号もない平坦なコース。対岸の大隅半島に挟まれた海の表情をみながらゆったりと走ってください。スタート・ゴール地点前の砂浜は砂蒸し温泉になっている場所で、冬場なら海岸から湯気が上がっているのがわかります。さっと走ったあとで、波音を聞きながら楽しむ砂蒸しは格別です。砂蒸しの前には水分補給をお忘れなく。

 8

行きたい

 1

行った

世界遺産・屋久島・縄文杉・宮之浦岳を制覇

世界遺産・屋久島・縄文杉・宮之浦岳を制覇

 鹿児島県熊毛郡屋久島町(28km)

トレイル,早朝,昼間,往復

ジブリ映画・もののけ姫の舞台ともいえる白谷雲水峡をはじめ、世界遺産の自然のトレッキングコースは近年、入山規制をもウワサされていますが今のところ大丈夫そう。 ですが、そろそろ行っておかないと縄文杉をおめにかかれることもないのでは?? ランナーならこのトレッキングコースを朝イチで、しかも九州一番の日本百名山・宮之浦岳を制覇するという、トレラン的発想でいってみましょう。 基本的にはツアー客が来ると渋滞しますので、朝イチで先頭を駆け抜ける気持ちでないと一日では到底往復出来ません。 相当の強者ではない限りは縄文杉までの往復までをオススメします。健脚・自信のある方は頂上を制覇してヤクシカやヤクサルそしてウィルソン株、三本杉、縄文杉、頂上の景色に挨拶して下山しましょう。 基本的には猿や鹿は野生なのでツアー客が来ると逃げます。ですから、動物との触れ合いは貴方の思いやり次第です。逃げられないように優しくそっと。 天候が悪い時は思い切って引き返しましょう。 ツアー客はもちろん、世界遺産の自然に配慮したエコランで駆け抜けてみて下さい。下山したら"三岳"を飲んで寝ましょう。

 6

行きたい

 0

行った